妊娠・授乳と薬の知識

妊娠・授乳と薬の知識

 

著者名:村島温子

出版社:医学書院

出版年月:2017年04月


書籍

ISBNコード:9784260030212

数量

価格:¥2,376(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

総論 妊娠・授乳と薬
 基本事項をおさえよう!
 安全性の評価・臨床への応用
 授乳中の薬の使用に関する基本的な考え方
 相談機関を知っておこう!

各論 妊産婦さんの不安と疑問に答えよう
 1 かぜ(感冒)症候群・胃痛・頭痛-解熱・鎮痛薬と抗菌薬
  CASE 1 かぜ(感冒)症候群
  CASE 2 胃痛,消化器症状
  CASE 3 頭痛薬・鎮痛薬
  妊娠していても服用できる薬はある
 2 消化器症状-便秘,下痢,炎症性腸疾患
  CASE 1 便秘
  CASE 2 嘔吐と下痢
  CASE 3 炎症性腸疾患-妊娠中の管理
  CASE 4 炎症性腸疾患-授乳中の服薬
  よくある症状だからこそ,その人に合った指導を
 3 糖尿病
  糖尿病治療薬と妊娠の関係
  CASE 1 2型糖尿病-経口薬からインスリンへの変更
  CASE 2 1型糖尿病-インスリンの継続
  CASE 3 食事がとれない場合の対応
  CASE 4 妊娠糖尿病-インスリン依存への不安
  CASE 5 糖尿病-出産後の対応
  安心して妊娠期を過ごせるようなかかわりを
 4 高血圧
  CASE 1 慢性高血圧だが降圧薬の胎児への影響が心配
  CASE 2 その降圧薬は禁忌?
  CASE 3 降圧薬の母乳への影響が心配
  どんな不安を感じているかまずは聞くことからはじめよう
 5 アレルギー・皮膚科疾患
  CASE 1 花粉症
  CASE 2 妊娠性痒疹
  CASE 3 アトピー性皮膚炎
  薬の上手な利用でストレスのない妊娠生活を
 6 呼吸器疾患
  CASE 1 喘息:治療薬の中断
  CASE 2 喘息:治療薬の母乳への影響
  CASE 3 発熱を伴う呼吸器疾患
  子どもへの影響を懸念する母親の気持ちに寄り添うケアを
 7 甲状腺疾患
  CASE 1 妊娠中の服用に対する不安
  CASE 2 ヨードの過剰曝露防止
  CASE 3 授乳中の服用管理
  服用に不安を与えないためにも正しい知識を踏まえてかかわろう
 8 膠原病
  CASE 1 全身性エリテマトーデス治療薬
  CASE 2 ステロイド薬と授乳との関係
  CASE 3 関節リウマチ治療薬
  原疾患のコントロールと妊娠との両立を支援する
 9 てんかん
  CASE 1 抗てんかん薬服用中の妊娠
  CASE 2 自己判断での服薬中止
  CASE 3 抗てんかん薬の母乳移行
  思春期・妊娠前からのかかわりで意識づけを
 10 精神疾患
  CASE 1 向精神薬の胎児への影響
  CASE 2 うつ病の症状コントロールと胎児・新生児への影響
  CASE 3 産後うつ病治療の母乳への影響
  よき理解者,よき相談相手になろう
 11 嗜好品・サプリメント
  CASE 1 タバコ
  CASE 2 カフェイン
  CASE 3 アルコール
  嗜好品とのつき合い方は,その人の生活習慣も考えながら
  CASE 4 栄養補助としてのサプリメント
  CASE 5 美容目的でのサプリメント
  現代の食生活とサプリメントは切り離せない
 12 ワクチン
  CASE 1 妊娠中のワクチン接種-麻疹ワクチン
  CASE 2 インフルエンザワクチン
  CASE 3 産後のワクチン接種
  妊娠・産褥期に関係するワクチンについて知ろう

おわりに
索引

PLUS 1
 ・いつまでなら飲める?妊娠時期と薬とのフクザツな関係
 ・市販薬って?-市販薬の注意点
 ・高血圧の薬はたくさんあって…
 ・塗り方次第で効き目も変わる!?
 ・喘息治療薬の種類は?
 ・甲状腺疾患と薬
 ・リウマチの治療に使用される薬
 ・抗てんかん薬の歴史をたどる
 ・精神疾患に使用する薬-睡眠薬・抗精神病薬
 ・たかが食品,されど食品-妊娠中のサプリメント使用を考える
 ・ワクチンのキホン

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ