X線と内視鏡の比較で学ぶH.pylori胃炎診断

X線と内視鏡の比較で学ぶH.pylori胃炎診断

新時代の胃がん検診を目指して

 

著者名:ピロリ菌感染を考慮した胃がん検診研究会

出版社:文光堂

出版年月:2018年04月


書籍

ISBNコード:9784830621048

数量

価格:¥5,500(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

推薦のことば
巻頭言
1章 診断法
 1.血清Hp抗体,ペプシノゲン法の概要
 2.X線によるHp感染状態(未・現・既感染)の判定方法
  1)対策型胃X線検診のためのHp感染診断の基礎
  2)胃がんリスクとHp感染状態(未・現・既感染)の判定法
 3.内視鏡によるHp感染状態(未・現・既感染)の判定方法
2章 症例提示
 1.Hp関連の胃炎
  Case 01
  Case 02
  Case 03
  Case 04
  Case 05
  Case 06
  Case 07
  Case 08
  Case 09
  Case 10
2.Hp以外の胃炎
  Case 01
  Case 02
  Case 03
  Memo Non-Helicobacter pylori Helicobacter(NHPH)胃炎
  Memo 好酸球性胃腸炎
 コラム アンサーパッドを用いた胃粘膜診断の学習効果
 背景胃粘膜診断の学習効果を高めるオンライン補充問題
3章 今後の展開
 1.リスクを考慮した胃がん検診の現状と課題
  1)対策型X線検診の現状と課題
  2)対策型内視鏡検診の現状と課題
 2.Hp画像診断と検診の今後
  1)Hp画像診断と対策型検診の今後
  2)Hp画像診断と任意型検診の今後
 3.胃がん予防,胃がん死撲滅の戦略
 コラム 機能性ディスペプシアとHp
編集あとがき
索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ