結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫診療ガイドライン 2016年版

結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫診療ガイドライン 2016年版

 

著者名:日本泌尿器科学会編

出版社:金原出版

出版年月:2016年06月


書籍

ISBNコード:9784307430593

数量

価格:¥2,160(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人


『結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫診療ガイドライン』2016年度版作成の手順
■結節影硬化症の疫学(総論)
CQ1 結節性硬化症の有病率はどれくらいか?
CQ2 結節性硬化症患者のうち何%が腎病変を有し、腎腫瘍は何歳くらいから発生し、どのような経過をたどるか?
■症状
CQ3 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫の診断に有用な症状はなにか?
CQ4 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫において、緊急検査や処置を必要とする症状はなにか?
■検査
CQ5 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫に対して、治療を開始する指標となる検査所見はなにか?
CQ6 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫のサーベイランスでは、どのような検査をどれくらいの頻度で行うべきか?
■遺伝子診断
CQ7 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫において遺伝子診断は必要か?
■画像診断
CQ8 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫はどのような画像検査で診断するのか?
CQ9 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫確定診断後の経過観察として、どのような検査が推奨されるか?
CQ10 結節性硬化症患者に対する腎のモニタリングはどのくらいの頻度で必要か?
■手術療法 
CQ11 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫に対する手術療法はどのような症例で推奨されるか?
■塞栓術
CQ12 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫の予防的腎動脈塞栓術はどのように行うか?
CQ13 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫が破裂した場合の腎動脈塞栓術はどのように行うか?
■薬物療法
CQ14 結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫に対するエベロリムスの使用はどのような場合に推奨されるか?
■小児薬物療法
CQ15 小児腎血管筋脂肪腫の治療にエベロリムスは推奨されるか?

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ