ピーキングのためのテーパリング 

ピーキングのためのテーパリング 

狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために

         

著者名:河森 直紀

出版社:ナップ

出版年月:2018年02月


書籍

ISBNコード:9784905168539

数量

価格:¥1,728(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

はじめに

第1章 テーパリングとは何か
 1.テーパリングの定義
 2.ピーキングの定義
 3.テーパリング vs. ピーキング:意味の違い
 4.適切なテーパリングがもたらすパフォーマンス向上効果の大きさ
 5.そもそもテーパリングは必要か

第2章 テーパリングのメカニズム
 1.なぜテーパリングをするとピーキングにつながるのか
 2.「フィットネス−疲労理論」とはどのような理論か
 3.超回復理論 vs. フィットネス−疲労理論
 4.テーパリングがピーキングにつながるメカニズム
 5.テーパリングに入る前の時期(pre−taper period)の重要性
 6.テーパリングが失敗しうるシナリオ
 7.フィットネス−疲労理論2.0
 8.トレーニング歴の影響
 9.個人差の影響

第3章 テーパリングの実際
 1.科学的知見に基づくテーパリングのガイドライン
 2.科学的知見に基づくテーパリングのガイドラインが当てはまらないシナリオ
 3.戦略的な「pre−taper overload training」の利用
 4.テーパリングを実施する頻度
 5.競技コーチとトレーニング指導者との連携の重要性
 6.テーパリング以外のピーキング手法とうまく組み合わせる

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ