健康格差対策の進め方

健康格差対策の進め方

効果をもたらす5つの視点

 

著者名:近藤 尚己

出版社:医学書院

出版年月:2016年10月


書籍

ISBNコード:9784260025010

数量

価格:¥2,700(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

はじめに

I 健康格差を知る
 1.健康格差の何が問題か
   健康格差とは
   貧困とは
   日本の健康格差の現状-これまでにわかったこと
   その格差,是正すべき? まず「見て」「考え」よう
   優先順位づけ:対策すべき健康格差か否かを判断する基準
 2.公衆衛生の動向と健康格差対策
   公衆衛生活動の変遷における健康格差対策
   ヘルスプロモーションへの批判と対応
 3.健康格差対策の進め方 5つの視点の概略
   健康格差対策特有の課題とは?
   視点1:健康格差対策のための新しいポピュレーション・アプローチ
   視点2:「見える化」による課題共有とPDCA
   視点3:横断的・縦断的な組織連携
   視点4:健康に無関心な人にも効果的な戦略
   視点5:ライフコースにわたる対策
   まとめ:健康格差対策の課題を克服するために

II 健康格差対策の進め方 5つの視点
 視点1 健康格差対策のための新しいポピュレーション・アプローチ
   ハイリスク・アプローチの限界-「予防のパラドクス」
   ポピュレーション・アプローチが健康格差を拡大させる?
    -「格差のパラドクス」
   健康格差を縮める「改訂版」ポピュレーション・アプローチ
 視点2 「見える化」による課題共有とPDCA
   「見える化」はなぜ必要?
   優先順位づけの方法
   健康格差是正の目標設定法
   健康格差の見える化に使うデータの入手法
   「わかりやすい」データの見せ方
 視点3 横断的・縦断的な組織連携
   健康格差対策のための「連携」
   ソーシャル・キャピタルと健康格差対策
   「連携づくり」「まちづくり」は誰が進める?
   連携に便利なツールを活用しよう
   会話を加速させる会議運営の技術
 視点4 健康に無関心な人にも効果的な戦略
   私たちはいつも“正しい”選択をしているか?
   従来の行動変容モデルの成功と限界
   私たちの行動を深掘りしよう:認知の2つのシステム
   健康に無関心な集団への対策とは?
   認知バイアスを活用して「思わず健康に」
   マーケティング:「モノを売る」理論
   ブランド戦略の応用:「カッコイイ」と売れる
   ゲーミフィケーション:健康づくりを「ゲーム」に
   行動科学・マーケティング手法を応用した新たな戦略:さらなる事例
   ユニークなアイデアで勝負!
 視点5 ライフコースにわたる対策
   健康は胎児期からの環境曝露の蓄積で決まる
   それぞれのライフステージ特有の健康の社会的決定要因
   小さいときに介入するほうが安上がり

III 健康格差の評価法
 1.健康指標の選び方
   健康格差対策は「地域」と「個人」の2段階で評価する
   「数」ではなく「割合」が大事:分母を意識しよう
   よい指標の選び方
 2.健康格差指標の算出
   健康格差の指標とは,集団間のばらつきの指標
   まず集団別に指標を算出
   指標化の際の視点
   実際の格差指標
   実際の使い方
   社会経済状況に関する主な指標
   健康格差の評価のその他の注意点
   健康格差経年変化を観察する際の注意点

資料編 役立つ情報紹介
 WHO健康の社会的決定要因に関する特別委員会最終報告書(2008)の
  「3つの行動原則」(著者訳)
 公益財団法人医療科学研究所「健康格差対策の7原則」
 健康格差の評価・個人や地域の社会関係の評価のための調査項目例
 健康格差指標の計算ソフトウェア:HD*CalCについて
 厚労科研「健康の社会的決定要因に関する研究班」ウェブサイト
 相対的剥奪指標の項目一覧の比較
 部署間連携のためのアクションチェックリスト(第1版)

謝辞
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ