形成外科の基本手技1

形成外科の基本手技1

形成外科治療手技全書 

著者名:波利井清紀

出版社:克誠堂出版

出版年月:2016年04月


書籍

ISBNコード:9784771904576

数量

価格:¥16,200(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1.創傷の分類・診断・検査(館 正弘)
   急性創傷と慢性創傷/急性創傷の診断/慢性創傷の診断/生理機能検査
  糖尿病性足潰瘍例における(下肢)SPP値の測定
2.急性創傷管理法(館 正弘)
   創傷処理/術後管理
  I 擦過創の治療
  II 顔面裂創の治療
3.慢性創傷管理法(館 正弘・宮永 亨)
   創傷管理のアルゴリズム/TIME/デブリードマン
  I 外科的デブリードマン
  II 保存的外科デブリードマン
  III 生物学的デブリードマン(マゴット療法)
4.軟膏療法(安田 浩)
   主剤による適応/基剤による適応
  I 感染・壊死を伴う褥瘡に対する軟膏療法
  II 肉芽と壊死組織が混在した潰瘍に対する軟膏療法
  III II度熱傷潰瘍の保存的治療
  IV 指尖部損傷の保存的治療
5.創傷被覆材(橋本一郎・安倍吉郎)
   創傷被覆材とは/被覆材の材質による分類/創傷から見た被覆材の選択/手技
  I 擦過傷
  II 熱傷
  III 指尖部損傷
  IV 背部正中の褥瘡
  V 静脈うっ滞性潰瘍
6.局所陰圧閉鎖療法(市岡 滋)
   局所陰圧閉鎖療法とは/適応となる疾患/禁忌,合併症
  I 器具の装着
  II 下腿骨髄炎
  III 糖尿病性足潰瘍:局所陰圧閉鎖療法と人工真皮の併用
  IV 縦隔炎:局所陰圧閉鎖療法によるwound bed preparation
7.感染創の治療
1)SSIの予防と対処法(大慈弥裕之)
   Surgical site infectionとは/術前管理/術中管理/術後管理
2)感染創の管理(漆舘聡志・三上 誠)
   診断のポイント/救急処置と治療法の選択/手術方法
  I 切開・排膿
  II 壊死を伴う感染創の処置:創の開放・排膿
  III 壊死を伴う感染創の処置:wet to dry dressing法による創底管理

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ