食べ物と健康 食品の加工 増補

食べ物と健康 食品の加工 増補

 

著者名:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 監

出版社:南江堂

出版年月:2016年12月


書籍

ISBNコード:9784524256075

数量

価格:¥2,592(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 食品の加工
 A.食品加工の意義・目的
  1 可食化
  2 安全性の確保
  3 嗜好性の確保
  4 栄養性・機能性の向上
  5 保存性の向上
  6 利便性・簡便性の付与
  7 経済性の改善
第2章 食品の表示と規格基準
 A.食品の表示の種類と規格基準
  1 期限表示
  2 成分表示
  3 品質表示に関する基準
 B.健康や栄養に関する表示の制度
  1 栄養表示制度
  2 保健機能食品制度
  3 機能性表示食品
  4 特別用途食品
  5 いわゆる健康食品の概略
 C.基準
  1 食品一般の規格基準
  2 JAS法に基づく食品の規格
第3章 食品流通・保存と栄養
 A.生産条件と栄養
  1 生産地と栄養成分
  2 収穫時期と栄養成分
  3 栽培条件と栄養成分
 B.食品流通の概略・・・・・・太田英明
  1 食品の特性・品質と流通
  2 食品流通の特徴
  3 主な食品の流通
 C.保存による栄養成分の変化とその制御
  1 呼吸と蒸散
  2 酵素による成分変化
  3 酸化
 D.環境条件による食品・栄養成分変化
  1 温度
  2 水分
  3 空気組成,ガス環境
  4 pH
  5 光
 E.食品保存の方法
  1 低温による保存
  2 水分活性の調節による保存
  3 空気組成の調節による保存
  4 pH低下による保存
  5 食品照射による保存
  6 燻煙による保存
  7 食品添加物による保存
  8 殺菌による保存
 F.各食品の保存上の特徴
  1 穀類
  2 いも類
  3 野菜・果実
  4 食肉
  5 魚介類
第4章 食品加工と栄養,加工
 A.食品加工の方法
  1 物理的操作
  2 化学的操作
  3 生物学的操作
 B.食品加工にともなう食品・栄養成分の変化
  1 物理的変化
  2 化学的変化
  3 生化学的変化
  4 生物的変化
 C.食品成分間反応
  1 成分間反応による食品特性の変化
  2 代表的な食品成分間反応
  3 成分間反応によるたんぱく質や色素の変化
第5章 植物性食品の栄養と・加工
 A.穀類
  1 米
  2 小麦
  3 とうもろこし
  4 その他の穀類
 B.いも類
  1 じゃがいも
  2 さつまいも
  3 こんにゃくいも
  4 その他のいも類
 C.豆類,種実類・・・・・・・岩井邦久
  1 大豆加工食品
  2 大豆以外の加工食品
  3 種実類
 D.野菜類,きのこ類
  1 漬物
  2 トマト加工品
  3 ウスターソース類
  4 野菜ジュース
  5 乾燥野菜
  6 きのこ類の加工品
 E.果実類
  1 ジャム類
  2 果実飲料
  3 砂糖漬け
  4 缶詰・びん詰
  5 乾燥果実
  6 冷凍果実
 F.藻類
  1 藻体の加工食品
  2 成分抽出利用
第6章 動物性食品の栄養と・加工
 A.肉類
  1 食肉の加工方法
  2 ハム,ベーコン類
  3 ソーセージ類
  4 プレスハム
  5 熟成加工食肉類
  6 ハンバーガーパティ類
  7 缶詰,乾燥食肉類
 B.魚介類
  1 水産加工品の特徴
  2 水産加工品
 C.乳類
  1 牛乳および乳製品の種類
  2 飲用乳
  3 発酵乳・乳酸菌飲料
  4 練乳
  5 粉乳
  6 クリーム
  7 アイスクリーム類
  8 バター
  9 チーズ
 D.卵類
  1 鶏卵の一次加工品
  2 鶏卵の二次加工品
第7章 油脂,調味料,香辛料,嗜好飲料の栄養と加工
 A.食用油脂
  1 油脂の分類
  2 植物油脂
  3 動物油脂
  4 加工油脂
 B.甘味料
 C.調味料
 D.香辛料
  1 香辛料抽出と製造法
  2 発酵と主要化学成分
  3 加工香辛料
 E.嗜好飲料
  1 緑茶類
  2 ウーロン茶
  3 紅茶
  4 コーヒー
  5 ココア
  6 その他
第8章 微生物利用食品,その他の食品の栄養と加工
 A.微生物利用食品
  1 アルコール飲料
  2 発酵調味料
  3 その他の微生物利用食品
 B.その他の食品
  1 調理済み食品
  2 冷凍食品・チルド食品
第9章 器具と容器包装
 A.容器の材料・形態
  1 容器の材料
  2 容器の形態
 B.包装による食品・栄養成分の変化
  1 重量変化
  2 味および栄養価の変化
 C.包装による品質変化
  1 色調変化
  2 におい変化
 D.素材による環境汚染
  1 内分泌攪乱化学物質
  2 容器リサイクル
参考図書
練習問題解答
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ