ファーマシューティカルケアのための医療コミュニケーション

ファーマシューティカルケアのための医療コミュニケーション

 

著者名:日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会 監修 東京理科大学薬学部教授 後藤惠子 編集 帝京平成大学薬学部教授 井手口直子 編集

出版社:南山堂

出版年月:2014年03月


書籍

ISBNコード:9784525704513

数量

価格:¥3,780(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1章 基礎編

Ⅰ 社会における薬剤師の役割
1.社会で薬剤師が果たす役割の変遷とコミュニケーション能力の向上
2.なぜ,コミュニケーションは重要か?

Ⅱ コミュニケーションの基礎
3.自己概念と対人認知
4.性格特性を知る─交流分析とエゴグラム─
5.自己の確立─発達段階とその課題─
6.対人関係に影響を及ぼす心理学的要因
7.言語・非言語コミュニケーション
8.接遇の基本
9.コミュニケーションスキルの基礎—①質問
10.コミュニケーションスキルの基礎—②聞く・聴く

Ⅲ コミュニケーションスキルの活用
11.チームビルディング
12.自他尊重のコミュニケーション─自分も相手も生かすコミュニケーションとは?─

Ⅳ 多様性の受容
13.医療における倫理問題
14.価値観の多様性
15.ストレス

2章 臨床編
Ⅰ ファーマシューティカルコミュニケーション
1.なぜ,薬剤師にコミュニケーションは重要か?
2.病いと疾病─患者・薬剤師の解釈モデル─
3.患者情報を得るためのコミュニケーション(一般用医薬品)
4.患者の思いに寄り添うコミュニケーション
5.患者を理解するための評価尺度
6.医薬品情報を伝えるためのコミュニケーション
7.副作用症状の聴取
8.セルフケアの支援に向けて
9.倫理的葛藤とコミュニケーション

Ⅱ 患者理解
10.生活習慣病患者
11.がん患者
12.精神疾患患者
13.高齢者
14.臨床試験の同意説明─治療(診療)と研究の違いをどう説明するか?─
15.クレームマネジメント

Ⅲ 他職種とのコミュニケーション
16.患者本位の医療を目指して─多職種との討議─
17.在宅チームでのコミュニケーション
18.病棟チーム(NSTなど)でのコミュニケーション
19.救急・災害医療でのコミュニケーション
20.統合型学習による臨床コミュニケーション・トレーニング
─ファーマシューティカル・ケアプラン作成を志向したプログラムを例に─
21 キャリアプランニング

ロールプレイ用シナリオ集
1.副作用症状をどう聴取するか?
2.疾患の報告義務と守秘義務とが対立した場合はどのように対応するか?
3.検査データをどう伝えるか?
4.抗がん剤の服用に不安を感じている患者の服薬を支援できるか?
5.退院後も納得して服用を継続してもらえる対応ができるか?
6.どうして血圧はあがったのか?
7.治療と研究の違いをどう伝えるか?
8.クレームへの適切な対応法とは?
9.在宅チームで実際どのようにコミュニケーションを取っていくか?
10.場面に合わせた対応を行うためにはどうするか?
11.意識のない傷病者情報をどのように収集してスタッフに伝えるか?
12.どのように患者へのケアプランを作成するか?

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ