基礎作業学

基礎作業学

標準作業療法学 専門分野 

著者名:シリーズ監修:矢谷 令子 編集:濱口 豊太 編集協力:桐本 光

出版社:医学書院

出版年月:2017年11月


書籍 新刊

ISBNコード:9784260030557

数量

価格:¥4,320(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1 作業と治療を理解するために
 GIO,SBO,修得チェックリスト
 I 作業療法の成り立ち
  A 人間と作業
   1 リハビリテーションと作業療法
   2 人間にある自然の力
   3 作業療法の科学性
   4 作業と治療の理解
   5 作業療法の根拠
   6 作業療法の計画と記録
  B 作業の分類
   1 作業の種類と分類
   2 作業の意味・形態・機能
   3 作業を名義的に分けてみる
   4 作業と道具
   5 ライフステージと社会生活の作業
  C 作業療法の理論とその役割
   1 作業療法理論の特徴と種類
   2 人間作業モデル(MOHO)
   3 カナダ作業遂行モデル(CMOP)
   4 作業療法介入プロセスモデル(OTIPM)
   5 作業科学
   6 作業療法理論をとりまく状況
 II 作業療法士に必要なコミュニケーションスキル
  A 対象者の心理を知る
  B 対象者が処理する障害心理
  C 心理的外傷と外傷後成長
  D 心理的支援
  E 対象者の感情を探索して共感するスキル
  F 作業療法の方針を話し合うスキル
 III 作業療法の体験
  A コミュニケーションスキルの演習
   1 課題解説とワークシート
   2 フィードバックと学習課題
  B 作業,物づくりの課題解説
   1 くす玉づくりの体験
   2 くす玉づくりから作業療法を考える
  C 作業,物づくりの演習ワークシート
 本章のキーワード

2 作業と運動生理機能
 GIO,SBO,修得チェックリスト
 I 作業と運動学
  A 作業時に働く力と作用
   1 力とは
   2 動作と相互に作用する力
   3 日常生活活動で使う用具と力
   4 支持基底面と重心
  B 作業時の筋活動と関節運動
   1 骨格筋の構造と筋出力のメカニズム
   2 日常生活で必要な筋収縮様式と筋力
   3 日常生活で生じる関節運動パターン
   4 日常生活活動の解析
  C 運動を作業療法に応用するには
   1 姿勢を保持する方法
   2 立ち上がり動作
   3 リーチ動作
  D 運動を作業療法に応用した事例
   1 事例1
   2 事例2
 II 作業と神経生理学
  A 作業と筋電図
   1 表面筋電図とは
   2 日常生活活動における表面筋電図の記録と解釈
  B 作業とニューロリハビリテーション
   1 ニューロリハビリテーションの理解に必要な基礎知識
   2 運動イメージ+ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)
   3 集中的作業療法による「学習された不使用」の改善
   4 非侵襲的脳刺激を併用したニューロリハビリテーション
 III 基礎作業学演習
  A 運動・生理学的テクニックを用いた作業療法学演習
   1 演習課題名:立ち上がり動作の観察
   2 演習課題名:重心移動と体幹の運動の観察
   3 演習課題名:リーチ動作の観察
  B 神経生理学の応用
   1 電気工作で実験用具を作製する
   2 日常生活活動や作業時の筋活動量を知る
   3 運動反応時間を計測する
 本章のキーワード

3 作業と心理
 GIO,SBO,修得チェックリスト
 I 作業と心理学
  A 作業を学習するための理論
   1 人が自発的に行動するためには-オペラント条件づけ
   2 人間の行動を誘発するためには-レスポンデント条件づけ
   3 行動学習を利用した作業療法
  B 作業を自発的に行い,継続するための理論
   1 行動とは
   2 行動を誘発する刺激のしかた-先行刺激
   3 行動を継続させる刺激のしかた-後続刺激
  C 行動学習の方法
   1 分化強化-望ましい行動を増やし,望ましくない行動を減らすために
   2 人間の行動のルール
   3 望ましい行動のスケジュール
 II 作業の分析
  A 作業を分析する手続き
   1 作業を測定する
   2 行動を誘発する刺激とその準備
   3 行動を継続させる刺激とその準備
   4 作業を学習したときの効果判定
  B 作業の分析と作業療法への応用
   1 行動分析の方法
   2 作業と精神心理効果
   3 精神機能作業療法の分析例
 III 行動学習の基礎作業学演習
  A 身体機能作業療法への治療応用(演習)
   1 演習の目的
   2 対象者のプロフィール
   3 演習の手順
  B 精神機能作業療法への治療応用(演習)
   1 演習の目的
   2 対象者のプロフィール
   3 演習の手順
 本章のキーワード

4 ライフステージと作業療法
 GIO,SBO,修得チェックリスト
 I 発達期と作業
  A 作業と人間発達
   1 成長と発達
   2 発達と感覚統合
   3 感覚統合理論にある3つの感覚
   4 感覚信号処理と行動発現
  B 作業と運動発達
   1 運動発達の理論
   2 乳幼児期の運動発達
   3 運動・姿勢発達の指標
  C 知的発達の理論
   1 知覚と認知
   2 知的発達の理論
  D 知的発達と作業課題
   1 乳幼児期から青年期
   2 前操作的表象の段階
   3 具体的操作の段階
   4 形式的操作の段階
  E 発達過程の作業療法例
   1 運動障害児の例
   2 作業療法評価
   3 作業療法計画と実施
   4 発達過程に寄り添う作業療法士
 II 青年期と作業
  A 作業と人間関係の構築
   1 個性の確立
   2 人間関係の構築
  B 作業と社会とのかかわり
   1 人間関係の濃度
   2 人の欲求と作業
   3 集団に所属する人の作業
  C 対象者の人間関係を支援する
   1 感情障害の例
   2 作業を介して他者への緊張感を弱める
   3 作業量を調節して並行した集団に参加する能力を支援する
   4 承認欲求に対して支援する
   5 現実検討を促す
   6 生活に役立つ情報を得る
   7 集団生活のなかで自己表現を助ける
   8 集団関係技能と作業
 III 高齢期と作業
  A 高齢期にある役割と作業
   1 高齢期の身体
   2 高齢期の心理
   3 生きがいが保つ生活機能
   4 高齢者の役割
  B 高齢期の作業療法
   1 蓄積された体験の活用
   2 高齢期の作業療法例
 本章のキーワード
 基礎作業学の発展に向けて
  A 基礎作業学の起点
  B 作業の研究法
  C 心身相関
  D 社会の一員として
 さらに深く学ぶために

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ