コメディカルのための邪道な脳画像診断養成講座

コメディカルのための邪道な脳画像診断養成講座

 

著者名:粳間 剛原作

出版社:三輪書店

出版年月:2016年05月


書籍

ISBNコード:9784895905671

数量

価格:¥1,944(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

本編
養成講座第 1回 量の原理とはッ!
養成講座第 2回 MRIの白と黒ッ!
養成講座第 3回 CTの白と黒ッ!
養成講座第 4回 認知症の白と黒ッ!
養成講座第 5回 脳血管障害①梗塞編!
養成講座第 6回 脳血管障害②出血編!
養成講座第 7回 脳血管障害③くも膜下出血編!
養成講座第 8回 脳外傷の白と黒ッ!
養成講座第 9回 脳腫瘍の白と黒ッ!
養成講座第10回 水頭症と脳ヘルニアの白と黒ッ!
養成講座第11回 Treatable dementiaとアイウエオチップスッ!
養成講座第12回 CT/MRIで白黒つかないモノ!:(非器質性)精神疾患編

特別編
養成講座第1.5回 量の原理の補足ッ!
養成講座第2.5回 正常MRIの白と黒ッ!
養成講座第3.5回 正常CTの白と黒ッ!
養成講座第5.5回 MRI―DWIの白と黒ッ!
養成講座第7.5回 MRAの白と黒ッ!
養成講座第8.5回 MRI T2*強調画像とSWIの白と黒ッ!

疾患各論編
脳外傷と量の原理、その事例
 脳外傷例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 36歳男性の脳外傷(びまん性軸索損傷)例:日常生活に見守りを要するケース
 25歳男性の脳外傷例:元の職場へ復職できたケース
認知症と量の原理、その事例(変性疾患例)
 変性疾患例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 81歳男性のアルツハイマー病(認知症発症から3年の経過で全介助になった例)
 72歳男性の前頭側頭型認知症(軽度認知機能障害+進行性非流暢性失語症例)
脳血管性認知症と量の原理、その事例
 脳血管性認知症例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 60歳女性の脳血管性認知症(MCI-mild VaD):術後廃用から回復したケース
 72歳男性の脳血管性認知症(中等度):回復に乏しかったケース
脳梗塞・脳出血(巣症状型)と量の原理、その事例
 脳梗塞(巣症状型)例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 56歳女性(発症時)の脳梗塞7年の経過(右片麻痺が残るもADL自立を維持)
 27歳男性(発症時)の脳出血の経過(左片麻痺が残るも生活自立、復職は困難)
脳腫瘍と量の原理、その事例
 脳腫瘍(巣症状型)例における正常脳の量と社会生活能力との関係
 38歳男性の脳腫瘍例:巣症状があるも早期に復職できたケース
 23歳男性の脳腫瘍例:治療関連の全脳萎縮があり就労不可だったケース
低酸素性脳症と量の原理、その事例
 低酸素性脳症における正常脳の量と社会生活能力との関係
 49歳男性の一酸化炭素中毒による遅発性低酸素脳症:早期復職できたケース
 40歳女性の心肺停止後低酸素脳症(ADL全介助例)
量の原理が使えない事例①くも膜下出血・水頭症・脳ヘルニアなどの圧損傷例
 くも膜下出血+水頭症における正常脳の量と社会生活能力との関係
 73歳女性の脳外傷後の水頭症例(本編養成講座第10回と同一症例)
量の原理が使えない事例②精神疾患
 精神疾患全般における正常脳の量と社会生活能力との関係
 43歳男性のうつ病例:復職困難なケース(外傷歴なし、成長発達歴問題なし)
 36歳男性の注意欠如多動症例:常勤困難なケース(外傷歴なし、成長発達歴問題あり)

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ