メンタルクリニックのこれからを考える

メンタルクリニックのこれからを考える

外来精神科診療シリーズ 

著者名:原田誠一 編

出版社:中山書店

出版年月:2018年06月


書籍

ISBNコード:9784521740096

数量

価格:¥8,640(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I 精神科クリニックの歴史 
 A メンタルクリニックの歴史
  1 メンタルクリニックの歴史:総論 (小俣和一郎)
  2 日本の精神科診療所の地域ケアの歴史を振り返る-多機能型精神科診療所の発展を軸に (窪田 彰)
 B 先達の著作を読み解き,読み継ぐ-代表作3篇をめぐる往復書翰
  1 浜田 晋の姿勢 (徳永 進,小林一成)
  2 藤澤敏雄著『精神医療と社会』をめぐって (浅野弘毅,森山公夫)
  3 生村吾郎を読む (岩尾俊一郎,高木俊介)
 エッセイ クリニックおぐらの要覧(小倉 清)
 エッセイ クリニックから考えたこと(墨岡 孝)
 エッセイ 日本の外来治療における比較精神医学(中久喜雅文)
 エッセイ 開業当時から現在までの所感(髙桑光俊,山田真弓)

II 精神科クリニックの現状と課題
 1 精神科クリニックの現状と課題―大都市の場合(1) (紫藤昌彦)
 2 精神科クリニックの現状と課題―大都市の場合(2) (西松能子)
 3 精神科クリニックの現状と課題―地方都市の場合(1) (白潟光男)
 4 精神科クリニックの現状と課題―地方都市の場合(2)~沖縄県での経験から (山本和儀)
 5 外来臨床精神医学の現状と課題 (鈴木二郎)
 6 精神医学の行方 (小俣和一郎)
 7 精神科クリニックは“こころの問題”に寄り添えているのか (泉谷閑示)
 エッセイ メンタル労災を防ぐために精神科医ができること (神山昭男)
 エッセイ クリニックでの診断書をめぐる注意点-患者や行政とのトラブルを避ける対処法 (古谷和久・島戸圭輔)
 エッセイ 多次元精神医学の展開 (高井昭裕)
 エッセイ 西多摩の診療所にて-振り返ればずっと地域精神医療 (中野和広)
 エッセイ アドラーと吉田脩二 (古沢信之)
 エッセイ IoB時代の精神科医 (松﨑博光)
 エッセイ オートバイによる精神科往診の愉しみ (倉重真明)

III 地域ごとの精神科クリニックの歴史~現状~これから
 1 北海道の精神科診療所 (長谷川直実)
 2 埼玉県の精神科クリニック-歴史~現状と課題 (佐藤順恒)
 3 静岡県の精神科クリニック (岡本典雄)
 4 近畿の精神科クリニックの歴史と現状 (堤 俊仁,辻本士郎,稲田善紀)
 5 九州精神神経科診療所協会(九精診)の歴史 (丸野陽一,後藤英一郎,諸隈啓子,川口 哲,本島昭洋,挾間直己,水野智秀,三月田洋一)

IV 「こころの健康と不調」~「精神医療」を考える-さまざまな立場からの所感と考察
 1 Kさんとの対話 (池内 紀)
 2 人類学の立場から (尾本恵市)
 3 際のふちを,ゆっくり歩きつづけること (鬼海弘雄)
 4 精神栄養学の立場から (功刀 浩)
 5 宗教学の立場から-不安と自由 (島薗 進)
 6 多文化・移住化時代におけるメンタルクリニックのすがた (下地明友)
 7 「新しい精神の科学」とこれからの精神科臨床-われわれはどう生きるか? (豊嶋良一)
 8 人生相談の立場から (野村総一郎)
 9 スピリチャル・ケアの立場から (平岡 聡)
 10 中世の日本人にみる不安と癒し-歴史学の立場から (本郷恵子)
 11 「異常」とは何か-児童虐待と性的傾向抑圧の観点から (安冨 歩)
 12 解剖学の立場から (養老孟司)
 13 当事者の立場から(1) (奥山 功)
 14 当事者の立場から(2)-ぶっ飛び解体新書 (渡部耕治)

V 特別付録
 1 精神科開業までに必要な手続き (石井一平)
 2 本シリーズ編集委員“味読・熟読”お薦め文献集 (原田誠一)
 3 本シリーズ執筆者一覧

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ