学校の運動器検診

学校の運動器検診

子どもの身体と障害の診かた

 

著者名:運動器の健康・日本協会 監

出版社:中外医学社

出版年月:2018年05月


書籍

ISBNコード:9784498145580

数量

価格:¥3,672(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 学校健診への運動器検査導入の経緯と意義・目的
 1.なぜ,今,運動器検診なのか:実態と問題点〈内尾祐司〉
  1.児童生徒等の運動器に関わる変化
  2.子どもを取り巻く大人の認識の実態
 2.法規改正の経緯〈内尾祐司〉
  1.学校保健安全法における健康診断の意義と運動器の位置づけ
  2.学校健診への運動器検査導入の経緯
  3.意義と期待される効果
 3-a▶学校医の立場から〈衞藤 隆〉
  1.学校医の受け止め方
  2.学校医からみた運動器検診の意義
  3.運動器検診に期待される効果
 3-b▶養護教諭の立場から〈木村三華〉
  学校における運動器啓発活動の実践事例〈金澤 良〉
 3-c▶スポーツ団体の立場から〈田名部和裕〉
  1.学生野球の黎明期と学生の健康管理
  2.全国大会の創設と救護班の設置
  3.大会参加の健康証明の問題
  4.学校の健康診断の目的
  5.投手の関節機能検査の実施
  6.運動器検診について
 3-d▶法律的立場から〈望月浩一郎〉
 3-e▶公衆衛生の立場から〈鎌田真光〉
  1.スポーツと運動器の痛み
  2.一次予防に向けた対策の方針

第2章 運動器検査の手順〈高橋敏明〉
 1.運動器検診の検査の手順の概要
 2.学校医のための各検査項目のチェックポイントと事後措置の決め方
 3.整形外科医のための医療機関での診察と方針
 4.よくあるQ&A

第3章 運動器検診で重要な疾患・障害(保健調査票の項目に沿って)チェックポイント,事後措置の基準
 1,側弯症〈川上紀明〉
 2,腰椎分離症〈川上紀明〉
 3.野球肩〈森原 徹〉
 4.野球肘
 4-a▶内側上顆障害〈森原 徹〉
 4-b▶‌外側障害:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎〈森原 徹〉
 5.股関節障害 発育性股関節形成不全,ペルテス病,大腿骨頭すべり症〈平良勝章,柴田輝明〉
 6.膝関節スポーツ傷害
 6-a▶‌オズグッド─シュラッター病〈鬼木泰成〉
 6-b▶腸脛靱帯炎,鵞足炎〈鬼木泰成〉
 6-c▶半月板損傷〈鬼木泰成〉
 6-d▶靱帯損傷〈鬼木泰成〉
 6-e▶離断性骨軟骨炎〈鬼木泰成〉
 6-f▶膝蓋骨不安定症,反復性膝蓋骨脱臼〈鬼木泰成〉
 7.足部・足関節障害
 7-a▶足関節捻挫,足関節靱帯損傷〈鬼木泰成〉
 7-b▶有痛性外脛骨〈鬼木泰成〉
 7-c▶シンスプリント〈鬼木泰成〉
 7-d▶足部骨端症〈鬼木泰成〉
 7-e▶下肢疲労骨折〈鬼木泰成〉
 7-f▶足根骨癒合症〈鬼木泰成〉
 7-g▶扁平足障害〈鬼木泰成〉

第4章 運動器機能不全
 1.実態と検診における留意点,総合判定と事後措置,予防・改善〈立入久和,立入克敏〉
  1.実態
  2.検診における留意点
  3.総合判定と事後措置
  4.運動器機能不全を予防・改善するために
 2.児童生徒のためのストレッチングの方法と注意点〈板倉尚子〉
  1.筋肉のタイトネスとは
  2.児童生徒にタイトネスが起こる原因
  3.タイトネスが起こりやすい筋肉
  4.成長期におけるスポーツによるケガの特徴
  5.関節可動域が制限されることの弊害
  6.正しい姿勢と不良姿勢での関節可動域への影響
  7.関節可動域が制限される他の因子
  8.タイトネステストの方法と注意点
  9.代表的なタイトネステストとストレッチングの方法

第5章 運動器検診の今後
 1.今後の課題と充実のための方策〈内尾祐司〉
  1.運動器検査における課題
  2.充実のための方策
 2.スクリーニングから予防へ−スクール・トレーナー制度の整備に向けてー〈武藤芳照〉
  1.学校健診の変遷と予防への取り組み
  2.現代の児童生徒の身体の二極化現象
  3.学校での運動器疾患・障害の予防教育への具体的対応

付録〈内尾祐司〉
 ◆学校保健安全法施行規則の一部改正等について
 ◆学校保健安全法(抜粋)
 ◆学校保健安全法施行規則
 ◆運動器の学校保健調査票(見本)
 ◆各項目ごとの事後措置への判断の目安
 ◆よくある質問とその回答
 ◆教育資材一覧

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ