ピコ秒レーザー治療入門

ピコ秒レーザー治療入門

美容皮膚科医・形成外科医のために

 

著者名:葛西健一郎(葛西形成外科)

出版社:文光堂

出版年月:2017年10月


書籍 新刊

ISBNコード:9784830626340

数量

価格:¥7,560(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I ピコ秒レーザー治療総論
 1.ピコ秒レーザーの歴史と背景
 2.ピコ秒レーザーの理論
 3.現在用いられている機械の種類と特徴
 4.今後の展望
II ピコ秒レーザーによる刺青治療
 1.治療理論
 2.麻 酔
 3.照射方法と術後処置
 4.複数回の繰り返し照射
 5.合併症とその対処
 6.症例集
 7.外傷性刺青
 8.アートメイクの除去
III ピコ秒レーザーによるシミ・アザ治療
 1.老人性色素斑・ADM
 2.太田母斑
 3.異所性蒙古斑
 4.先天性色素性母斑
IV ピコ秒レーザーによる美容皮膚治療(ノーダウンタイム)
 1.本治療の適応(効果の予測と患者への説明)
 2.治療の実際
  ① pico-Alex(PicoSureR)による美容皮膚治療
  ② pico-Nd:YAG(PicoWayR)による美容皮膚治療
 3.合併症とその対処
 4.症例集
索 引

コメント
 ①用語について
 ②レーザーのパラメーター
 ③真皮メラノサイトーシスと刺青は治癒機序が異なる?
 ④濃い刺青は初めが薄くなりにくい
 ⑤ピコ秒レーザーはPIHが少ないというのはウソ
 ⑥外傷性色素沈着は肝斑と同じでレーザー禁忌である
 ⑦真皮メラノサイトーシスに対してピコ秒レーザーはnano-Rubyを上回ることができるか?
 ⑧それでも最強!ナノ秒Qスイッチルビーレーザー
 ⑨ピコトーニングは絶対危険!
 ⑩PicoSureRのfocusハンドピースとPicoWayRのResolveハンドピースはまったく異なる
 ⑪ピコ秒レーザーは1ヵ月以上あけないとレーザートーニングと同様の危険が増大する

コラム
 ①部品課金モデル
 ②これでピコ秒レーザーと呼べるのか?
 ③口唇アートメイクに苦労した例
 ④肝斑・PIHにレーザーが禁忌の理由
 ⑤ピコ秒レーザーによる老人性色素斑治療はナノ秒Qスイッチルビーレーザーより良いか?
 ⑥老人性色素斑とADMに筆者はナノ秒Qスイッチルビーレーザーを用いるが,ピコ秒レーザーも有力
 である
 ⑦先天性色素性母斑の難しさ
 ⑧レーザーは医師が当てるべきか,看護師や一般職員に当てさせてもよいかという問題について

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ