コンパス生化学

コンパス生化学

 

著者名:編集:前田正知/浅野真司

出版社:南江堂

出版年月:2015年01月


書籍

ISBNコード:9784524403097

数量

価格:¥5,184(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I部 生命体の成り立ち
 1章 細胞・組織・器官
  A 細胞:生物の基本単位
   1 細胞
   2 原核生物と真核生物
   3 細胞小器官
   4 膜構造をもたない細胞内構造
  B ヒトの体の成り立ち
   1 ヒトの体の階層性
   2 組織
   3 系
II部 生体成分の構造・機能
 2章 生体成分
   1 生体成分
   2 ヒトの体を構成する元素
   3 主な生体分子
 3章 糖質
  A グルコース:最も大切な糖質
   1 糖質とは
   2 単糖
   3 糖質の名称の付け方
   4 アルドヘキソース
   5 d-グルコース
   6 水溶液中でのd-グルコースの構造
  B グルコース以外の代表的な単糖,二糖
   1 d-グルコース以外の代表的なアルドヘキソース
   2 代表的なケトース,d-フルクトース
   3 その他の代表的な単糖
   4 単糖誘導体
   5 代表的な二糖類
   6 糖の還元性
  C 代表的な多糖
   1 ホモ多糖
   2 ヘテロ多糖
   3 複合糖質
  D 糖質の定性および定量試験法
   1 化学反応を利用した糖質の定性,定量試験法
   2 酵素を用いたグルコースの定量
 4章 アミノ酸・ペプチド
  A アミノ酸の構造と性質
   1 アミノ酸の基本構造
   2 20種類の標準アミノ酸
   3 アミノ酸の種類
   4 アミノ酸の滴定曲線
  B アミノ酸の定性および定量方法
  C ペプチドの構造と生理活性
   1 ペプチドとペプチド結合
   2 ペプチド性ホルモンと生理活性ペプチド
   3 アミノ酸誘導体ホルモン
 5章 タンパク質
  A タンパク質の構造
   1 タンパク質の階層構造
   2 タンパク質の一次構造
   3 タンパク質の二次構造
   4 タンパク質の三次構造
   5 タンパク質の四次構造
   6 タンパク質の高次構造の形成
   7 タンパク質の変性と再生
   8 タンパク質の翻訳後修飾
  B タンパク質の分類と機能
   1 タンパク質の機能による分類
   2 タンパク質の化学組成による分類
   3 細胞骨格を形成するタンパク質の種類と役割
  C タンパク質解析の基礎技術
   1 タンパク質の分離・精製と分子量の測定法
   2 タンパク質のアミノ酸配列決定法
   3 タンパク質の定性・定量試験法
 6章 酵素
  A 酵素
   1 酵素とは
   2 酵素触媒の有利性
   3 酵素の触媒反応のメカニズム
   4 酵素触媒反応の特徴
   5 酵素複合体
   6 酵素の分類と命名
  B 酵素の反応速度論
   1 酵素の反応速度論から何がわかるのか
   2 基質濃度と酵素活性の関係
   3 Km値と酵素活性の関係
  C 酵素活性の阻害
   1 不可逆的阻害
   2 可逆的阻害
  D 酵素反応の制御
   1 酵素の量的な調節
   2 質的な調節
  E 代表的な酵素の測定法と酵素の応用
 7章 核酸・ヌクレオチド
  A 核酸の構成成分
   1 塩基
   2 糖
   3 ヌクレオシド
   4 ヌクレオチド
   5 その他の特殊な塩基,ヌクレオシドを含む重要な化合物
  B DNA,RNAの構造と機能
   1 DNAの基本構造と性質
   2 RNAの基本構造と機能
 8章 ビタミン・金属
  A 水溶性ビタミン
   1 ビタミンB(1チアミン)-補酵素型TPP(チアミンピロリン酸)
   2 ビタミンB(2リボフラビン)-補酵素型FAD,FMN
   3 ビタミンB(6ピリドキシン)-補酵素型PLP,PMP
   4 ビタミンB1(2シアノコバラミン)-補酵素型AdB12,MeB
   5 ビタミンC(l-アスコルビン酸)
   6 ナイアシン(ニコチン酸,ニコチンアミド)-補酵素型NAD+,NADP+
   7 パントテン酸-補酵素型CoA
   8 ビオチン
   9 葉酸-補酵素型THF
  B 脂溶性ビタミン
   1 ビタミンA(レチノール)
   2 ビタミンD(カルシフェロール)
   3 ビタミンE(トコフェロール)
   4 ビタミンK(フィロキノン,メナキノン)
  C 必須微量元素
 9章 脂質
  A 脂質の特徴と分類
   1 脂質の特徴と役割
   2 脂質の分類
   3 脂肪酸
   4 中性脂肪
   5 ろう
   6 リン脂質
   7 糖脂質
  B イソプレノイド
   1 テルペン
   2 ステロイド
  C エイコサノイド
 10章 生体膜と輸送(和田戈虹)
  A 生体膜の構造と性質
   1 生体膜の共通性質
   2 脂質の存在状態と役割
   3 膜タンパク質の存在状態と役割
  B 生体膜を横切る溶質の輸送
   1 受動輸送
   2 能動輸送
   3 膜結合リボソームで合成されるタンパク質の膜透過
   4 核膜孔を通る輸送
  C 膜動輸送(小胞輸送)
   1 エンドサイトーシス
   2 エキソサイトーシス
   3 小胞の細胞内運搬機構
III部 代謝
 11章 異化と同化
   1 自由エネルギー
   2 エンタルピーとエントロピー
   3 標準自由エネルギー変化
   4 異化と同化
   5 エネルギー通貨としてのATP
   6 物質輸送とATP
   7 ADPとATPの量比は細胞のエネルギー状態を示す
   8 ATPが高エネルギー化合物である根拠
   9 食物中の栄養成分の消化・吸収・体内運搬
 12章 糖質代謝
  A 糖質の消化・吸収・体内運搬
  B 解糖系
   1 解糖系の反応
   2 解糖系のエネルギー収支
   3 調節機構
   4 グルコース以外の単糖の解糖系へのエントリー
   5 乳酸発酵とアルコール発酵
  C クエン酸回路
   1 ピルビン酸からアセチルCoAへ
   2 クエン酸回路の反応
   3 調節機構
   4 アミノ酸・脂肪酸の代謝とクエン酸回路
  D 電子伝達・酸化的リン酸化
   1 電子伝達系
   2 酸化的リン酸化によるATPの合成
   3 細胞質NADHのミトコンドリアへの輸送
   4 グルコースの代謝によるATP合成の収支
   5 ATP合成の阻害剤
  E 光合成
  F ペントースリン酸回路
   1 ペントースリン酸回路の反応
   2 NADPHの役割
  G グリコーゲンの機能と代謝
   1 グリコーゲンの機能・構造
   2 グリコーゲンの合成・分解
   3 グリコーゲン代謝の調節
  H 糖新生
   1 糖新生の反応
   2 糖新生の基質
   3 糖新生の調節
  I インスリンとグルカゴン
   1 インスリンとグルカゴン
   2 血糖値の変動とその調節
   3 インスリンおよびグルカゴンによる代謝調節
  J 摂食,吸収時のエネルギー代謝と肥満
   1 摂食,吸収時のエネルギー代謝
   2 肥満
  K 空腹時および飢餓時のエネルギー代謝
   1 飢餓状態のエネルギー代謝
   2 ケトン体の合成と利用
 13章 脂質代謝
  A 脂肪酸の合成・分解とエネルギー代謝
   1 脂肪酸の代謝における位置づけ
   2 脂肪酸の生合成
   3 不飽和脂肪酸の合成
   4 脂肪酸の分解
   5 脂肪酸の運命
   6 β酸化によるエネルギー産生効率
  B コレステロールの生合成と代謝
   1 コレステロールの代謝
   2 コレステロールの生合成
   3 コレステロール量のフィードバック調節
   4 胆汁酸
  C リン脂質の生合成と代謝
   1 リン脂質の生合成
   2 リン脂質代謝産物と生理活性
  D 脂質の吸収と運搬
   1 血漿リポタンパク質
   2 脂質の吸収
   3 リポタンパク質とコレステロールの運搬
   4 脂溶性ビタミンの吸収と運搬
  E ステロイドホルモン
   1 ステロイドホルモン
   2 性ホルモン
   3 副腎皮質ホルモン
  F エイコサノイド
   1 アラキドン酸カスケード
   2 プロスタグランジンとトロンボキサン
   3 ロイコトリエン
 14章 アミノ酸代謝
  A アミノ酸の供給と利用
   1 体内でのアミノ酸の役割と利用
   2 アミノ酸の供給
  B アミノ酸の窒素の代謝
   1 アミノ基転移反応
   2 酸化的脱アミノ反応
   3 尿素回路
   4 アミノ基の運搬
  C アミノ酸の炭素骨格の代謝
   1 アミノ酸代謝とクエン酸回路
   2 ケト原性アミノ酸と糖原性アミノ酸
   3 主なアミノ酸の分解経路
   4 アミノ酸の代謝異常症
  D アミノ酸代謝による生理活性物質の合成
   1 脱炭酸反応による生理活性アミンの生合成
   2 ポルフィリンとヘム代謝
   3 その他の生理活性物質
  E 一酸化窒素(NO)の生合成と役割
   1 一酸化窒素(NO)の生合成
   2 NOの作用機序
   3 NOの生理作用
 15章 ヌクレオチド代謝
   1 ヌクレオチドの生合成
   2 リボヌクレオチドからデオキシリボヌクレオチドへの変換
   3 ヌクレオチドの分解
   4 セカンドメッセンジャーとしてのヌクレオチド誘導体の生成と分解
   5 ヌクレオチド代謝に関わる薬剤
 16章 遺伝情報
  A セントラルドグマ
   1 遺伝情報の実体
   2 セントラルドグマ
  B セントラルドグマの修正
   1 mRNA以外の転写
   2 レトロウイルスと逆転写
   3 インフルエンザウイルスとRNA複製
  C タンパク質の一生
   1 タンパク質の局在
   2 タンパク質の翻訳後修飾と品質管理
   3 タンパク質の分解
 17章 代謝調節(前田正知)
  A 細胞が細胞外からの情報に応答するメカニズム
   1 細胞の情報伝達の基本様式
   2 情報伝達に関わる分子
  B ホルモンの産生臓器,生理作用,分泌調節
   1 ホルモンの産生部位と分泌調節
   2 遺伝子発現を調節するホルモン
   3 カルシウム代謝とホルモン
   4 糖代謝とホルモン
   5 その他のホルモンと作用
  C 水と電解質の恒常性維持
   1 水と電解質の分布
   2 酸塩基平衡
本書で対応する薬学教育モデル・コアカリキュラム一覧
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ