地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステム

スーパー総合医 

著者名:専門編集:太田秀樹(医療法人アスムス) , 総編集:長尾和宏(長尾クリニック )/監修:垂井清一郎(大阪大学名誉教授)

出版社:中山書店

出版年月:2016年07月


書籍

ISBNコード:9784521739069

数量

価格:¥10,260(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1章 地域包括ケアシステム構築への社会的背景
 超高齢社会と人口構成比 (鬼頭 宏)
 疾病構造の変化 (飯島勝矢)
 家族の変化と在宅ケアの可能性 (袖井孝子)
 病院医療の役割─入院医療の可能性と限界
  高度医療を担う病院の役割 (谷水正人)
  地域医療を担う病院の役割 (小川聡子)
 障害者と医療 (堀田富士子)
 医療のパラダイムシフト (三浦久幸)
 市民の意識の変化-長寿から天寿へ (山﨑一洋)
 地域居住(エイジング・イン・プレイス)-施設のパラダイムシフト (松岡洋子)

2章 地域包括ケアシステムの概念─5 つの領域の役割
 医療の視点から
  協力病院の役割 (三浦久幸)
  有床診療所の役割 (長縄伸幸)
  在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院の役割 (新田國夫)
 介護の視点から
  介護保険施設の役割 (大河内二郎)
  介護サービス事業所の役割 (境野みね子)
  居宅介護支援事業所の役割 (服部万里子)
  訪問看護ステーション・訪問介護事業所の役割 (上野幸子)
 生活支援の視点から
  高齢者在宅医療を中心に (増子忠道)
 予防・医療の視点から
  ロコモティブシンドローム対策を中心に (中村耕三)
 住まいの視点から
  高齢者施設・住宅の現状と展望 (網谷敏数)

3章 地域包括ケアシステムを牽引する法制度
 医療介護総合確保推進法 (佐々木昌弘)

4章 地域包括ケアにおける多職種協働
 かかりつけ医としての役割-多職種協働・地域連携のための情報共有 (荒井康之)
 医師の立場からみた多職種連携の実際 (白髭 豊)
 歯科医療従事者の立場から (原 龍馬)
 訪問看護師の役割 (佐藤美穂子)
 薬剤師の役割 (大澤光司)
 リハビリテーション専門職の役割-高齢者・脳卒中を中心に (長谷川幹)
 多職種連携によるケアチームの育成 (鷲見よしみ)
 管理栄養士の役割 (奥村圭子,和田忠志)

5章 地域包括ケアにおける地域連携(行政・組織・団体)
 日本医師会-かかりつけ医と在宅医療 (鈴木邦彦)
 国立長寿医療研究センターの取り組み (三浦久幸)
 保健所 (緒方 剛)
 日本在宅ケアアライアンス (和田忠志)
 全国在宅療養支援診療所連絡会と全国在宅医療医歯薬連合会 (和田忠志)
 全国在宅療養支援歯科診療所連絡会 (原 龍馬)
 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 (大澤光司)

6章 地域包括ケアの実践
 長崎在宅Dr.ネット(長崎市) (白髭 豊)
 チームドクター5 ファイブの挑戦(京都府乙訓地域) (横林文子)
 稲城市(東京都)の取り組み (石田光広)
 在宅看取りの実際 (谷田憲俊)

付録〈対談〉 地域包括ケアシステムの現状と展望 (髙橋紘士×太田秀樹)

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ