音声障害診療ガイドライン

音声障害診療ガイドライン

2018年版

 

著者名:日本音声言語医学会

出版社:金原出版

出版年月:2018年03月


書籍 新刊

ISBNコード:9784307371209

数量

価格:¥3,024(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 序論
1 要約
2 作成者
3 資金提供者
4 エビデンスの評価
5 リリース前のレビュー
6 更新の計画
7 利用者
8 推奨ならびに理由説明
9 考えられる利益と害

第2章 音声障害の定義と分類

第3章 音声障害の疫学

第4章 音声障害の検査と診断法
(1) 問診
1 注意事項
2 発症の契機、経過の聴取
3 社会生活習慣、既往歴の聴取
(2) 聴覚心理的評価
1 GRBAS尺度の概要
2 GRBAS尺度による評価
(3) 自覚的評価
1 Voice Handicap Index:VHI
2 Voice-Related Quality of Life:V-RQOL
(4) 内視鏡検査
1 検査目的
2 検査方法
3 観察項目
4 検査の留意点
(5) 空気力学的検査
1 最長発声持続時間(maximum phonation time:MPT)
2 発声時平均呼気流率(mean flow rate:MFR)
3 声域検査、声の強さ測定
4 声門下圧
(6) ボイスプロファイル
1 測定の意義・目的
2 検査方法
3 観察項目
4 検査の問題点および留意点
(7) 音響分析
1 検査目的
2 必要な機器
3 音響分析の方法と評価のポイント
(8) 喉頭筋電図
1 検査目的
2 検査方法
3 観察のポイント
4 検査の問題点および留意点

第5章 音声障害の治療
(1) 薬物療法
1 抗菌薬
2 非ステロイド系消炎薬およびその他の消炎薬
3 副腎皮質ステロイド
4 ボツリヌストキシン(botmlinum toxin :BT)
5 プロトンポンプ阻害薬(proton pump inhibitors:PPI)
6 抗不安薬
(2) 音声治療
1 適応とエビデンス
2 音声治療の分類
3 実施にあたっての留意点
(3) 手術治療
1 目的
2 手術方法

第6章 Clinical Questions(CQ)
CQ1 GRBAS 尺度による音声評価は有用か?
CQ2 自覚的評価VHIとV-RQOL は有用か?
CQ3 喉頭内視鏡検査は有用か?
CQ4 喉頭ストロボスコピーは有用か?
CQ5 音響分析は有用か?
CQ6 空気力学的検査は有用か?
CQ7 筋緊張性発声障害に対する薬物治療の位置づけは?
CQ8 心因性発声障害に対する治療にはどのようなものがあるか?
CQ9 音声障害に副腎皮質ステロイドの使用は推奨されるか?
CQ10 音声治療はどのような音声障害に対して有効か?
CQ11 片側声帯麻痺に対する手術治療の効果は?
CQ12 手術治療後の音声治療は有用か?

索引




カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ