循循環器ジャーナル2018年01月号 (通常号) ( Vol.66 No.1)

循循環器ジャーナル2018年01月号 (通常号) ( Vol.66 No.1)

循環器診療 薬のギモン-エキスパートに学ぶ薬物治療のテクニック

 

著者名:

出版社:医学書院

出版年月:2018年01月


書籍 新刊

ISBNコード:9784260029483

数量

価格:¥4,320(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

■I.心不全診療でのギモン
急性心不全の利尿薬は一律フロセミド20mg静脈投与ではいけないのか?
土肥 薫
急性心不全の強心薬は,ドパミン?ドブタミン?
 それともPDEIII阻害薬?いつ始めたほうがいいの?
佐藤 直樹
HFrEFの心筋保護薬.ACE阻害薬からかβ遮断薬からか?
 いつ始めて何をどれだけの量,使ったらいいの?
木田 圭亮・鈴木 規雄
投与中の心筋保護薬.やめたらどうなるの?
奥村 貴裕
糖尿病を合併した慢性心不全患者にDPP-4阻害薬と
 SGLT2阻害薬をどのように使用していくか?
朝倉 正紀・西村 晃一
■II.高血圧診療でのギモン
収縮期血圧140mmHg.薬剤を追加して下げるべきか?
斎藤 重幸
コントロール不良の早朝高血圧.薬剤選択,内服時間,どうしたらいいの?
本行 一博・山本 浩一・楽木 宏実
拡張期血圧がなかなか下がらない人.どの薬剤を使ったらいいの?
湯淺 敏典・大石 充
腎機能障害の高血圧.どこまでACE阻害薬・ARBは使えるのか?
長澤 康行
■III.虚血性心疾患・SHD診療でのギモン
PCI後の抗血小板薬は,やめるタイミングはいつ?
北原 秀喜・小林 欣夫
PCI後の非心臓手術時にヘパリンによる“bridging therapy”は必要か?
粟田 政樹
狭心症の慢性期投与は,冠血管拡張薬?β遮断薬?
浅海 泰栄
TAVI後の内服は何がどれだけ必要か?
津田 真希・溝手 勇
■IV.不整脈診療でのギモン
高齢者の抗凝固療法はどうしたらいいの?
井上 耕一
AFに対する抗不整脈薬,抗コリン薬は,どういう人に使ったらいいの?
 アミオダロンはどういうときに使うの?
萩原 かな子・岩崎 雄樹・清水 渉
心不全の人のAF.β遮断薬はどう考えるの?
平井 雅之・山本 一博
VTでは薬剤の使い分けはあるの?
篠原 徹二・高橋 尚彦
■V.肺高血圧症診療でのギモン
upfront治療って実際にどうするの?
上田 仁・大郷 剛
重症でなく単剤でいいような症例では,薬剤の使い分けはあるの?
小川 愛子
良くなったら薬をやめることはできるの?
波多野 将

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ