急性肝不全・急性腎傷害・代謝異常

急性肝不全・急性腎傷害・代謝異常

救急・集中治療アドバンス 

著者名:森松博史 編

出版社:中山書店

出版年月:2018年02月


書籍

ISBNコード:9784521743349

数量

価格:¥10,800(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

1章 急性肝不全の病態
 1-1 劇症肝炎 (徳田賢太郎)
  1 劇症肝炎の定義,診断基準
  2 劇症肝炎の成因
  3 劇症肝炎発症のメカニズム
  4 劇症肝炎の臨床像
  5 劇症肝炎の管理
 1-2 ウイルス性肝炎 (田村純人)
  1 ウイルス性肝炎の疫学
  2 ウイルス性肝炎の診断
  3 ウイルス性肝炎の臨床症状
  4 臨床検査
  5 鑑別診断
  6 治療
  7 肝炎ウイルス感染による肝炎
  8 肝炎ウイルス以外のウイルス感染による肝機能障害
 1-3 薬物性肝障害 (池田房雄)
  1 薬物性肝障害の起因薬物
  2 薬物性肝障害の発症機序
  3 薬物性肝障害の診断
  4 薬物性肝障害の病理所見
  5 薬物性肝障害の治療
 1-4 術後肝不全 (永山 稔,竹政伊知朗)
  1 術後肝不全の病態
  2 術後肝不全の定義
  3 術後肝不全を予防する対策
  4 術後肝不全に対する治療
 1-5 肝機能評価 (篠田昌宏,黒田達夫,北川雄光)
  1 肝機能に関連する血液検査
  2 肝機能評価に用いられる画像検査
  3 肝予備能評価法
  4 慢性・急性肝不全別の肝機能評価
  5 今後の課題

2章 急性肝不全の治療
 2-1 急性肝不全に対する薬物療法 (松﨑 孝,森松博史)
  1 急性肝不全の分類
  2 急性肝不全の診断と治療
  3 急性肝不全における臓器別の臨床症状と対処法
  4 劇症肝炎の薬物療法:病態からのアプローチ
  5 急性肝不全の薬物療法:臓器障害の観点から
 2-2 急性肝不全に対する人工肝補助療法(ALS) (今泉 均)
  1 ALSの目的
  2 on-line HDF,high flow CHDFの役割
  3 血漿交換(PE)の役割
  4 急性肝不全に対するALSの実際
  5 ALSの限界と今後の展望
 2-3 急性肝不全に対する肝移植 (篠田昌宏,黒田達夫,北川雄光)
  1 急性肝不全に対する肝移植
  2 肝移植の実際:症例提示
  3 急性肝不全に対するABO血液型不適合成人生体肝移植
  4 今後の課題

3章 急性腎傷害の定義・診断
 3-1 急性腎傷害(AKI)の定義 (高折佳央梨,内野滋彦)
  1 歴史的背景:RIFLE分類,AKIN分類,KDIGO分類
  2 sCrおよび尿量によるAKI定義の現状
  3 今後の課題
 3-2 AKIの病因分類 (松浦 亮,野入英世)
  1 AKIの病因
  2 腎前性AKI
  3 腎性AKI
  4 腎後性AKI
 3-3 AKIのバイオマーカー (森 潔)
  1 代表的なAKIのバイオマーカー
  2 バイオマーカーによるAKIの早期診断
  3 バイオマーカーによるAKIの重症度および生命予後の予測
  4 臨床介入試験へのAKIバイオマーカーの応用
  5 今後の課題
 3-4 AKI診療ガイドラインのポイント (堀野太郎,寺田典生)
  1 日本版AKI診療ガイドライン作成までの経緯
  2 各章(CQ)のポイント

4章 急性腎傷害の治療
 4-1 AKIに対する血液浄化法の考え方 (森山和広,西田 修)
  1 血液浄化法の基礎知識
  2 CH(D)Fによるサイトカインの除去
  3 CH(D)F中の抗菌薬投与の基本的考え方
  4 CH(D)F中の栄養成分の喪失と投与量の基本的考え方
 4-2 AKIに対する血液浄化療法の開始と中止 (清水一好,森松博史)
  1 現行のガイドライン
  2 開始基準
  3 中止基準
 4-3 AKIに対する血液浄化療法の浄化量 (村田真理絵,長谷川正宇,河原﨑宏雄)
  1 血液浄化療法における浄化量とは
  2 浄化量とAKIの予後の関係
  3 日本における浄化量
 4-4 特殊な腎代替療法-小児の血液透析と腹膜透析 (小椋雅夫,石倉健司)
  1 小児の特殊性
  2 急性血液浄化療法の適応
  3 小児における血液透析
  4 小児における腹膜透析
 4-5 AKI患者の栄養管理 (矢田部智昭)
  1 集中治療患者における栄養管理
  2 AKI患者の栄養管理
  3 集中治療患者における血糖管理
 4-6 AKIにおける利尿薬の投与 (土井研人)
  1 尿量減少とAKI
  2 AKIにおける体液過剰
  3 AKIにおける利尿薬投与の是非
  4 ループ利尿薬
  5 ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド(hANP)
 4-7 AKIに対する血管作動薬の効果 (小坂順子,森松博史)
  1 ドパミン
  2 ノルアドレナリン
  3 バソプレシン
 4-8 小児におけるAKI (綾 邦彦)
  1 小児AKIの疫学
  2 小児AKIの診断
  3 小児AKIの治療
 4-9 高齢者におけるAKI (佐々木 環,城所研吾)
  1 高齢者におけるAKIの疫学
  2 加齢による腎臓の変化
  3 高齢者におけるAKIの原因
  4 高齢者におけるAKIの診断:AKIの臨床経過の把握
  5 高齢者におけるAKIの短期予後と回復後の経過
  6 高齢者AKIの治療戦略
  7 治療の倫理的側面と問題
  8 今後の課題

5章 電解質・代謝異常
 5-1 ナトリウム異常 (行岡秀和)
  1 低ナトリウム血症(hyponatremia)
  2 高ナトリウム血症(hypernatremia)
 5-2 カリウム異常 (岡元和文)
  1 低カリウム血症(hypokalemia)
  2 高カリウム血症(hyperkalemia)
 5-3 糖尿病:急性期血糖管理 (松田直之)
  1 糖尿病管理の概念
  2 糖尿病の定義と診断
  3 糖尿病に合併する病態のモニタリング
  4 救急・集中治療領域における急性期血糖コントロール
 5-4 急性副腎不全(副腎クリーゼ) (江島 豊)
  1 副腎と視床下部-下垂体-副腎系
  2 糖質コルチコイド(GC)産生と代謝
  3 重症疾患時のHPA系
  4 炎症に関連するGC作用分子メカニズム
  5 副腎不全(AI)の一般的な原因分類
  6 重症疾患における副腎不全
  7 副腎不全の診断
  8 治療

6章 酸塩基平衡異常
 6-1 重炭酸アプローチ (小竹良文)
  1 酸塩基平衡異常の解釈
  2 重炭酸アプローチに基づいた酸塩基平衡の評価法
 6-2 base excessアプローチ (井上敬太,内藤慶史,佐和貞治)
  1 base excessアプローチ以前の概念
  2 base excessアプローチの実際
 6-3 Stewartアプローチ (木村 聡,森松博史)
  1 概念
  2 strong ion difference(SID)
  3 ATOT
  4 SIDaとSIDe
  5 strong ion gap(SIG)
  6 pHの決定因子のまとめ

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ