小児腎血管性高血圧診療ガイドライン2017

小児腎血管性高血圧診療ガイドライン2017

 

著者名:小児腎臓病学会

出版社:診断と治療社

出版年月:2017年10月


書籍 新刊

ISBNコード:9784787823199

数量

価格:¥3,456(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

刊行にあたって
はじめに

小児腎血管性高血圧診療ガイドライン2017委員一覧
本ガイドライン作成について

CQ・推奨一覧
 Ⅱ 診断
 Ⅲ 治療

小児腎血管性高血圧診断基準
小児腎血管性高血圧診断フローチャート
小児腎血管性高血圧治療フローチャート

Ⅰ 総論
 1.疫学
 2.病因・病態
 3.小児高血圧の診断基準・定義
 4.重症度分類と予後

Ⅱ 診断
  CQ1 臨床症状は小児腎血管性高血圧の診断に有用か
  CQ2 血液検査,血漿レニン活性の測定は小児腎血管性高血圧の診断に有用か
  CQ3 カプトプリル負荷試験は小児腎血管性高血圧の診断に有用か
  CQ4 カプトプリル負荷腎シンチグラフィは小児腎血管性高血圧の診断に有用か
  CQ5 超音波検査は小児腎血管性高血圧の診断に有用か
  CQ6 造影CT検査は小児腎血管性高血圧の診断に有用か
  CQ7 MR血管撮影(MRA)は小児腎血管性高血圧の診断に有用か
  CQ8 選択的血管造影検査は小児腎血管性高血圧の診断に推奨されるか
  CQ9 選択的腎静脈レニンサンプリングは小児腎血管性高血圧の診断に推奨されるか

Ⅲ 治療
 1.内科的治療
  CQ1 内科的治療は小児腎血管性高血圧の治療法として推奨されるか
  CQ2 アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬,またはアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)は
     小児腎血管性高血圧の治療薬として推奨されるか
  CQ3 カルシウム拮抗薬は小児腎血管性高血圧の治療薬として推奨されるか
  CQ4 交感神経遮断薬(α,β遮断薬)は小児腎血管性高血圧の治療薬として推奨されるか
  CQ5 利尿薬は小児腎血管性高血圧の治療薬として推奨されるか

 2.カテーテル・外科的治療
  CQ6 経皮的腎動脈形成術は小児腎血管性高血圧の治療として推奨されるか
  CQ7 腎動脈ステント留置術は小児腎血管性高血圧の治療として推奨されるか
  CQ8 外科的腎血行再建術は小児腎血管性高血圧の治療として推奨されるか
  CQ9 自家腎移植は小児腎血管性高血圧の治療として推奨されるか

索引

付記1▶ 線維筋性異形成(FMD)について  
付記2▶ 高安動脈炎について  
付記3▶ 神経線維腫症Ⅰ型(NF1)について  
付記4▶ hyponatremic hypertensive syndrome(HHS)について
付記5▶ カプトプリル負荷試験について

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ