看護教育学

看護教育学

看護を学ぶ自分と向き合う

看護学テキストシリーズNiCE 

著者名:グレッグ美鈴

出版社:南江堂

出版年月:2018年03月


書籍

ISBNコード:9784524254934

数量

価格:¥2,700(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第I章 看護教育学とは何か
 1.看護教育学とは何か
  A.関連する用語の理解
  B.看護教育,看護学教育,看護教育学の違い
  C.看護教育学における教育・研究
  D.エビデンスに基づく看護学教育
第II章 専門職としての看護
 1.専門職とは何か
  A.専門職の特質・基準
  B.専門職の特徴からみた日本の看護
  C.専門職性
  D.スペシャリストとジェネラリスト
 2.実践の学問としての看護学
  A.実践から看護学へ-零(ゼロ)からのスタート
  B.看護専門職としての実践
  C.実践の学問としての看護学-機能看護学の構築
 3.多職種連携教育(IPE)
  A.チーム医療とIPE
  B.IPEの定義と意義
  C.効果的なIPEの展開
第III章 看護教育制度
 1.看護制度・看護教育制度の歴史的変遷
  A.看護制度の原点,その成立過程
  B.戦中の看護教育制度の混迷期から戦後の看護教育の基盤形成期
  C.戦後の教育制度の改革,看護教育制度の基盤形成
  D.看護教育および看護教育制度の改革期
 2.看護教育制度の現状
  A.日本の看護教育制度
  B.看護基礎教育の現状における課題
  C.看護制度と看護教育制度の歴史的関係
  D.看護基礎教育の教育内容の変遷
  E.日本の看護卒後教育と看護継続教育
  F.看護教育制度における今後の課題と展望
 3.准看護師制度問題
  A.准看護師制度の概要
  B.准看護師制度の成立過程
  C.准看護師制度問題とは何か
  D.准看護師制度廃止運動
  E.差別と偏見を超えて
第IV章 看護学教育の基盤
 1.アイデンティティ
  A.アイデンティティ
  B.アイデンティティの測定
  C.職業的アイデンティティ
 2.クリティカルシンキング
  A.クリティカルシンキングとは
  B.クリティカルシンカーに必要な資質
  C.クリティカルシンカーになるための方法
 3.リフレクション
  A.リフレクション
  B.リフレクションの方法
  C.リフレクションのアセスメント
 4.キャリアマネジメント
  A.キャリア
  B.キャリアマネジメント
  C.キャリアマネジメントの実際
 5.自己主導型学習
  A.生涯学習と自己主導型学習
  B.自己主導型学習とは何か
  C.自己主導型学習を行うために
  D.学習契約の作成
  E.看護学生の自己主導型学習の実態
第V章 カリキュラム
 1.カリキュラム開発
  A.カリキュラム開発
  B.看護学教育のカリキュラム開発
 2.カリキュラムデザイン
  A.カリキュラムデザインとは
  B.科目の構成
  C.科目間の関連づけ
  D.教授・学習過程の進め方と学習の支援
  E.単位の設定
 3.カリキュラム評価
  A.カリキュラム評価とは
  B.教授・学習活動の評価とカリキュラム評価
  C.カリキュラムデザインとカリキュラム評価
  D.カリキュラム開発とカリキュラム評価
  E.法的規制とカリキュラム評価
第VI章 学習理論と学習方法
 1.学習理論
  A.学びの本質
  B.学習理論
  C.学習意欲
 2.学習方法
  A.期待される学習
  B.学習方法
  C.能動的学習の支援
第VII章 臨地実習における教育と学習
 1.教育的ケアリングモデル・経験型実習教育
  A.看護学教育の新しいパラダイムとしての教育的ケアリングモデル
  B.経験型実習教育とは
  C.経験型実習教育の基礎となる理論
  D.経験型実習教育の実践
 2.看護学生が直面しやすい問題:臨地実習を通して
  A.看護学教育における臨地実習の位置づけ
  B.臨地実習で直面しやすい問題の検討
第VIII章 教育評価
 1.教育評価とは何か
  A.教育評価の定義
  B.教育評価の目的の分類
 2.教育評価の考え方
  A.授業の過程で展開される評価
  B.教育目標と教育評価
  C.さまざまな観点による評価の違い
 3.看護学教育での評価の実際
  A.授業設計と教育評価
  B.授業形態による評価の違い
第IX章 欧米における看護学教育
 1.米国における看護学教育
  A.米国における看護学教育制度
  B.米国における看護学の大学院教育
  C.米国における継続教育-専門能力開発
 2.英国における看護学教育
  A.英国の看護制度の変遷
  B.英国の看護教育制度
  C.英国の看護継続教育
付録
 付録 資料1 日本の看護制度・看護基礎教育の変遷
 付録 資料2 日本の看護基礎教育カリキュラムの変遷
 付録 資料3 日本の看護継続教育の変遷
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ