根拠からよくわかる 注射薬・輸液の配合変化 Ver.2

根拠からよくわかる 注射薬・輸液の配合変化 Ver.2

基礎から学べる、配合変化を起こさないためのコツとポイント

 

著者名:赤瀬朋秀,中村 均/編

出版社:羊土社

出版年月:2017年02月


書籍

ISBNコード:9784758109352

数量

価格:¥2,808(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

改訂の序【赤瀬朋秀】
初版の序【赤瀬朋秀】
Color Graphics(巻頭カラー)
第1章 はじめに【赤瀬朋秀】
1 なぜ配合変化は難しく取っつきにくいのか
2 配合変化を予測することの重要性
第2章 配合変化概論【湯本哲郎,青木光夫】
1 配合変化(Compatibility)とは
2 配合変化の捉え方
3 配合変化の主な要因
4 混合可否の判断基準
5 配合変化の回避方法
第2章の問題
第3章 pH依存性配合変化【湯本哲郎,青木光夫】
1 pH依存性の配合変化とは
2 pH変動試験とは
3 pH変動スケールの活用方法①
4 pH変動スケールの活用方法②
5 pH変動スケールの活用方法③
6 臨界点pHとは
7 滴定酸度(Titratable acidity)とは
8 pH依存性配合変化を生じやすい薬剤の特徴
第3章の問題
第4章 pH非依存性配合変化【湯本哲郎,青木光夫】
1 pH非依存性(pH independent)の配合変化
2 イオン反応(沈殿反応,製剤の安定化への影響)
3 メイラード反応(Maillard reaction)
4 溶剤の希釈と過飽和
5 溶解度と析出
6 コロイドの反応
7 スタッキング現象
8 添加物による配合変化
9 光による影響
第4章の問題
第5章 医療機器との相互作用
1 溶出・吸着・収着【今浦将治】
2 ポリカーボネートのクラック(破損)【今浦将治】
3 輸液フィルターにおける配合変化【今浦将治】
4 医療機器の選定にあたって【菅野 浩】
第5章の問題
第6章 配合変化を考察するためのDI【舟越亮寛】
1 企業提供資料,代表的書籍,文献の収集と活用
2 データベースの作成と活用(薬剤ベース,疑義照会ベース)
3 医療スタッフへの情報提供
4 医療スタッフへの教育(薬学生実務実習を含む)
第6章の問題
第7章 配合変化を回避するための手技やルート設計【樋島 学】
1 注射薬の混合方法と特徴
2 調製手順の設計
3 配合変化に関連したプレアボイド報告
第7章の問題
第8章 臨床活動と配合変化【今浦将治】
1 チーム医療(ICT,NST)・病棟活動時のチェック事項(ルート観察など)
2 手術室,ICUにおける注射薬の運用と薬剤師業務の実践
第8章の問題
第9章 医療安全と配合変化【百 賢二,濃沼政美】
1 医療における過失とは?
2 注射薬の医療安全
3 注射薬配合変化による医療事故
4 医療安全と配合変化
第9章の問題
第10章 実務実習事前学習における注射薬の配合変化に関する教育【中村 均】

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ