腹部のCT

腹部のCT

 

著者名:陣崎雅弘

出版社:MEDSI

出版年月:2017年04月


書籍

ISBNコード:9784895928779

数量

価格:¥14,040(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I. 腹部の正常CT解剖
1. 正常解剖と読影の要点
 腹部横断像
 膵臓・上腸間膜動脈領域の横断像
 男性骨盤部横断像
 男性腹部骨盤部冠状断
 男性腹部骨盤部矢状断像
 女性骨盤部横断像
 女性骨盤部の分枝血管
 女性骨盤部冠状断像
 女性骨盤部矢状断像

II. 検査法
1. 造影の一般的事項
 a. 造影剤の種類
 b. 造影剤のリスク
 c. 腎機能
 d. 前処置
2. 造影CT
3. ダイナミックCT
 a. 造影剤投与法
 b. 撮像開始タイミングの決定法
 c. 撮像の時相

III. 肝臓
1. 検査法
 a. 通常CT検査
 b. Angio-CT
 c. 超音波,MRIにおける肝特異性造影剤
2. 局所解剖
 a. 肝の区域解剖
 b. 肝の脈管解剖
 c. 肝の形態異常
3. びまん性肝疾患
 a. 脂肪肝 fatty liver
 b. 肝炎
 c. 肝硬変 liver cirrhosis
 d. 門脈圧亢進症
 e. その他のびまん性肝疾患
4. 肝腫瘤性病変
A 肝腫瘤性病変の鑑別診断の考え方
B 充実性腫瘤
 a. 原発性肝細胞癌 hepatocellular carcinoma: HCC(同義語 hepatoma)
 b. 特殊な肝細胞癌
 c. 肝内胆管癌 intrahepatic cholangiocarcinoma: ICC(同義語 cholangioma)
 d. 混合型肝癌 combined hepatocellular and cholangiocarcinoma
 e. 細胆管細胞癌 cholangiolocellular carcinoma: CoCC
 f. 肝細胞癌と鑑別を要する良性腫瘤
 g. 転移性肝腫瘍 metastatic liver tumor
 h. その他のまれな悪性腫瘍
 i. 小児肝腫瘍
C 嚢胞性腫瘤
 a. 肝嚢胞 liver cyst
 b. 胆管性(微小)過誤腫 biliary(micro)hamartoma(von Meyenburg's complex: VMC)
 c. 胆管周囲嚢胞 peribiliary cyst
 d. 胆管内乳頭状腫瘍 intraductal papillary neoplasm of bile duct: IPNB
 e. 粘液性嚢胞性腫瘍 mucinous cystic neoplasm of the liver: MCN
D 炎症性腫瘤,腫瘍類似病変
 a. 肝膿瘍 liver abscess
 b. 炎症性偽腫瘍 inflammatory pseudotumor: IPT
 c. 寄生虫性肝疾患 parasitic liver disease
 d. 肝結核 tuberculosis of the liver
 e. 肝肉芽腫 hepatic granuloma
 f. 肝紫斑病 peliosis hepatis

IV. 胆嚢・胆管
1. 検査法
2. 局所解剖
 a. CT解剖
3. 正常変異・先天異常
 a. 胆管・胆嚢管の解剖学的変異
 b. 胆嚢の先天奇形
 c. 胆管の先天奇形
4. 胆嚢の疾患
 a. 胆石 cholecystolithiasis
 b. 急性胆嚢炎 acute cholecystitis
 c. 慢性胆嚢炎 chronic cholecystitis
 d. 黄色肉芽腫性胆嚢炎 xanthogranulomatous cholecystitis
 e. 胆嚢腺筋腫症 adenomyomatosis of the gallbladder
 f. 胆嚢ポリープ gallbladder polyp
 g. 胆嚢癌 gallbladder carcinoma
5. 胆管の疾患
 a. 肝内胆管結石 intrahepatic bile duct stone
 b. 総胆管結石 choledocholithiasis
 c. Mirizzi症候群 Mirizzi syndrome
 d. Lemmel症候群 Lemmel syndrome
 e. 急性胆管炎 acute cholangitis
 f. IgG4関連硬化性胆管炎 IgG4-related sclerosing cholangitis
 g. 原発性硬化性胆管炎 primary sclerosing cholangitis: PSC
 h. 肝外胆管癌 extrahepatic bile duct carcinoma
 i. 先天性胆道拡張症 congenital bile duct dilatation

V. 膵臓
1. 検査法
2. 膵の形状と局所解剖
3. 膵の正常変異・先天異常・奇形
 a. 膵の奇形・正常変異
 b. 膵管の正常変異
 c. 膵動静脈奇形
 d. 先天性嚢胞,先天性疾患
 e. 膵内副脾
4. 炎症性膵疾患
 a. 急性膵炎 acute pancreatitis
 b. 慢性膵炎 chronic pancreatitis
 c. 膵の慢性炎症
 d. その他の膵の炎症
5. 膵腫瘤性病変
A 膵嚢胞
 a. 真性嚢胞 true cyst
 b. 仮性嚢胞 pseudocyst
 c. その他の嚢胞と鑑別病変
B 上皮性腫瘍
〈外分泌腫瘍〉
 a. 嚢胞性膵腫瘍
 b. 膵管内腫瘍
 c. 浸潤性膵管癌 invasive ductal carcinoma: IDCs(膵癌pancreatic carcinoma)
 d. 腺房細胞癌 acinar cell carcinoma
〈膵神経内分泌腫瘍(膵島腫瘍)〉
〈分化方向の不明な上皮性腫瘍〉
 a. 充実性偽乳頭腫瘍 solid pseudopapillary neoplasm(SPN)
 b. 膵芽腫 pancreatoblastoma
C 非上皮性腫瘍
 a. 膵悪性リンパ腫 malignant lymphoma
 b. その他の非上皮性腫瘍
D 転移性膵腫瘍

VI. 脾臓
1. 検査法
2. 局所解剖・構造
 a. 解剖
 b. 脾の発生と脾の靱帯
 c. 脾の構造
 d. 脾の正常CT像
3. 正常変異・先天異常
 a. 形態の異常(切痕,裂,分葉)
 b. 数の異常
 c. 位置の異常
4. 脾腫と門脈圧亢進症
 a. 脾腫 splenomegaly
 b. 門脈圧亢進症 portal hypertension
 c. 左側門脈圧亢進症 sinistral(left-sided)portal hypertension
5. 炎症,感染性疾患
 a. 脾膿瘍 splenic abscess
 b. 脾結核 splenic tuberculosis
 c. 脾サルコイドーシス splenic sarcoidosis
 d. ネコひっかき病 cat scratch disease
 e. 寄生虫性嚢胞 hydatid cyst, echinococcus cyst
6. 原発性脾腫瘍,非腫瘍性腫瘤
 a. 良性腫瘍,非腫瘍性腫瘤
 b. 悪性腫瘍性疾患
 c. 腫瘍性病変のマネージメント
7. 脾血管性病変
 a. 脾梗塞 splenic infarction
 b. 脾動脈瘤 splenic artery aneurysm
8. 脾損傷
 a. 脾外傷 blunt splenic injury
 b. 非外傷性脾破裂 non-traumatic splenic rupture

VII. 消化管
1. 食道
 a. 検査法
 b. 局所解剖
 c. 食道癌 esophageal cancer
 d. 食道非上皮性腫瘍
 e. その他の食道疾患
2. 胃・十二指腸
 a. 検査法
 b. 局所解剖
 c. 胃癌 gastric cancer
 d. 胃・十二指腸腫瘍
 e. 上部消化管穿孔 upper gastrointestinal perforation
 f. 胃石 gastrolith
3. 小腸・大腸
 a. 検査法
 b. 局所解剖
 c. 大腸癌 colon cancer
 d. 小腸・大腸腫瘍
 e. 炎症性腸疾患
 f. 感染性腸炎
 g. 結腸憩室炎 colonic diverticulitis
 h. 腹膜垂炎 epiploic appendagitis
 i. 虫垂炎 appendicitis
 j. Meckel憩室 Meckel's diverticulum
 k. 下部消化管穿孔 lower gastrointestinal perforation
 l. 腸管気腫症 pneumatosis intestinalis
 m. 全身疾患に伴う消化管病変
 n. 血管性病変
 o. 腸閉塞 intestinal obstruction
 p. 胆石イレウス gallstone ileus
 q. 食餌性腸閉塞 food induced small bowel obstruction
 r. 捻転
 s. 腸重積 intussusception
 t. 消化管異物 foreign bodies in the digestive tract
 u. 腸回転異常 intestinal malrotation

VIII. 副腎
1. 検査法
2. 局所解剖
 a. 副腎の分化
 b. 解剖
3. 発生異常
4. 副腎の疾患
 a. 原発性アルドステロン症(primary aldosteronism)
 b. Cushing症候群 Cushing's syndrome
 c. DOC産生腫瘍
 d. 副腎癌
 e. 副腎性器症候群 adrenogenital syndrome
 f. 褐色細胞腫 pheochromocytoma
 g. 神経芽腫群 neuroblastomas
 h. その他の内分泌非活性腫瘍
 i. 副腎出血 adrenal hemorrhage
 j. 感染症 adrenal infection
 k. Addison病
 l. 副腎偶発腫瘍 adrenal incidentaloma
 m. 副腎偽腫瘍 adrenal pseudotumor

IX. 腎臓
1. 検査法
2. 局所解剖
3. 正常変異
4. 嚢胞性疾患
 a. 腎嚢胞 simple cyst and complicated cyst
 b. 腎盂の嚢胞
 c. localized renal cystic disease
 d. 常染色体優性多発性嚢胞腎 autosomal dominant polycystic kidney disease: ADPKD
 e. 後天性嚢胞腎症 acquired cystic disease of kidney
 f. 多房性腎症 multilocular cystic nephroma
 g. 混合性上皮間質性腫瘍 mixed epithelial and stromal tumor: MEST
 h. 低悪性度多房嚢胞性腎腫瘍 multilocular cystic renal neoplasm of low malignant potential
5. 充実性腫瘍
A 悪性腫瘍malignant renal neoplasms
 a. 腎細胞癌 renal cell carcinoma
 b. 悪性リンパ腫 malignant lymphoma
 c. 転移性腫瘍 metastatic tumor
B 良性腫瘍benign renal neoplasms
 a. 血管筋脂肪腫 angiomyolipoma: AML
 b. 腎腺腫 renal adenoma
6. 炎症性病変
A 急性炎症acute infection
 a. 急性腎盂腎炎 acute pyelonephritis
 b. 腎膿瘍,腎周囲膿瘍 renal abscess, perirenal abscess
 c. 気腫性腎盂腎炎 emphysematous pyelonephritis
B 慢性炎症と石灰化chronic infection and calcification
 a. 慢性腎盂腎炎 chronic pyelonephritis
 b. 黄色肉芽腫性腎盂腎炎 xanthogranulomatous pyelonephritis
 c. 腎結核 renal tuberculosis
 d. 腎石灰化症 nephrocalcinosis
7. 腎血管性病変
 a. 腎移植ドナーの評価
 b. 腎動脈狭窄 renal artery stenosis
 c. 腎動脈瘤 renal artery aneurysm
 d. 腎動静脈奇形 renal arteriovenous malformation
 e. 腎梗塞 renal infarction
 f. 腎静脈血栓症 renal vein thrombosis
 g. Nutcracker現象

X. 腎盂・尿管・膀胱
1. 検査法
 a. CT urography(CTU)の撮像法
 b. CT urography(CTU)の被曝線量
2. 局所解剖
3. 腎盂・尿管の腫瘤性病変
 a. 腎盂・尿管癌 renal pelvic and ureteral carcinoma
 b. perirenal lymphoma or maltoma
 c. 線維上皮性ポリープ fibroepithelial polyp
 d. アミロイドーシス amyloidosis
 e. 尿管子宮内膜症 ureteric endometriosis
 f. IgG4関連疾患 IgG4-related disease
 g. Pyelitis cystica or Ureteritis cystica
4. 腎盂・尿管の結石・炎症性疾患
 a. 尿路結石 urinary tract calculus
 b. 尿路結核 urinary tuberculosis
5. 膀胱の腫瘤性病変
 a. 膀胱癌 bladder carcinoma
 b. 尿膜管癌 urachal carcinoma
 c. 平滑筋肉腫 leiomyosarcoma
 d. 横紋筋肉腫 rabdomyosarcoma
 e. 平滑筋腫 leiomyoma
 f. 褐色細胞腫 paraganglioma
 g. 炎症性筋線維芽細胞性腫瘍 inflammatory myoblastic tumor of the bladder
 h. リンパ腫 lymphoma
 i. 転移性膀胱腫瘍 metastatic bladder tumor
 j. 膀胱子宮内膜症 bladder endometriosis
 k. 嚢胞性膀胱炎/腺性膀胱炎 cystitis cystica/cystitis glandularis
6. 膀胱の炎症性疾患・その他
 a. 気腫性膀胱炎 emphysematous cystitis
 b. 出血性膀胱炎 hemorrhagic cystitis
 c. 好酸球性膀胱炎 eosinophilic cystitis
 d. 膀胱への瘻孔 vesical fistula
 e. ヘルニアと憩室

XI. 腹膜腔 ・後腹膜腔
1. 検査法
2. 局所解剖
 a. 腹膜腔
 b. 後腹膜腔
3. 腹水,腹膜腔の炎症,出血
 a. 腹 水 ascites
 b. 癌性腹膜炎 peritoneal carcinomatosis
 c. 腹膜炎と腹腔内膿瘍 peritonitis and intraperitoneal abscess
 d. 腹腔内出血 hemoperitoneum
4. 腹膜腔の腫瘍性病変
 a. 腹膜偽粘液腫 pseudomyxoma peritonei
 b. 悪性腹膜中皮腫 malignant peritoneal mesothelioma
 c. 原発性腹膜癌 primary peritoneal cancer
 d. 腹膜リンパ腫症 peritoneal lymphomatosis
 e. 線維形成性小円形細胞腫瘍 desmoplastic small round cell tumor
 f. リンパ管腫 lymphangioma
 g. 蔓状神経線維腫 plexiform neurofibroma
 h. デスモイド腫瘍 desmoid tumor
 i. 孤立性線維性腫瘍 solitary fibrous tumor
5. ヘルニア
 a. 外ヘルニア external hernia
 b. 内ヘルニア internal hernia21)
6. 後腹膜腔の疾患
 a. 後腹膜膿瘍 retroperitoneal abscess
 b. 後腹膜血腫 retroperitoneal hematoma
 c. リンパ嚢腫 lymphocele
 d. 尿瘤 urinoma
 e. 後腹膜線維症 retroperitoneal fibrosis
 f. 原発性後腹膜腫瘍 primary retroperitoneal neoplasm

XII. 腹部大動脈・下大静脈
1. 局所解剖
2. 局所解剖
3. 大血管病変
 a. 腹部大動脈
 b. 血管炎
 c. 下大静脈

XIII. リンパ節(悪性リンパ腫とリンパ増殖性疾患を含む)
1. 所属リンパ節とリンパの流れ
 a. 肝・胆道
 b. 膵
 c. 胃
 d. 大腸
 e. 腎・上部尿管
 f. 骨盤臓器
 g. 腫瘍のリンパ節転移のポイント
2. 悪性リンパ腫
 a. 病型分類
 b. 臨床分類
 c. 病期分類
 d. 画像評価方法
 e. 画像所見
3. リンパ腫の類縁疾患
 a. Castleman病 Castleman Disease: CD
 b. MTX関連リンパ増殖疾患 MTX related lymphoproliferative disorder

XIV. 急性腹症と外傷
1. 急性腹症
 a. 単純CTが必要な疾患
 b. 造影CTが必要な疾患
2. 外傷
 a. 検査法─外傷パンスキャン
 b. 読影の第1段階(FACT)
 c. 読影の第2段階
 d. 読影の第三段階

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ