口を診る・生活を読む

口を診る・生活を読む

 

著者名:三上直一郎

出版社:医歯薬出版

出版年月:2015年04月


書籍

ISBNコード:9784263444375

数量

価格:¥4,104(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

はじめに
I編 口から患者さんの生活を読む―Introduction
 生活に目を向けることの大切さを教えられた患者さん(Case 1)
II編 歯周病とその背景を診る
 1.歯周病が悪化するとき
  (1)治療が先行した場合(Case 2)
   治療が先行すると患者さんはどう考えるのだろうか?
   セルフケア確立のための指導と治療の流れ
  (2)人生の曲がり角―大きなストレスの加わったとき―(Case 3)
   ストレスは歯周病を進行させる
   病気の発症・進行は外因・内因のバランスで決まる
  (3)ブラッシングよりも食事に問題がある場合(Case 4)
   ブラッシング指導の展開―患者さんの問題点の整理の手順
   <DHの知恵袋>指導の結果が思わしくないときの対応のポイント
  (4)患者さんは伝えたとおりに理解するとはかぎらない(Case 5)
   ブラッシング指導とその評価・確認,追加修正の手順
   歯肉退縮の原因
 2.禁煙指導の難しさ
  (1)禁煙のネックはストレスと人間関係(Case 6)
   喫煙者の歯肉の特徴と病理
   喫煙の害
  (2)指導の好機を見極める(Case 7)
   禁煙支援の方法と効果
   <DHの知恵袋>禁煙指導のポイント
 3.指導のゴールはセルフケアの確立
  (1)セルフケアの自立が歯周病克服の契機(Case 8)
   歯肉・歯周組織の回復・安定化のメカニズム
   歯間乳頭の回復・クリーピングの病理学的背景
  (2)セルフケア維持の鍵(Case 9)
   患者さんの目から見ると
   セルフケア確立への配慮・作戦
  (3)生活改善への意志が芽生えたらゴールが見えてくる(Case 10)
   食事指導に便利な記録・点検表
   食事・生活指導のポイント
   <DHの知恵袋>
III編 むし歯とその背景を診る
 1.子どものむし歯ができるとき
  (1)成長のターニングポイントで(Case 11)
   むし歯予防の指導ポイント:できたむし歯を活かす指導
   <DHの知恵袋>年齢に合わせた指導のポイント
  (2)こじれた母子関係から(Case 12)
   子どものむし歯予防指導の留意点
   指導や治療でてこずる子どもと向き合うとき
  (3)生活リズムの整わない育児環境で(Case 13)
   むし歯予防のポイント:健康な子育て
   むし歯と家庭や生活習慣の関係をデータから見ると
  (4)食事習慣の乱れから(Case 14)
   「だらだら食い」から「食べたら磨く」への変化で何が起こるか
   健康的な食生活の習慣をつくるための育児の指針
 2.大人のむし歯ができるとき
  (1)唾液の減少(Case 15)
   唾液の役割と口渇の原因
   ドライマウスへの対応
  (2)介護ストレス(Case 16)
   ストレスをためないための10 カ条
   生活習慣病の発症・進行要因とその予防
  (3)病院生活と闘病生活(Case 17)
   根面カリエスの特徴と病理
   高齢者の口腔内の特徴
  (4)がん治療の影響(Case 18)
   がん患者さんへの配慮
   面接技法・基本的傾聴法
IV編 自立への気づきを支える
  (1)セルフケアの重要性への気づき(Case 19)
   セルフケアしやすい補綴物への配慮
   咀嚼能力判定表
   プロフェッショナルケアとセルフケア
  (2)依存からセルフケア自立への行動変容(Case 20)
   メインテナンスの流れとチェックポイント
   <DHの知恵袋>経過の長い患者さんを担当するときのポイント
V編 口から全身を診る
  (1)歯科の指導は慢性疾患対応モデル(Case 21)
   慢性疾患への対応
   チームの力
  (2)認知症になっても,セルフケアが支えてくれる(Case 22~24)
   認知症の症状と特徴
   認知症の患者さんへの対応の基本
   「地域」は「知域」
  (3)口は全身の健康・生きることへ向けて開かれた窓(Case 25)

 あとがき

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ