下肢静脈瘤血管内焼灼術

下肢静脈瘤血管内焼灼術

 

著者名:お茶の水血管外科クリニック院長 広川雅之 著

出版社:日本医事新報社

出版年月:2016年03月


書籍

ISBNコード:9784784962013

数量

価格:¥12,960(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

01 血管内焼灼術の歴史
1.血管内焼灼術は古代ローマ時代から?
2.近代の血管内焼灼術
3.日本における血管内焼灼術
4.科学研究費にみる血管内焼灼術
5.EVLTTM? EVLA?
6.保険収載への道
7.ガイドライン策定,実施医,専門医制定
8.ストリッピングから血管内焼灼術へ
02 血管内焼灼術の基礎
1.レーザーについて
2.レーザーによる焼灼メカニズム
3.レーザーの波長とEVLA
4.RFAの焼灼メカニズム
03 静脈瘤はエコーで診断!
1.静脈エコー検査の基礎
2.血管内焼灼術のためのエコー検査
04 血管内焼灼術の適応
1.血管内焼灼術の適応と除外基準
2.ガイドラインの適応決定の経緯
3.血管内焼灼術だから適応!
4.血管内焼灼術だから適応外!
5.注意すべき薬剤
6.注意すべき併存疾患
7.勘違いしないで!
05 血管内焼灼術のテクニック
1.準備が大切
2.術前マーキング
3.エコー下穿刺による静脈アクセス
4.tumescent local anesthesia(TLA麻酔)
5.TLA麻酔の実際
6.焼灼開始部位の決定─どこから焼くの?
7.レーザー焼灼のポイント
8.高周波焼灼
9.術後はどうするの?
06 合併症とその対策
1.大腿部疼痛
2.大腿部皮下出血
3.DVTとEndovenous heat-induced thrombus(EHIT)
4.神経障害
5.皮膚熱傷─恐れる必要はない
6.動静脈瘻
7.その他の稀な合併症
付記 水疱形成
07 EVLAの実際
1.大伏在静脈瘤
2.小伏在静脈瘤
08 RFAの実際
09 この症例をどうする?
1.大伏在静脈瘤
2.小伏在静脈瘤
3.その他の下肢静脈瘤
10 分枝静脈瘤はどうするの?
1.分枝静脈瘤はとるの? とらないの?
2.stab avulsion法とは?
3.マーキング
4.TLA麻酔
5.使用する器具
6.皮膚切開
7.静脈の吊り上げ
8.静脈の牽引
9.部位別の特徴
10.術後処置
11.合併症
12.エコーガイド下stab avulsion法
11 トラブルシューティング
1.適応編
解剖学的要因
その他のトラブル
2.準備編
3.治療編
穿刺
TLA麻酔に関するトラブル
レーザー照射に関するトラブル
4.術後編
術直後のトラブル
翌日〜1週間のトラブル
遠隔期のトラブル
参考資料
1.下肢静脈瘤の治療に必要な医療機器と供給先
2.下肢静脈瘤診療に使用される書類
3.下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ