新しい小児外来疾患のみかた、考えかた

新しい小児外来疾患のみかた、考えかた

 

著者名:西村龍夫 著

出版社:中外医学社

出版年月:2017年02月


書籍

ISBNコード:9784498145443

数量

価格:¥3,024(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

プロローグ
   症例●生後10ヵ月男児主訴:鼻汁と咳嗽
1.子どもと家庭
 1 子どもだけをみない
   症例1●生後7ヵ月男児主訴:発熱
   症例2●1歳男児主訴:鼻汁と咳嗽
 2 子育て環境の変化
 3 余裕のない母親
   症例3●1歳男児主訴:発熱
 4 価値観の押し付けはやめよう
   症例4●4歳男児主訴:発熱
   症例5●2歳3ヵ月女児主訴:こだわりの強さ
2.現代の子どもの病気
 1 生物進化と子ども
   症例6●2歳男児主訴:発熱
 2 ミスマッチ病
   症例7●生後1ヵ月男児主訴:発熱,鼻汁,咳嗽
   Column1 ワクチンは不自然?
 3 咳をする子どもたち
  A.生物進化と上気道の構造
  B.咳反射の起源
  C.集団生活が作る咳感染症
  D.鼻副鼻腔炎
  E.咳の鑑別
  F.喘鳴の考え方
   症例8●1歳2ヵ月女児主訴:鼻汁,咳嗽,喘鳴
 4 なぜアレルギーが増えた?
  A.食物アレルギーと認知エラー
  B.RAST検査の功罪
  C.IgEの起源
  D.皮膚とアレルギー
  E.医原病としての食物アレルギー
   Column2 カルト化を防ごう
  F.アレルギーを防ぐ
  G.食物アレルギーの危険性
  H.アレルギーは治療よりも予防
   症例9●生後7ヵ月男児主訴:口周囲の発赤
   症例10●生後9ヵ月女児主訴:全身じんましん
   Column3 ゼロリスクの罠
3.小児科外来に必要な知識と設備
 1 専門医から総合医へ
 2 小児科医のアイデンティティ
   症例11●生後9ヵ月男児主訴:微熱,鼻汁,咳嗽
   症例12●2歳男児主訴:耳痛
 3 全身状態の把握
   症例13●生後7ヵ月男児主訴:発熱
 4 診療に必要な設備
 5 習得すべきテクニック
  A.診察の手順
  B.血液検査
  C.耳垢の取りかた
4.子どもの病気にどう対処するか
 1 まずはワクチンを
 2 医療的介入は最小限度に
 3 子どもの風邪
  A.発熱を主症状とする子ども
   症例14●生後5ヵ月男児基礎疾患なし
  B.咳を主症状とする子ども
   症例15●1歳7ヵ月女児基礎疾患なし
   Column4 肺炎じゃないでしょうか?
  C.喘鳴を主症状とする子ども
   症例16●1歳3ヵ月男児基礎疾患なし
  D.気管支喘息診断の問題点
   Column5 微量採血でアレルギーを調べてみよう
   Column6 開業小児科医の内情公開
 4 アレルギーは予防できるか?
  A.アトピー性皮膚炎とは何か
   Column7 生物の領域
  B.食物アレルギー予防プログラム
   Column8 食物少量投与の効果
   Column9 慎重さが作るアレルギー
   Column10 公衆衛生の発達と細菌

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ