なぜ子どもは自殺するのか

なぜ子どもは自殺するのか

その実態とエビデンスに基づく予防戦略

 

著者名:傳田健三

出版社:新興医学出版社

出版年月:2018年04月


書籍

ISBNコード:9784880027715

数量

価格:¥3,564(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 子どもの自殺の実態
 Ⅰ.わが国の自殺の実態
  1.自殺者数の推移
  2.戦後の自殺者数の長期的推移
  3.自殺者数の超長期的推移
  4.自殺死亡率の年次推移
  5.年齢別自殺者数の年次推移
  6.年齢別自殺死亡率の年次推移
  7.年齢別にみた死因
  8.原因・動機別の自殺者数の推移
 Ⅱ.世界の自殺の実態
  1.世界の自殺
  2.世界と地域の自殺死亡数
  3.WHOメンタルヘルスアクションプラン2013─2020
 Ⅲ.わが国における子ども・若者の自殺の実態
  1.わが国の子ども・若者における高い自殺率
  2.原因・動機別自殺者数
  3.自殺の手段,場所

第2章 自殺の危険因子
 Ⅰ.自殺の危険因子とは
  1.自殺企図歴
  2.精神障害の既往
  3.サポートの不足
  4.性別,年齢,性格
  5.喪失体験,他者の死の影響
  6.事故傾性
  7.児童虐待
 Ⅱ.児童・青年期症例における心理学的剖検
  1.フィンランドの研究
  2.アメリカの研究
  3.ノルウェーの研究
  4.まとめ

第3章 子どもの自殺の心理
 Ⅰ.人はなぜ自殺するのか
  1.自殺に認められる共通の心理的特徴
  2.自殺の対人関係理論
 Ⅱ.自殺念慮に気づくには
  1.自殺のリスクアセスメント
  2.自殺念慮に気づく
  3.「自殺したい」と打ち明けられたら

第4章 自殺企図者への対応
 Ⅰ.自殺企図者との面接
  1.自殺企図者は望まない状況でそこにいる
  2.「死にたい」と打ち明けることは容易ではないことを理解する
  3.自殺企図直後は介入の絶好の機会である
  4.この人には話してもよいのだと思わせる
  5.治療者のネガティブな感情に注意する
 Ⅱ.自殺の危険度のアセスメント
  1.自殺の危険度の評価
  2.自殺と自傷の鑑別
  3.自殺の動機と背景要因
  4.社会生活環境の評価
  5.社会資源との調整
 Ⅲ.自殺イベントの時系列アセスメント(CASEアプローチ)
  1.情報領域1:現在の自殺イベントと行動を探る
  2.情報領域2:最近の自殺のイベントを探る
  3.情報領域3:遠い過去のイベントを探る
  4.情報領域4:切迫したイベントを探る

第5章 子どもの心の病と自殺
 Ⅰ.疾患別の自殺の危険性
  1.気分障害
  2.統合失調症
  3.境界性パーソナリティ障害
  4.発達障害
 Ⅱ.子どもの心の病と自殺に関する近年の研究
  1.Sheftallらによる米国の児童・青年期自殺者データの解析
  2.Bridgeらによる若者の自殺に関するレビュー

第6章 子どもの精神症状および自殺意識に関する調査
 Ⅰ.子どもの抑うつ症状,躁症状,自閉傾向,自己効力感に関する実態調査2016
  1.調査の概要
  2.2016年度調査結果
  3.2011年度の調査結果との比較
 Ⅱ.自殺意識調査2016
  1.調査の概要
  2.調査結果:10のファクト
  3.自殺対策の方向性への提言
  4.自殺意識調査のまとめ

第7章 自殺予防の実際:エビデンスのある自殺予防戦略とは
 Ⅰ.Mannらによるレビュー(1966~2005年)
  1.自殺の気づきと教育:Awareness and Education
  2.高リスク者のスクリーニング
  3.精神疾患への治療的介入
  4.致死的な自殺手段へのアクセス制限
  5.メディア戦略
  6.まとめ
 Ⅱ.Zalsmanらによるレビュー(2005~2014年)
  1.自殺の気づきと教育:Awareness and Education
  2.スクリーニング
  3.治療的介入
  4.致死的な手段へのアクセス制限
  5.メディア戦略
  6.電話およびインターネット介入
  7.自殺予防の併用戦略
  8.まとめ

第8章 子どもの自殺予防において私たちにできること
 Ⅰ.スクリーニングと介入プログラム
  1.スクリーニングと介入の有効性と問題点
  2.2016年度 児童生徒の心の健康に関する調査
  3.千歳市における自殺予防対策
  4.被災地の高校生に対するスクリーニングと介入
 Ⅱ.学校における自殺予防プログラム
  1.SOSプログラム
  2.ACTプログラム
  3.わが国における自殺予防教育の実施可能性
 Ⅲ.自殺企図者に対する再企図防止のためのケース・マネージメント介入プログラム
  1.ACTION─Jの概略
  2.ACTION─Jの成果
  3.子ども・若者に対するケース・マネージメントの可能性
  4.今後の課題
 Ⅳ.児童・青年期のうつ病の治療ガイドライン

付録 児童・青年期のうつ病に対する治療ガイドライン

はじめに
 Ⅰ.児童・青年期のうつ病の基本的特徴
  1.発症年齢,有病率
  2.臨床像と分類
  3.児童・青年期うつ病の診断
 Ⅱ.推奨される治療
  1.治療の概観
   CQ1:すべての治療ステージに行う基本的な介入は何か
  2.治療計画
   CQ2:児童・青年期うつ病に対する初期の評価とマネージメントは何か
   CQ3:英米のガイドラインではどのような治療法が推奨されているか
   CQ4:重症度に応じた初期の治療的アプローチは何か
  3.精神療法と薬物療法
   CQ5:児童・青年期うつ病に対する有効な精神療法は何か
   CQ6:児童・青年期うつ病に対する有効な薬物療法は何か
  4.わが国で推奨される児童・青年期うつ病に対する治療法とは何か
   CQ7:わが国で推奨される児童・青年期うつ病に対する治療法とは何か

まとめ

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ