介護老人保健施設の作業療法

介護老人保健施設の作業療法

 

著者名:新井健五編著

出版社:医歯薬出版

出版年月:2016年07月


書籍

ISBNコード:9784263217344

数量

価格:¥6,048(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

 はじめに
第1章 介護老人保健施設における基礎知識
 1 介護老人保健施設とは(新井健五)
  (1)介護老人保健施設の成り立ち
  (2)介護老人保健施設の目的
  (3)介護老人保健施設の存在意義
 2 介護保険制度からみる介護老人保健施設(土井勝幸)
  (1)介護保険制度の概要
  (2)介護保険サービスの種類
  (3)介護老人保健施設の持つ機能
  (4)介護老人保健施設における各職種の役割と連携
 3 介護老人保健施設利用者の特性(長倉寿子)
  (1)高齢者の主要な疾患と一般的特徴
  (2)老年症候群
  (3)要介護状態
  (4)生活期における高齢者のQOL
 4 生活モデルの理解(新井健五)
  (1)医学モデルの考え方
  (2)生活モデルの基本的考え方─環境との相互作用で理解し介入する
  (3)生活モデルの基本的考え方─カンファレンスの重要性
  (4)生活モデルの基本的考え方─「生きる満足度」という考え方
  (5)医学モデルと生活モデルの関係
  (6)生活モデルの目標─「自立」と「自立支援」
  (7)生活モデル実践とICFの視点
  (8)「できること」と「できないこと」
  (9)「したいこと」と「したいけど,できないこと」
  (10)さいごに
 5 ICF(長倉寿子)
  (1)高齢者の生活機能
  (2)国際生活機能分類
  (3)高齢者の「生活モデル」に基づくゴール設定
  (4)高齢者の生活機能を向上させるためのリハビリテーション
 6 地域包括ケアと介護老人保健施設(土井勝幸)
  (1)地域包括ケアシステムの全体像
  (2)地域包括ケアシステムにおける介護老人保健施設の課題と展望
 7 介護老人保健施設に求められる役割(茂木有希子)
  (1)介護老人保健施設の理念と役割
  (2)介護老人保健施設の医療的側面
  (3)在宅生活支援
  (4)認知症への取り組み
 8 介護老人保健施設における施設ケアマネジメントの理解と作業療法の関わり
  (1)施設ケアマネジメントの必要性(新井健五)
  (2)ケアマネジメントの本来的意味(新井健五)
  (3)「ケア」とは何か?─ケアの本質的理解(新井健五)
  (4)「チームワーク」とは何か?(新井健五)
  (5)介護保険制度におけるケアマネジメントとは(新井健五)
  (6)介護老人保健施設における施設ケアマネジメントの理解(新井健五)
  (7)“本来の介護老人保健施設“における“本来のケアマネジメント”のためのR4システム(安藤 繁)
 9 介護老人保健施設におけるリスクマネジメント(茂木有希子)
  (1)リスクマネジメントとは
  (2)身体拘束・抑制の考え方
  (3)リスクマネジメントと作業療法的視点
  (4)ヒューマンエラーと労働環境の整備
  (5)リスクマネジメントの原点
  (6)まとめ
 10 介護老人保健施設のリハビリテーションに求められる(果たすべき)役割(新井健五)
  (1)介護老人保健施設の果たすべき役割と,そのためにリハビリテーションに求められること
  (2)生活期リハビリテーションと自立支援型介護の実現
  (3)ケアとリハビリテーションとの関係
  (4)自立支援型介護(自立支援型ケアマネジメント)実現のキーマンとしてのリハスタッフ
  (5)在宅復帰支援に資するリハビリテーションのあり方とリハスタッフに求められる役割
  (6)「自分がこの利用者を面倒見ることになったら」という視点の大事さ
  (7)家族との接点を大事に
  (8)ADL・IADL支援の質の向上を図るために
  (9)介護老人保健施設におけるIADL支援の考え方
  (10)生活動作を分析的に捉える
  (11)訪問指導で求められること
  (12)在宅復帰がすべてではない
  (13)在宅復帰という「結果」が目的ではない
  (14)さいごに─原点(再)確認─
  (15)まとめとして
 11 介護老人保健施設の作業療法士に求められる役割と発揮できる力(長倉寿子)
  (1)高齢者の生活機能の把握
  (2)「活動」「参加」を支える
  (3)本人・家族を含めたチームケア
  (4)地域全体で要介護高齢者を支える体制整備への参画
第2章 介護老人保健施設の作業療法の考え方
 1 介護老人保健施設の作業療法の実際(浅野有子)
  (1)介護老人保健施設の作業療法の流れ,専門性の発揮へ向けて
  (2)介護老人保健施設の作業療法の対象と医療職としての役割
  (3)介護度に応じた個別機能訓練と生活機能向上
  (4)リハビリテーションマネジメント・短期集中リハビリテーション
  (5)施設ケアプランと作業療法
  (6)具体的な事例を通して
  (7)地域包括ケアの資源として
  (8)個別機能訓練の考え方
  (9)地域生活移行支援
 2 入所から地域までの時期別作業療法の役割(浅野有子)
  (1)入所前の作業療法士の役割
  (2)入所時の作業療法士の役割
  (3)初動期(入所から3か月)の作業療法士の役割
  (4)入所継続判定・地域生活移行支援における作業療法士の役割
  (5)退所時の作業療法士の役割
  (6)地域生活継続に対する作業療法士の役割
 3 個別機能訓練の実際(浅野有子)
  (1)個別機能訓練とは
  (2)基本練習の例
  (3)応用練習の例
  (4)社会適応練習の例
  (5)まとめ
 4 介護老人保健施設における認知症の作業療法の考え方(新井健五)
  (1)「よくする施設」としての認知症リハビリテーション
  (2)認知症が「よくなる」とは
  (3)認知症リハビリテーションの前に大事なこと
  (4)さいごに
 5 在宅復帰支援のための作業療法の考え方(茂木有希子)
  (1)R4システムと在宅復帰
  (2)在宅復帰とはどういうことか
  (3)作業療法士の立場で行えること
  (4)在宅復帰を左右する要因
  (5)認知症の場合の在宅復帰
 6 在宅生活支援のための作業療法の考え方(中山大樹,土井勝幸)
  (1)はじめに
  (2)サービスの特色とは?
  (3)作業療法の展開
  (4)モデルケース
 7 地域連携の必要性と作業療法の関わり(中山大樹,土井勝幸)
  (1)はじめに
  (2)介護老人保健施設のOTの特性を活かす
  (3)そもそも連携ってなんだろう?
  (4)モデルケース
  (5)場の共有の重要性
  (6)伝える内容の組み立て方
  (7)聞き方・伝え方のコツ
 8 介護老人保健施設での看取りと作業療法の関わり(茂木有希子)
  (1)介護老人保健施設で看取りを行う意味
  (2)生活の場での看取り
  (3)看取りを行うスタッフに欠かせない3つの「知る」
  (4)3つの「知る」の後に続く行動
  (5)人生の最終段階(=終末期)で行うことは何か
  (6)認知症など意思の疎通の困難な場合での看取り
  (7)Art of Lifeとしての看取り
  (8)看取りを終えた後に行うこと
第3章 作業療法の実践事例
 1 「夫婦で暮らしたい」を支援する作業療法(中山大樹,土井勝幸)
  (1)はじめに
  (2)事例紹介
  (3)おわりに
 2 地域で支える,チームで支える?多職種協働とチームリハビリテーション?(柏川晴香)
  (1)はじめに
  (2)「足を強くして家に帰るんだ!」─在宅移行期のリハビリテーション支援
  (3)「自分らしい生き方」を支える─在宅継続期の地域生活支援
  (4)「うちの米を食べてくれよ!」─ターミナル期の支援,そして別れ
  (5)事例を振り返って─介護老人保健施設でのチームリハビリテーション
  (6)おわりに
 3 施設入所後に激しいBPSDが出現した方へのチームアプローチと作業療法士の関わり(石井利幸)
  (1)はじめに
  (2)ATDの人の主観的世界の推察
  (3)事例紹介
  (4)作業療法評価
  (5)おわりに
 4 介護老人保健施設における認知症対象者に対する取り組み事例(重度症例)(山本江吏子)
  (1)はじめに
  (2)事例紹介
  (3)認知症高齢者への行動観察の重要性
  (4)認知症高齢者の評価の難しさ
  (5)ユニットケア
  (6)在宅復帰とは
  (7)まとめ
 5 主体性を引き出し,地域参加へつなげるアプローチ(宮部伸子)
  (1)はじめに
  (2)事例紹介
  (3)考察
 6 グループ活動やイベントの企画運営に作業療法士が関わる意義(佐藤由子)
  (1)はじめに
  (2)何もないところからの出発
  (3)疾患別グループから嗜好別へ
  (4)リハ職の増員と個別重視の制度で
  (5)グループ活動を行う意義
  (6)イベントと地域活動への参加
  (7)OTとしてグループ活動に関わるうえでの課題
 7 介護老人保健施設から地域への取り組み(四方秀人)
  (1)はじめに
  (2)地域包括支援センター
  (3)OTが関わる地域包括支援センター施策?介護老人保健施設三川しんあい園の場合
  (4)地域リハビリテーションの理解と協働のまとめ
 8 地域とつながる作業療法のちから?役割・生きがいの支援?(北岡裕也)
  (1)はじめに
  (2)ハーモニカ演奏という作業
  (3)靴下の輪っかでつながる地域の輪
  (4)まとめ
 9 多職種協働を実践する作業療法のちから?うまみ大作戦?(上田章弘)
  (1)はじめに
  (2)一緒にやろう!
  (3)みんなでやろう!
  (4)褒めていこう!
  (5)まとめ
 10 介護老人保健施設における実習生との協働事例(浅野有子)
  (1)はじめに
  (2)事例を通して
  (3)事例のまとめとその後
  (4)実習生も支援の資源・コラボレートして介護老人保健施設のリハビリテーションを盛り上げよう!
 11 生活行為向上マネジメントを活用した事例(渡邊基子)
  (1)はじめに
  (2)生活行為向上マネジメント
  (3)事例紹介
  (4)まとめ
 12 自宅での生活を想定した介護老人保健施設での取り組みが奏功した事例(児玉 努)
  (1)[R─1](各種アセスメント)
  (2)支援経過
  (3)考察
 13 排泄自立に向けたアプローチによりケアハウスへの入所に至ったケース(今西里佳)
  (1)尊厳を守る排泄へのアプローチ
  (2)事例提示
  (3)作業療法評価・実施計画
  (4)治療・指導・援助
  (5)経過
  (6)まとめ・考察
 14 介護老人保健施設で看取りに関わった事例(茂木有希子)
  (1)はじめに
  (2)施設での看取り
  (3)自宅での看取り
  (4)最期まで関われなかった看取り
  (5)おわりに
第4章 今後の展望(まとめにかえて)
 1 介護老人保健施設の作業療法の発展へ向けて(新井健五)
  (1)はじめに
  (2)「在宅へ帰る」「在宅で暮らし続ける」ための作業療法の標準化
  (3)「自立の支援」と「尊厳の保持」を支援する作業療法実践の充実化
  (4)終末期への取り組みの充実化
  (5)認知症のリハビリテーションの充実化
  (6)“地域に根ざしたリハビリテーション施設”としての取り組みの充実化
  (7)マネジャーとしての役割や機能の発揮
  (8)通所リハビリテーションと訪問リハビリテーションの充実化
  (9)さいごに

 コラム
  ICFの考え方をチームケアに活かすために─リハ職(OT)に求められる役割
  生活=ADL?
  介護老人保健施設における地域へ向けての研修活動等で果たすべきリハスタッフの役割
  “わくわく”
  『生活』に向かい合えるリハ職となれるように─当施設における作業療法実習生の
  介護体験実習事例を通じて─

 巻末付録1 介護報酬の算定構造(抜粋)
 巻末付録2 介護老人保健施設におけるケアマネジメント?R4システムの概要?
  (1)R4システムの概略(折茂賢一郎)
  (2)ICF Staging(大河内二郎)
  (3)リハビリテーションにおけるICF Stagingの応用(大河内二郎)
  (4)社会参加の評価(大河内二郎)

 Index

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ