神経理学療法学

神経理学療法学

 

著者名:潮見泰藏 編著

出版社:医歯薬出版

出版年月:2017年02月


書籍

ISBNコード:9784263218136

数量

価格:¥5,184(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1章 神経系理学療法学総論
 (望月 久)
 I.中枢神経系理学療法の理解に必要な基礎知識
  1 神経系の機能と成り立ち
  2 ニューロンのはたらき
  3 ニューロンのネットワークによる情報表現と神経系の可塑性
  4 神経可塑性のメカニズム
 II.脳の構造と機能
  1 神経系の全体的構造
  2 随意運動の成り立ち
  3 随意運動にかかわる神経機構
  4 感覚の伝導路
  5 運動発現に関連する神経経路のまとめ
2章 脳血管障害
 (潮見泰藏・臼田 滋)
 I.脳血管障害の基礎知識
  1 病態と治療
  2 脳梗塞
  3 脳出血
  4 脳血管障害に対するリハビリテーションの過程
  5 機能回復のメカニズム
  6 脳血管障害による片麻痺者の運動障害の特徴
 II.脳血管障害に対する評価─意義・目的・方法─
  1 運動麻痺
  2 痙縮
  3 包括的機能障害評価
  4 高次脳機能
  5 日常生活活動
 III.脳血管障害に対する理学療法─急性期─
  1 理学療法評価
  2 臨床思考過程
  3 脳血管障害の急性期における理学療法の目標と予後予測
  4 脳血管障害の急性期におけるリスク管理
  5 脳血管障害急性期における理学療法介入
 IV.脳血管障害に対する理学療法─回復期─
  1 目標設定
  2 リスク管理
  3 機能改善(関節可動域,筋力,随意運動)の進め方
  4 補装具の利用
  5 基本動作の獲得方法
  6 ADLに関連する種々のトレーニング方法
 V.脳血管障害に対する理学療法─維持期─
  1 目標設定
  2 リスク管理
  3 機能改善(関節可動域,筋力,随意運動)
  4 歩行補助具・補装具の使用状況の確認
  5 基本動作を含むADL指導
  6 機能の維持・管理方法の指導
  7 維持期における理学療法プログラムのポイント
 VI.高次脳機能障害とその対応
  1 高次脳機能障害とは?
  2 注意障害
  3 半側空間無視(失認)
  4 半側身体失認
  5 観念失行
  6 観念運動失行
  7 プッシャー現象(プッシャー症候群)
 VII.ケーススタディ
3章 パーキンソン病
 (望月 久)
 I.パーキンソン病の病態と治療
  1 大脳基底核の機能とは?
  2 パーキンソン病の病態とは?
  3 パーキンソン病の診断は?
  4 パーキンソン病の治療は?
 II.パーキンソン病に対する評価─意義・目的・方法─
  1 評価の意義と目的は?
  2 パーキンソン病の重症度を示す評価指標
  3 ICFにそったパーキンソン病の評価とは?
 III.パーキンソン病に対する理学療法
  1 目標設定・予後予測は?
  2 機能改善(関節可動域,筋力,姿勢,バランス)
  3 基本動作練習は?
  4 ADL指導は?
 IV.ケーススタディ
4章 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症
 (望月 久)
 I.脊髄小脳変性症・多系統萎縮症の病態と治療
  1 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症の分類は?
  2 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症の機能障害は?
  3 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症に対する治療は?
 II.脊髄小脳変性症・多系統萎縮症に対する評価─意義・目的・方法─
  1 脊髄小脳変性症の重症度分類は?
  2 心身機能・身体構造の評価
  3 活動制限の評価
  4 参加制約,QOLの評価
 III.脊髄小脳変性症・多系統萎縮症に対する理学療法
  1 目標設定・予後予測は?
  2 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症の代表的な2つのタイプとは?
  3 脊髄小脳変性症に対する理学療法の効果は?
  4 理学療法の実際
  5 基本動作練習は?
  6 ADL指導は?
 IV.進行段階に応じた理学療法
5章 頭部外傷・脳腫瘍
 (潮見泰藏)
 I.頭部外傷
  1 頭部外傷とは?
  2 外傷性脳損傷の発生メカニズム
  3 頭部外傷による症状は?
  4 頭部外傷(特に二次性脳損傷)に対する治療は?
  5 頭部外傷に対する理学療法の目的と考え方は?
  6 頭部外傷に対する理学療法評価
  7 理学療法介入は?
 II.脳腫瘍
  1 脳腫瘍の分類と病態は?
  2 予後は?
  3 脳腫瘍に対する治療は?
  4 脳腫瘍に対する理学療法の考え方は?
  5 脳腫瘍に対する理学療法評価
  6 理学療法介入は?(開頭による腫瘍摘出術を行った場合)
 III.ケーススタディ
6章 筋ジストロフィー症
 (臼田由美子)
 I.筋ジストロフィー症の病態と治療
  1 筋ジストロフィー症とは?
  2 筋ジストロフィー症の分類は?
  3 デュシェンヌ型筋ジストロフィー症
  4 筋ジストロフィー症の治療
  5 「難病の患者に対する医療等に関する法律」の指定難病に
  6 施設から在宅へ
 II.筋ジストロフィー症に対する評価─意義・目的・方法─
  1 評価の意義は?
  2 評価の目的は?
  3 評価の方法は?
  4 筋ジストロフィー機能障害度の厚生省分類(新分類)
  5 上肢機能障害度分類
 III.筋ジストロフィー症に対する理学療法
  1 目標設定・予後予測は?
  2 機能改善の方法は?
  3 基本動作練習は?
  4 ADL指導は?
  5 装具療法
  6 呼吸リハビリテーション
  7 リスク管理(過用症候群等)
  8 その他の筋ジストロフィー症の理学療法
  9 家族指導
 IV.ケーススタディ
7章 筋萎縮性側索硬化症
 (臼田 滋)
 I.筋萎縮性側索硬化症の病態と治療
  1 筋萎縮性側索硬化症の症状は?
  2 筋萎縮性側索硬化症の診断は?
  3 筋萎縮性側索硬化症の治療は?
 II.筋萎縮性側索硬化症に対する評価─意義・目的・方法─
  1 重症度の評価は?
  2 機能障害の評価は?
  3 活動・参加レベル,QOLの評価は?
 III.筋萎縮性側索硬化症に対する理学療法
  1 目標設定は?
  2 筋力増強・維持運動は?
  3 関節可動域運動は?
  4 呼吸に対する介入は?
  5 基本動作練習は?
  6 日常生活活動,参加,QOLに対する支援
 IV.ケーススタディ
8章 多発性硬化症
 (臼田 滋)
 I.多発性硬化症の病態と治療
  1 多発性硬化症の症状は?
  2 多発性硬化症の病巣は?
  3 多発性硬化症の分類は?
  4 多発性硬化症の診断は?
  5 多発性硬化症の治療は?
 II.多発性硬化症に対する評価─意義・目的・方法─
  1 重症度の評価は?
  2 機能障害の評価は?
  3 疲労の評価は?
  4 活動・参加レベル,QOLの評価は?
 III.多発性硬化症に対する理学療法
  1 目標設定は?
  2 疲労の管理は?
  3 機能障害に対する介入は?
  4 基本動作練習は?
  5 日常生活活動,参加,QOLに対する支援は?
 IV.ケーススタディ
9章 ギラン・バレー症候群(ニューロパチー)
 (臼田 滋)
 I.ギラン・バレー症候群の病態と治療
  1 ニューロパチーとは?
  2 ギラン・バレー症候群とは?
  3 ギラン・バレー症候群の症状は?
  4 ギラン・バレー症候群の診断は?
  5 ギラン・バレー症候群の治療は?
 II.ギラン・バレー症候群に対する評価─意義・目的・方法─
  1 重症度の評価は?
  2 機能障害の評価は?
  3 活動・参加レベル,QOLの評価は?
 III.ギラン・バレー症候群に対する理学療法
  1 目標設定は?
  2 呼吸機能障害に対する介入は?
  3 疼痛の管理は?
  4 二次的障害の予防は?
  5 筋力増強運動は?
  6 基本動作練習は?
  7 日常生活活動,参加に対する支援は?
 IV.ケーススタディ
10章 末梢神経損傷
 (潮見泰藏)
 I.末梢神経損傷の病態と治療
  1 末梢神経損傷とは?
  2 末梢神経損傷の病態と治療は?
  3 顔面神経麻痺
 II.末梢神経損傷に対する評価─意義・目的・方法─
  1 評価の方法は?
 III.末梢神経損傷に対する理学療法
  1 目標設定・予後予測は?
  2 関節可動域,知覚,筋力の改善方法は?
  3 基本動作練習は?
 IV.ケーススタディ
11章 脳性麻痺
 (臼田由美子)
 I.脳性麻痺の病態と治療
  1 脳性麻痺の定義は?
  2 脳性麻痺の発症率は?
  3 脳性麻痺の病態は?
  4 脳性麻痺の診断は?
  5 脳性麻痺の治療は?
 II.脳性麻痺に対する評価─意義・目的・方法─
  1 評価・目標設定・治療計画立案の流れ
  2 脳性麻痺に用いられる評価表
 III.脳性麻痺に対する理学療法
  1 理学療法アプローチ
  2 脳性麻痺の病型と理学療法
  3 発達期(ライフステージ)と理学療法
 IV.ケーススタディ

コラム目次
 1章
  (1)グリア細胞の種類とはたらき
  (2)ニューロンでの情報処理のしくみ
  (3)神経系の部位の表し方
  (4)脳内の神経連絡
  (5)予測的姿勢調節
  (6)視床のはたらき
  (7)中枢性パターン発生器
 2章
  (1)高血圧性脳出血に好発部位があるのはなぜか?
  (2)高血圧性脳出血が起こる原因は?
  (3)併存疾患とは?
  (4)通過症候群
  (5)Nudo博士の「神経可塑性説」
  (6)連合反応(associated reaction)
  (7)共同運動(synergy)
  (8)強剛(固縮)
  (9)遂行機能障害
  (10)前頭葉機能障害
  (11)プッシャー症候群
  (12)基本的ADL(BADL)と手段的ADL(IADL)
  (13)統合と解釈とは?
  (14)機能回復に影響を与える要件
  (15)急性期におけるリスク対応
  (16)リハビリテーション介入の目的
  (17)片麻痺者の筋力
  (18)脳血管障害急性期における脳循環障害
  (19)バランス障害
  (20)麻痺側上肢への対応
  (21)膝折れや反張膝への対応
  (22)課題指向型トレーニング
 3章
  (1)遂行機能
  (2)Braak仮説
  (3)パーキンソン病とパーキンソニズム
  (4)パーキンソン病患者の死亡原因
  (5)腰曲がり現象と首下がり現象
  (6)Pull test
  (7)母指さがし検査
  (8)二重課題と歩行の自動性
  (9)パーキンソン病患者の起居移動動作の背景にあるものは?
  (10)パーキンソン病における体幹伸展筋力増強運動
  (11)予測的姿勢調節
  (12)バランス運動としてのダンス
 4章
  (1)トリプレットリピート病
  (2)多系統萎縮症の分類
  (3)協調運動障害と運動の自由度
  (4)運動失調にみられる筋の過緊張
 5章
  (1)脳低温療法
  (2)がん患者に対するトレーニングの可否
 6章
  (1)多くの疾患が含まれる“筋ジストロフィー症”
  (2)家族への支援
  (3)デュシェンヌ型筋ジストロフィー症
  (4)デュシェンヌ型筋ジストロフィー症の代表的な症状
  (5)福山型筋ジストロフィー症(Congenital muscular dystrophy:CMD)
  (6)フロッピーインファント(floppy infant)
  (7)過用性筋力低下(overwork weakness)
  (8)機能低下予防のコツ
  (9)なぜ栄養状態の維持が大切か?
  (10)咳の最大流量(cough peak flow:CPF)の検査方法
  (11)器械的咳介助法
  (12)非侵襲的陽圧換気(Non─invasive positive pressure ventilation:NPPV)
  (13)福山型筋ジストロフィー症の理学療法
  (14)子どもの自己肯定感を育もう
 7章
  (1)筋萎縮性側索硬化症の疫学
  (2)脊髄性筋萎縮症の分類
  (3)告知
  (4)過用性筋損傷
  (5)筋萎縮性側索硬化症に対する装具の活用
 8章
  (1)多発性硬化症の疫学
  (2)痙縮に対する電気刺激療法
  (3)疲労に関連する要因
 9章
  (1)ギラン・バレー症候群の疫学
  (2)フィッシャー症候群
  (3)ギラン・バレー症候群の予後
  (4)免疫調整療法の副作用
 10章
  (1)腕神経叢
  (2)ワーラー変性(Waller degeneration)
  (3)顔面筋の病的共同運動への対応
  (4)筋力増強トレーニングを実施する際の注意点
 11章
  (1)NICUにおけるハイリスク児への早期介入
  (2)ボトックス療法
  (3)髄腔内バクロフェン療法(Intrathecal baclofen therapy,ITB)
  (4)理学療法診療ガイドライン
  (5)脳性麻痺の病型分類
  (6)小児期の電動車椅子
  (7)重症心身障害児の理学療法評価
  (8)成人脳性麻痺者のライフステージに応じた支援
  (9)精神遅滞(知的障害)児の理学療法

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ