看護師に役立つ レポート・論文の書き方 第4版

看護師に役立つ レポート・論文の書き方 第4版

 

著者名:髙谷 修

出版社:金芳堂

出版年月:2016年09月


書籍

ISBNコード:9784765316873

数量

価格:¥2,376(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1章 文章の基本(3段・常体文・1文40字・初めに結論)
 1 文章は3段落構成で書く
 2 文章は,まず結論を第1文に書く
 3 論文は常体文で書く
 4 1文は40字程度で書く
 5 その他の留意点
2章 文章を書く意義
 1 書く前の3段階
 2 文章を書く意義
 3 課題としてレポートを書く意義
 4 小論文を書く意義
 5 課題レポートの書き方
 6 書くことは対話である
3章 読点・漢字・仮名の基準
 1 読点の打ち方に基準はない
 2 漢字使用の基準 
 3 「仮名遣い」と「送り仮名」の基準
4章 良い文章の秘訣
 1 自分を他者の立場に置いて書く
 2 体験を言語に翻訳する
 3 その他の良い論文の要素
 4 推敲能力を高める
5章 看護観「患者に提供する援助」
 1 看護観には看護体験を書く
 2 全体の構成の仕方(題・第1文・体験・引用文・看護師の役割)
 3 看護観の例
 4 主な看護理論家と理論
 5 「看護」と「看護観」
6章 看護研究と事例研究
 1 看護研究と文章力
 2 事例研究(ケーススタディ)
 3 調査研究(リサーチ)
 4 実験研究
 5 その他の研究
7章 不適切な専門用語
 1 三大誤語(体位交換,熱発,中心静脈栄養)
 2 四大不快語(指摘,対象,コンプライアンス,指示)
 3 三大避語(声かけ,してもらう,させる)
 4 三大不適切語(断定,疑問文,文語)
 5 省略文字を使用する場合の注意点
 6 専門用語使用上の注意点
 7 表記の問題
 8 その他に気を付ける表記
8章 物件化の克服と文章力
 1 日本語は「人を物扱いしない」特質がある
 2 ヨーロッパ言語では,物と人を区別しない
 3 人間の物件化とその克服の歴史
 4 敬語と物扱い
 5 ブーバーの対話とジュラードの自己開示
9章 美しい文章
 1 美しい行為
 2 看護における美しい行為
10章 付録―小論文と記録の留意点
 1 事例研究の要約
 2 診療情報の開示と看護記録
 3 苦手意識は克服できる
 4 論文の例
 5 記録を書く際の留意点
 6 「診療情報の提供等に関する指針」
【FOOTSTEP】
 ・「三分節」は文章指導にも役立つ  
 ・文章力は向上できる  
 ・看護観を確立する  
 ・良い体験が良い文章になった
 ・達成感があった  
 ・苦手意識が無くなった 
 ・使用しない根拠を示す  
 ・物扱いでなく人扱いで書く  
 ・美しい文章が課題  
 ・今までにない達成感  
【挿話】
 ・推敲の目
 ・こぼれ話 不適切用語  
 ・NOTE 評価のない教育 

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ