基礎からしっかり学ぶ生化学

基礎からしっかり学ぶ生化学

 

著者名:山口雄輝

出版社:羊土社

出版年月:2014年11月


書籍

ISBNコード:9784758120500

数量

価格:¥3,132(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

序章 生化学的な視点から捉えた生物のデザイン

1. 生物と無生物を隔てるもの

2. 生命の定義

3. 生化学とは

4. 地球上の多様な生命

5. 生命の基本単位:細胞

細菌
古細菌
真核生物
第Ⅰ部 生体分子の構造と機能

1章 タンパク質の構造と機能

1. タンパク質を構成する20種類のアミノ酸

非極性アミノ酸
極性無電荷アミノ酸
極性電荷アミノ酸
2. タンパク質のフォールディング

ペプチド結合
アンフィンセンのドグマ
フォールディングに寄与する相互作用
分子シャペロン
3. タンパク質の階層的な立体構造

タンパク質の二次構造
タンパク質の三次構造と四次構造
ラマチャンドランプロット
タンパク質のドメイン構造
4. タンパク質の構造と機能の例

コラーゲン
ヘモグロビン
抗体
5. タンパク質の解析方法

クロマトグラフィー
電気泳動
超遠心
タンパク質の一次構造の決定法
タンパク質の立体構造の決定法
2章 核酸の構造と機能

1. 核酸の構成要素


核酸塩基
リン酸
2. DNAとRNAの基本構造

3. DNAの二重らせん構造

その他のDNA二重らせん構造
4. 細胞内のDNAの特徴

超らせん構造
クロマチン構造
5. 遺伝物質としてのDNA

6. RNAの種類,構造,機能

7. 核酸の研究方法

3章 単糖と多糖,脂質と膜

1. 糖質の構造と機能

単糖の構造
単糖の反応性
多糖の構造と機能
糖タンパク質
2. 脂質の構造と機能

脂肪酸
トリアシルグリセロール
リン脂質と糖脂質
ステロイド
3. 生体膜の構造と機能

生体膜の構造
生体膜の動態
膜輸送
シグナル伝達
4章 酵素の反応速度論

1. 化学反応のエネルギー論

ギブズの自由エネルギー変化
ギブズの活性化エネルギー
2. 酵素反応の特徴

酵素の強力な触媒作用
酵素の狭い至適条件
酵素の高い基質特異性
酵素の活性制御
補因子の存在
3. 酵素の反応速度論

ミカエリス-メンテン式の導出
ミカエリス-メンテン式の意味するところ
ラインウィーバー-バークプロット
酵素活性の阻害
ミカエリス-メンテン式の限界
第Ⅱ部 生体分子の代謝

5章 糖代謝1—解糖系と糖新生を中心に

1. 代謝とは何か

2. 代謝を支える役者

ATP
NADHとFADH2
NADPH
補酵素A
3. 解糖系と糖新生

解糖系
糖新生
解糖系と糖新生の調節
4. グリコーゲン代謝

グリコーゲンの合成
グリコーゲンの分解
グリコーゲンの合成と分解の調節
5. ペントースリン酸サイクル

ペントースリン酸サイクルの各段階
解糖系とペントースリン酸サイクルの協調的制御
6章 糖代謝2—クエン酸サイクルと電子伝達

1. 好気呼吸の全体像

アセチルCoAの産生
クエン酸サイクル
電子伝達と酸化的リン酸化
2. アセチルCoAの産生

3. クエン酸サイクル

クエン酸サイクルの各反応
クエン酸サイクルの調節
クエン酸サイクルと生合成
4. 電子伝達と酸化的リン酸化

酸化還元反応の基本事項
電子伝達
酸化的リン酸化
5. 糖代謝のエネルギー収支

7章 光合成

1. 光合成の全体像

2. 明反応

葉緑体
電子のエネルギー準位
集光性複合体と反応中心
光電子伝達
光リン酸化
循環的光リン酸化
3. 明反応のエネルギー収支

4. 暗反応(カルビンサイクル)

5. 暗反応のエネルギー収支

8章 脂質代謝

1. 脂肪酸とトリアシルグリセロールの分解

トリアシルグリセロールの分解
脂肪酸の分解(β酸化)
不飽和脂肪酸や奇数鎖脂肪酸の分解
脂肪酸分解のエネルギー収支
2. 脂肪酸とトリアシルグリセロールの合成

脂肪酸の合成
パルミチン酸合成のエネルギー収支
トリアシルグリセロールの合成
脂肪酸代謝の調節
3. リン脂質と糖脂質の代謝

リン脂質の合成
リン脂質の分解
糖脂質の合成と分解
アラキドン酸カスケード
4. コレステロールの代謝

コレステロールの合成
コレステロール合成の制御
コレステロールの排出
ステロイドホルモンの合成
9章 アミノ酸とヌクレオチドの代謝

1. アミノ酸代謝の全体像

2. アミノ酸プールへのアミノ酸の供給

食事によるアミノ酸の供給
アミノ酸の新規合成
体を構成するタンパク質の分解
3. アミノ酸の消費

体を構成するタンパク質の合成
窒素含有小分子の合成
エネルギー分子の合成
4. 尿素サイクル

5. ヌクレオチド代謝

プリンヌクレオチドのde novo合成
プリンヌクレオチドの分解とサルベージ経路
ピリミジンヌクレオチドのde novo合成
ピリミジンヌクレオチドの分解とサルベージ経路
デオキシリボヌクレオチドの合成
第Ⅲ部 遺伝情報の維持と発現

10章 DNAの複製,修復,組換え

1. セントラルドグマ

2. ゲノムの形と大きさ

3. DNA複製

DNAポリメラーゼ
メセルソンとスタールの実験
ゲノムレベルでのDNA複製
DNA複製の問題点1:トポロジー問題
DNA複製の問題点2:末端複製問題
4. DNA修復

DNA損傷を引き起こす要因
さまざまなDNA修復機構
5. DNA組換え

ホリデイ構造を介した相同組換え
相同組換えによる二本鎖切断修復
11章 転写とRNAプロセシング

1. 遺伝子の定義

2. 転写の基本的なしくみ

転写反応の概要
転写開始
転写伸長
転写終結
3. 細菌の転写制御機構

4. 真核生物の転写制御機構

5. 全ゲノムの視点から見た転写制御

ハウスキーピング遺伝子と誘導性遺伝子
トランスクリプトームとプロテオーム
エピジェネティックな継承
6. mRNAのプロセシング

キャッピング
スプライシング
3′プロセシング
7. rRNAとtRNAのプロセシング

rRNAのプロセシング
tRNAのプロセシング
8. RNA分解

mRNAの半減期
RNA干渉
mRNA監視
12章 翻訳と翻訳後修飾

1. 遺伝暗号表

塩基の置換,挿入,欠失
2. 翻訳にかかわる装置

3. 翻訳の開始,伸長,終結のしくみ

細菌の翻訳開始
真核生物の翻訳開始
翻訳伸長
翻訳終結
4. 遺伝暗号の縮重のしくみ

5. 翻訳の制御

マイクロRNA
翻訳因子のリン酸化
ポリ(A)配列の長さの調節
6. タンパク質の輸送や切断

細菌におけるタンパク質の輸送と切断
真核生物におけるタンパク質の輸送と切断
タンパク質スプライシング
7. 翻訳後修飾

リン酸化
糖鎖付加
脂質修飾
ユビキチン化
その他
8. タンパク質の分解

細胞質で行われるタンパク質分解
リソソームで行われるタンパク質分解
13章 シグナル伝達

1. 細胞による細胞外の情報の感知

2. 受容体と細胞内シグナル伝達:概要

受容体
受容体の活性化が引き起こす反応
細胞内での情報処理
3. 受容体と細胞内シグナル伝達:分類

イオンチャネル型受容体
Gタンパク質共役受容体
酵素型受容体
細胞内受容体
4. シグナル伝達の具体例

MAPキナーゼ経路
筋収縮のシグナル伝達

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ