薬物動態のイロハ

薬物動態のイロハ

 

著者名:中外製薬株式会社前臨床研究部主幹研究員 加藤基浩 著

出版社:南山堂

出版年月:2016年02月


書籍

ISBNコード:9784525727413

数量

価格:¥2,052(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

略語一覧表

1 薬物動態の基礎
 ① 薬物動態とは
 ② アルコールの体内動態を例として
 ③ 薬物動態の考え方の基本は水と油

2 薬物動態パラメータ
 ① 血中濃度と血漿中濃度
 ② 薬物動態パラメータ
 ③ バイオアベイラビリティ
 ④ 単回投与と反復投与
 ⑤ 有効濃度と半減期
 ⑥ 市販薬による薬物動態パラメータの相場観

3 吸 収
 ① 経口剤の吸収
 ② 薬をいつのむのか?―食前・食後・食間
 ③ 溶 解
 ④ 吸 収
  a ありのままの膜透過
  b トランスポーターという名の運び屋,追い出し屋
 ⑤ 溶解性と膜透過によるグループ分け
 ⑥ 初回通過代謝
 ⑦ プロドラッグ
 ⑧ 非線形性

4 分 布
 ① 血流による運搬
 ② 分布容積
 ③ タンパク結合(血漿中,組織中)
 ④ トランスポーター

5 代 謝
 ① 薬物の2つの代謝反応
 ② 代謝はどこで起きるか?
 ③ 代謝反応の種類
  a 酸化反応
  b 還元反応
  c 加水分解反応
  d グルクロン酸抱合反応
  e その他の代謝反応
 ④ 代謝酵素
  a ミクロソームの酵素
   1) シトクロムP450(CYP)
   2) フラビン含有モノオキシゲナーゼ(FMO)
   3) グルクロン酸転移酵素
   4) エステラーゼ
  b サイトソールの酵素
  c その他の酵素

6 排 泄
 ① 排泄経路
 ② 尿中排泄
 ③ 腎障害患者での薬物動態
 ④ 胆汁中排泄

7 薬物間相互作用
 ① のみ合わせ
 ② 薬物間相互作用の2つのパターン
 ③ 代謝酵素の阻害と誘導
  a 代謝酵素の阻害
  b 代謝酵素の誘導
 ④ トランスポーター阻害
 ⑤ タンパク結合の阻害
 ⑥ 実際の相互作用の例

付 録 ― 薬剤情報
 1. 1日の投与回数
 2. 異なる含量の製剤数
 3. 製剤の種類
 4. 製剤の大きさ
 5. 製剤の重量
 6. 薬物動態試験の被験者数

参考図書

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ