日本臨牀75巻10号(通巻第1128号)

日本臨牀75巻10号(通巻第1128号)

うつ病―基礎・臨床の最新知見―

 

著者名:

出版社:日本臨牀社

出版年月:2017年10月


雑誌

雑誌コード:-

数量

価格:¥2,916(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

☆カラー図説:脳画像研究から見たうつ病 柴崎 千代 1472
I.総 論
 1.うつ病概念の変遷と現在 野村 総一郎 1477
 2.うつ病の疫学 立森 久照 1483
 3.うつ病診療における課題と展望 中村  純 1488
II.基礎研究
 1.ケタミンの抗うつ効果における
            BDNF‐TrkB‐mTORC1シグナルの役割 橋本 謙二 1492
 2.うつ病と炎症 門司  晃 1497
 3.うつ病の血液バイオマーカー 沼田 周助 1502
III. うつ病の検査・診断と鑑別診断
 1.うつ病の検査・診断 野田 隆政 1508
 2.うつ病と鑑別すべき疾患 阿部 隆明 1513
IV.うつ病の治療
 1.日本うつ病学会「うつ病の治療ガイドライン」のポイント
  (1)軽症うつ病 坪井 貴嗣 1519
  (2)中等症・重症うつ病~精神病性うつ病を含めて~ 小笠原一能 1525
 2.うつ病の薬物療法 大坪 天平 1531
 3.うつ病の精神療法
  (1)森田療法 中村  敬 1537
  (2)うつ病に対する認知行動療法 満田  大 1542
  (3)対人関係療法:IPTの最新知見から 宗  未来 1548
 4.ニューロモデュレーション療法:経頭蓋磁気刺激 鬼頭 伸輔 1556
5.リワークプログラムの治療的効果 五十嵐良雄 1562
 6.自殺予防対策における精神保健の重要性 稲垣 正俊 1569
V.ライフステージとうつ病
 1.児童期・青年期のうつ病 傳田 健三 1575
 2.老年期 馬場  元 1582
VI. 特 論
 1.職場のメンタルヘルス問題にどのように対処すべきか 浜口 伝博 1590
 2.アルコール使用障害とうつ病 辻野 華子 1596
 3.うつ病と睡眠 清水 徹男 1601
 4.うつ病に対する脳深部刺激療法 高宮 彰紘 1606
 5.抗うつ薬の開発状況
    -グルタミン酸神経系をターゲットとしたアプローチ- 茶木 茂之 1612

以上

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ