実験医学増刊 Vol.36 No.7

実験医学増刊 Vol.36 No.7

超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス

 

著者名:武田伸一

出版社:羊土社

出版年月:2018年04月


書籍

ISBNコード:9784758103701

数量

価格:¥5,940(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

はじめに―骨格筋研究は新たな時代へ【武田伸一】
序章 超高齢社会に向けて:骨格筋と老化研究最前線
Overview.ヒトは筋肉から老いるか?【田中 栄】
1.ロコモティブシンドロームとサルコペニア:住民コホート研究ROADから【吉村典子】
2.フレイルとサルコペニア【小川純人】
3.筋骨格系の老化と骨折,転倒―骨粗鬆症とサルコペニア【松本浩実,萩野 浩】
4.慢性腎臓病・透析患者におけるサルコペニア―筋腎連関をめぐる最近の知見【萬代新太郎,内田信一】
5.幹細胞・前駆細胞から見る骨格筋老化―幹細胞は筋の老化にかかわるのか?【上住聡芳,上住 円】
6.ミトコンドリアからみた骨格筋の老化【小林天美,東 浩太郎,池田和博,井上 聡】
第1章 骨格筋の代謝の調節機構
Overview.骨格筋の代謝の調節機構【小川 渉】
1.骨格筋とエネルギー代謝制御【山崎広貴,吉川賢忠,田中廣壽】
2.脂肪酸代謝とがん―悪液質における筋萎縮【布川朋也】
3.糖代謝制御における骨格筋の役割【小川 渉】
4.脂質代謝と骨格筋―筋肉のオートファジーとエネルギー代謝【中川 嘉,島野 仁】
第2章 骨格筋の発生と再生
Overview.筋発生・再生研究のめざす先【深田宗一朗】
1.筋の再生能力とその進化:イモリ研究が示唆すること【千葉親文】
2.骨格筋発生の分子制御機構【佐藤貴彦】
3.筋幹細胞の維持機構解明から制御へ【竹本裕政,深田宗一朗】
4.クロマチン構造が規定する骨格筋分化【小松哲郎,大川恭行】
第3章 骨格筋量・質の調節機構
Overview.骨格筋萎縮の克服のための基礎研究【武田伸一】
1.骨格筋の量と機能を決定する分子メカニズム【畑澤幸乃,亀井康富】
2.アンドロゲンによる骨格筋制御―ドーピングから治療まで【今井祐記】
3.神経筋接合部(NMJ)の形成・維持機構と筋力低下・筋萎縮に対する新たな治療戦略【山梨裕司,江口貴大】
4.骨格筋収縮・代謝特性の制御【和田正吾,秋本崇之】
第4章 骨格筋の他(多)臓器連関
Overview.生体システムの制御における骨格筋と他(多)臓器の連関【田中廣壽】
1.骨格筋活動と精神疾患【吾郷由希夫,深田宗一朗】
2.骨格筋と褐色脂肪とのクロストーク【田島一樹,梶村真吾】
3.骨と筋肉の恒常性と全身性制御【中島友紀】
4.骨格筋による局所神経免疫相互作用「ゲートウェイ反射」の活性化【上村大輔,村上正晃】
第5章 骨格筋疾患研究の最前線・展望
Overview.難治性筋疾患の治療法開発【青木吉嗣】
1.筋萎縮治療薬開発の現状【大澤 裕】
2.遺伝性筋疾患に対する治療薬開発の最先端【青木吉嗣,野口 悟】
3.リビトールリン酸糖鎖異常型筋ジストロフィーの病態解明と治療法開発【金川 基,戸田達史】
4.iPS細胞を用いた筋ジストロフィーの治療研究【櫻井英俊,佐藤優江】
5.ゲノム編集技術を利用した筋ジストロフィー研究および治療戦略【鍵田明宏,徐 淮耕,堀田秋津】
第6章 骨格筋の解析技術の基本・進展
1.骨格筋標本の作成・基本染色・電子顕微鏡的検索【埜中征哉】
2.骨格筋の定量的解析技術―筋線維数,断面積,筋線維タイプの定量解析,および,筋再生実験【上住 円,野口 悟】
3.骨格筋の機能解析(筋肥大・萎縮誘導モデル,運動・筋機能評価,筋張力測定)【谷端 淳,野口 悟】
4.骨格筋特異的Creドライバーマウスの特徴と骨格筋研究への利用【細山 徹,深田宗一朗】
5.骨格筋からのサテライト細胞の単離法【林 晋一郎,小野悠介】

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ