ケースブック臨床倫理

ケースブック臨床倫理

救急・集中治療

 

著者名:氏家良人、前田正一

出版社:克誠堂出版

出版年月:2018年02月


書籍

ISBNコード:9784771904958

数量

価格:¥3,780(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第I章 終末期
1 自殺を図り終末期に至った症例の治療中止(石川雅巳)
2 心不全における経皮的人工心肺装置装着例の終末期と延命処置の中止(野々木宏)
3 長期透析患者の脳梗塞による終末期の透析継続の是非(貝沼関志)
4 交通外傷による重篤な脳障害、頸髄損傷への対応(橋本圭司)
5 小児の急性脳症による重篤な全脳浮腫症例における終末期の対応(植田育也)
第II章 DNAR
6 心肺停止で搬送された高齢者に対する心肺蘇生術施行について(則末泰博)
7 高齢者の肺炎症例におけるDNAR(澤村匡史)
8 POLSTやリビング・ウィルでDNARを希望している神経萎縮性側索硬化症患者のDNAR(丸藤 哲)
第III章 治療拒否、差し控え
9 幼児外傷性ショック症例における両親の宗教的理由による輸血拒否(木下順弘)
10 宗教的輸血拒否患者に対するインフォームド・コンセント(田村高志)
11 高齢者糖尿病患者の出血性ショックによる慢性腎不全の悪化(公文啓二)
12 精神疾患を有する若年者の自殺企図による心肺停止患者に対する集中治療の是非(堀 智志、木下浩作)
第IV章 診療関連死
13 医療事故後1週間目の死亡症例(美馬裕之)
14 気管チューブ自己抜去後の心肺停止(氏家良人)
15 異型輸血後の心肺停止(橋本圭司)
16 緩和医療施行による心肺停止(藤野裕士)
第V章 死亡診断書・死体検案書
17 自殺企図後、1ヶ月後に死亡した症例(則末泰博)
18 心肺停止で搬入され、蘇生できなかった症例(美馬裕之)
第VI章 臓器移植
19 脳死とされうる状態の患者のオプション提示(田村高志)
20 脳死判定後の移植拒否患者の治療中止(澤村匡史)

略 語
DNAR(do not attempt resuscitation)
POLST(physician orders for life-sustaining treatment)

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ