がん患者の泌尿器症状の緩和に関するガイドライン 2016年版

がん患者の泌尿器症状の緩和に関するガイドライン 2016年版

 

著者名:日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン委員会編

出版社:金原出版

出版年月:2016年06月


書籍

ISBNコード:9784307101790

数量

価格:¥2,160(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I章 はじめに
 1. ガイドライン作成の経緯と目的
 2. ガイドラインの使用上の注意
 3. エビデンスと推奨の強さ
  1. エビデンスの強さ
  2. 推奨の強さ
 4. 用語の定義と概念

II章 背景知識
 1. 血尿
  はじめに
  1. 症候
  2. 病態生理
  3. 評価と検査
  4. 治療
  まとめ
 2. 下部尿路症状
  はじめに
  1. メカニズム、病態生理
  2. 評価、身体所見と検査
  3. 診断と治療
  まとめ
 3. 上部尿路閉塞・腎後性腎不全
  はじめに
  1. 病態生理
  2. 上部尿路閉塞の原因
  3. 評価と検査
  4. 治療方法
  まとめ
 4. 膀胱部痛・膀胱けいれん
  はじめに
  1. 病態生理
  2. 評価
  3. 治療
 5. 陰部浮腫
  はじめに
  1. 病態生理
  2. 鑑別診断
  3. 評価と検査
  4. 治療
  まとめ
 6. 尿路感染症
  はじめに
  1. 病態生理
  2. 原因菌(病因)
  3. 病態の評価
  4. 症状と検査
  5. 治療の解説
  まとめ
 7. 尿路カテーテル管理
  はじめに
  1. 尿路カテーテルの適応
  2. 管理の実際
  まとめ
 8. 性機能障害
  はじめに
  1. 病態生理と原因
  2. がん患者に生じたEDの評価と検査
  3. がん患者に生じたEDに対する治療
  4. 女性がん患者における性機能障害

III章 推奨
 1. 血尿
 2. 下部尿路症状(尿閉)
 3. 下部尿路症状(頻尿・尿失禁)
 4. 上部尿路閉塞・腎後性腎不全
 5. 膀胱部痛・膀胱けいれん

IV章 資料
 1. 作成過程
  1. 概要
  2. 臨床疑問の設定
  3. 系統的文献検索
  4. ガイドラインと教科書
  5. 妥当性の検証
  6. ガイドライン作成者と利益相反
 2. 文献検索式
 3. 今後の検討課題

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ