ヘルニアの外科         

ヘルニアの外科         

           

著者名:監修 : 柵瀨信太郎 責任編集 : 諏訪勝仁 編集 : 早川哲史/嶋田元/松原猛人

出版社:南江堂

出版年月:2017年12月


書籍 新刊

ISBNコード:9784524259588

数量

価格:¥19,440(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第I部 成人のヘルニア
 A 鼠径部ヘルニア
  序章 鼠径部ヘルニアの歴史,解剖,分類と用語
   1.鼠径部ヘルニア手術の歴史
   2.鼠径部の局所解剖
   3.分類
   4.用語
  第1章 鼠径部ヘルニアにおける基礎医学
   1.疫学
   2.生理学・生化学
   3.人工膜の歴史と進化
  第2章 鼠径部ヘルニアの診断
   1.基本的な診断法:問診と身体所見
   2.画像診断
   3.sporstman’s groin(groin disruption,sports hernia,Gilmore’s groin)
   4.注意すべき鑑別疾患
  第3章 鼠径部ヘルニア(鼠径・大腿ヘルニア)手術
   1.手術適応
   2.鼠径部切開法
    a.組織縫合法
    b.Lichtenstein法
    c.メッシュプラグ法
    d.Kugel法
    e.Bilayer patch法
    f.ダイレクトクーゲル法(TIPP)
    g.前方到達法および腹膜前到達法による腹膜前修復法
    h.女性鼠径部ヘルニアに対する手術
    i.そのほかの新しい術式
   3.腹腔鏡下手術
    a.反対側鞘状突起開存,不顕性ヘルニアの定義と手術適応
    b.腹腔鏡下手術のための解剖
    c.TAPP法
    d.TEP法
   4.術後合併症
    a.鼠径部切開法の術後合併症
    b.腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術の術後合併症
  第4章 嵌頓ヘルニア
  第5章 慢性術後鼠径部痛
   1.病因,症状,診断,治療
   2.ペインクリニック的アプローチ
   3.脊髄刺激療法
 B 腹壁瘢痕ヘルニア
  第1章 腹壁瘢痕ヘルニアの原因・疫学
  第2章 腹壁瘢痕ヘルニアの生理学
  第3章 腹壁瘢痕ヘルニアの手術
   1.手術適応
   2.切開法
    a.組織縫合法
    b-1.component separation法:開腹
    b-2.component separation法:内視鏡下
    c-1.Rives-Stoppa原法
    c-2.posterior component separation法
    d.腹腔内留置メッシュ(IPOM)法
    e.形成外科的再建
   3.腹腔鏡下手術
    a.standard intraperitoneal onlay mesh(sIPOM)法
    b.ヘルニア門閉鎖およびメッシュ補強(IPOM-Plus)法
    c.endoscopic Rives-Stoppa(eRives)法
   4.特殊な部位の瘢痕ヘルニア
   5.術中・術後合併症
 C そのほかの腹壁ヘルニア
  第1章 臍ヘルニア・上腹ヘルニア
   1.臍ヘルニア
   2.上腹壁ヘルニア(白線ヘルニア)
   3.腹直筋離開
  第2章 Spigelianヘルニア(半月線ヘルニア)
  第3章 ストーマ傍ヘルニア
 D 閉鎖孔ヘルニア
 E 食道裂孔ヘルニア・横隔膜ヘルニア
   1.食道裂孔ヘルニア
   2.そのほかの横隔膜ヘルニア
 F そのほかのヘルニア
  第1章 会陰ヘルニア
  第2章 子宮広間膜ヘルニア・Douglas窩腹膜欠損ヘルニア
  第3章 腰ヘルニア
  第4章 傍十二指腸ヘルニア
  第5章 特殊な内ヘルニア
第II部 小児のヘルニア
 A 鼠径ヘルニア
  第1章 鼠径部切開法
  第2章 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(LPEC法)
 B 鼠径ヘルニア以外の小児ヘルニア
  第1章 臍ヘルニア
  第2章 臍帯ヘルニア
第III部 ヘルニア診療・研究のトピックス
 A ヘルニア診療のトピックス
  第1章 日帰り手術
  第2章 ヘルニア診療の質と改善
 B ヘルニア研究のトピックス
  第1章 ヘルニア研究のための臨床疫学・統計学
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ