災害看護の本質         

災害看護の本質         

         

著者名:柳田邦男 酒井明子 編

出版社:日本看護協会出版会 

出版年月:2018年06月


書籍

ISBNコード:9784818021235

数量

価格:¥2,592(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

はじめに    
               
第1部 黒田裕子の思想
序 章 「死後生」を生きて 柳田邦男            
第1章 黒田裕子語録に秘められた魂
1 現場主義と「最後の一人まで」 柳田邦男         
2 黒田裕子さんとフローレンス・ナイチンゲール 南 裕子 
3 一つひとつのいのちに寄り添って 井戸敏三
4 その瞬時を生きる 似田貝香門
5 「現場こそが原点」 片田範子
6 理念と責任 室﨑益輝
7 寄り添いから繋がりへ 村井雅清
8 黒田さんからの学び―「人間のいのちと暮らしを守る」 小原真理子
9 黒田裕子と孤独死 宇都幸子
10 よりよいコミュニティをつくる 髙石好志
11 最後まで生ききること 石口房子

第2部 「人間」と「暮らし」と「地域」の一体化に向けた実践 酒井明子
第2章 被災者の「自立」を考える種まき                       
1 被災者の「自立」を考える                               
2 阪神・淡路大震災での種まき―神戸へ                          
3 東日本大震災発生後からの気仙沼での支援活動                     
第3章 災害時の「暮らし」に向き合う実践の知 酒井明子                     
1 人間のいのちと暮らしを守る                             
2 人間としての寄り添い                                
第4章 看護の再構築に向けて 酒井明子                           
1 一人の人間としていのちを重んじる                          
2 これからの災害看護                                 

おわりに                                      

資料
[論文概要]阪神淡路大震災後17年経過時における被災者の生活リズム、睡眠健康、心的外傷後ストレス障
害に関する疫学的研究
[業績]

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ