実験医学増刊 Vol.31 No.17

実験医学増刊 Vol.31 No.17

病態の理解に向かうアレルギー疾患研究 なぜ、アレルギーが起こるのか?発症・進展の新概念と臨床への展開

 

著者名:椛島健治/編

出版社:羊土社

出版年月:2013年10月


書籍

ISBNコード:9784758103343

数量

価格:¥5,832(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

序論 アレルギー学への招待状 ―その本質の解明と,未解決課題への挑戦【椛島健治】
第1章 アレルギーの基礎メカニズム
1.慢性アレルギー炎症のメカニズム ―好酸球性炎症を導くメカニズムの最新知見【斎藤博久/森田英明/松本健治/中江 進】
2.アレルゲンはなぜアレルゲンになるのか? ―アレルゲンが引き起こすバリア破壊と自然免疫応答【高井敏朗】
3.粒子アジュバントの生体への影響 ―ワクチンアジュバントからDAMPs, 大気汚染物質まで【黒田悦史】
4.皮膚・臓器間のクロストークとアレルギーマーチという概念の再検証【大吉道子】
第2章 アレルギーを制御する免疫細胞・基盤分子の最新トピック
1.ヘルパーT細胞サブセットとアレルギー発症機序 ―特にIgE抗体産生に着目して【久保允人】
2.B細胞:IgEの誘導機序のupdate【徳久剛史】
3.樹状細胞によるアレルギーの制御【佐藤克明】
4.マスト細胞とIgE:多様性が拓く治療の可能性【安藤智暁/川上敏明】
5.顆粒球のアレルギー疾患における新たな役割【松下一史/善本知広】
6.マクロファージの多彩な種類とその機能 ―M2マクロファージ分化のエピジェネティック制御を中心に【佐藤 荘/審良靜男】
7.非免疫系細胞(上皮細胞・線維芽細胞)によるアレルギー病態形成【有馬和彦/出原賢治】
8.グループ2自然リンパ球とアレルギーの関連【加畑宏樹/茂呂和世/小安重夫】
9.インフラマソームによる自然免疫活性化とアレルギー性疾患との関連【河野 肇/遠田明子】
10.細胞死によるアレルギー疾患への影響 ―IL-33,HMGB-1などのDAMPsによる免疫応答【海野浩寿/森田英明/新江 賢/大野建州/斎藤博久/松本健治/中江 進】
11.Jak-Statシグナルとアレルギー制御【峯岸克行】
12.脂質メディエーターによるアレルギー制御【武富芳隆/村上 誠】
第3章 アレルギー疾患研究の最新トピック
1.食物アレルギーの病態・診断・管理【海老澤元宏】
2.金属アレルギー研究:動物モデルによる免疫学的解析【川野光子/遠藤美里/佐藤直毅/鈴木隆二/小笠原康悦】
3.アトピー性皮膚炎:皮膚バリアの破綻によるアレルギー【戸倉新樹】
4.気管支喘息病態形成におけるT細胞サブセットの可塑性と多様性【平原 潔/中山俊憲】
第4章 新技術の応用と新しいアプローチ
1.ヒトiPS細胞からの免疫細胞誘導とアレルギー疾患の治療・創薬【金子 新/辻 浩一郎/山中伸弥】
2.二光子励起顕微鏡による生体イメージング ―そのアレルギー研究への応用【江川形平】
3.リピドミクス解析のアレルギー研究への応用【宮田 純/有田 誠】
4.ビッグデータを利用したシステム免疫学 ―免疫疾患の体系的な理解に向けて【高地雄太】
第5章 創薬・臨床応用に向けて
1.アレルギー疾患に対する分子標的治療 ―IgE,サイトカインを標的とした喘息治療を例に【中島裕史】
2.日本人の遺伝的背景とアレルギー【広田朝光/玉利真由美】
3.ワクチンによるアレルギー予防と治療【小笹浩二/石井 健】
4.アレルギーに対する免疫療法【中尾篤人】

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ