看護学生の主体性を育む協同学習

看護学生の主体性を育む協同学習

 

著者名:緒方 巧著

出版社:医学書院

出版年月:2016年05月


書籍

ISBNコード:9784260025201

数量

価格:¥2,808(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I 協同学習法で看護の授業を構造化する
 1 教育方法のパラダイム転換としての協同学習
  ●基礎看護学の教育方法に協同学習法を使うことへの反響
  ●能動的学修行動を引き出すための協同学習
  ●基礎看護技術修得への壁をブレイクスルーするための学習支援
  ●協同学習「ジグソー学習法」との出会い
  ●協同学習の定義(条件)を満たすジグソー学習法
 2 協同学習法を用いた看護学概論の授業展開
  ●新入生の「揺れ」と向き合い授業をつくる
  ●看護学概論の位置づけ,授業展開の目的・方法
  ●協同学習の技法を用いた授業の実際
  ●学生たちの反応
  ●看護学概論を協同学習で展開する意義と課題

II ジグソー学習法を用いた基礎看護技術演習
 1 ジグソー学習法と基礎看護技術演習
  ●ジグソー学習法の概要
  ●基礎看護技術「注射の技術」演習にジグソー学習法を用いる目的
  ●ジグソー学習法を用いた基礎看護技術「注射の技術」の展開例
  ●ジグソー学習法を用いない演習に生じやすい問題
  ●看護師としての資質形成に貢献できる利点
 2 演習授業のまとめに用いた展開例
  ●何のために,なぜ用いるのか
  ●留意点としての「時間の管理」と工夫
  ●ジグソー学習法を「注射の技術」演習授業のまとめに用いた展開例
  ●まとめの時間確保が困難な場合「シンク=ペア=シェア」を使ってみる

III 協同学習法を用いた講義
 1 基礎看護学「人間の健康と環境」の授業展開
  ●集中力にスイッチを入れる授業時のウォーミングアップ
  ●講義にまつわる問題に協同学習法でアプローチする
  ●協同学習法による基礎看護学「人間の健康と環境」の授業
  ●学生の学習活動を設計するレクチャーシートの作成
  ●授業資料のちょっとした工夫と期待
 2 看護過程の授業展開
  ●協同学習を用いた看護過程の授業
  ●授業計画と評価
  ●看護過程に用いる情報収集の枠組み
  ●授業の進め方
 3 アセスメント段階の授業展開
  ●アセスメント段階における導入
  ●演習の展開:シンク=ペア=シェアを用いた演習
  ●アセスメント枠組みNANDA-I分類法IIに基づく情報収集
  ●アセスメントに必要な情報を理解するために
  ●事例が教えてくれるアセスメントに必要な能力
  ●事前学習課題-事例に基づくアセスメント
  ●ノート=テーキング=ペアを用いた演習の展開
  ●ラウンド=ロビンを用いた演習の展開
 4 看護診断・看護計画の授業展開
  ●関連図の理解と書き方の「とっかかり」をつくる
  ●看護問題の優先順位を判断し看護診断名を決定する段階
  ●看護計画立案の段階
  ●看護計画立案の演習

IV 選択科目「協同学習力の探求」
 1 「女性と髪」を題材に協同学習を体験的に学ぶ授業設計
  ●選択科目を履修登録する学生の期待を知る
  ●科目開講の目的
  ●授業のテーマ,概要,目標,評価
 2 具体的な授業展開
  ●初回の授業スタート時にクラス仲間と触れ合い知り合う
  ●学生個々の点を線でつなぎ,面に広げる話題提供「2分間スピーチ」
  ●人間(自分)の発達と髪-協同学習の技法「ビッグイベント」
  ●発想の扉を開く思考-マインドマップ
  ●同じ結論でもディスカッションを通して理由の多様さを知る
 3 ジグソー学習法を用いた「女性と髪」の探求
  ●テーマを決めて探求を始めるカウンターパート・セッションの段階
  ●ジグソー・セッションによる発表の段階
  ●協同学習の技法-建設的討論法の展開

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ