病態で考える薬学的フィジカルアセスメント

病態で考える薬学的フィジカルアセスメント

41の主訴と症候から行うべきアセスメントがわかる

 

著者名:鈴木 孝 著

出版社:羊土社

出版年月:2018年05月


書籍

ISBNコード:9784758109406

数量

価格:¥4,104(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人


第1章フィジカルアセスメントをはじめる前に
1 薬剤師がフィジカルアセスメントを行ううえでの留意事項
2 症状と徴候,症候群
3 主要症候
第2章バイタルサイン
バイタルサインとは
1 脈拍
2 呼吸
3 体温
4 血圧
5 意識レベル
第3章バイタルサイン以外の症候と原因疾患
Ⅰ 徴候と原因疾患
はじめに
1 発疹
2 貧血
3 出血傾向(紫斑,出血斑)
4 ショック
5 甲状腺腫
6 リンパ節腫脹
7 チアノーゼ
8 心雑音
9 痩せ・肥満
10 吐血・下血
11 腹部腫瘤
12 腹部膨隆〔腹部膨満(感)・腹水〕
13 黄疸
14 成長異常
15 筋力低下(筋萎縮)
16 血尿・タンパク尿
17 浮腫・脱水
Ⅱ 主訴と原因疾患
はじめに
1 疲労感・全身倦怠感
2 咳(咳嗽)・痰(喀痰・血痰)
3 胸痛
4 咽頭痛
5 口渇
6 食欲不振
7 嚥下困難
8 腹痛
9 嘔気・嘔吐
10 下痢
11 便秘
12 掻痒
13 四肢痛・関節痛
14 頭痛
15 めまい(眩暈)
16 痙攣(てんかん,熱性痙攣)
17 失神
18 視力障害・聴力障害
19 不眠
20 言語障害・記憶障害
21 月経異常
22 多尿・頻尿
23 無尿・乏尿
24 排尿障害
第4章フィジカルアセスメントの実践
フィジカルアセスメントとは
1 皮膚の観察
2 頭部の観察
3 顔面の観察
4 口(口腔内)の観察
5 耳下部と下顎部の観察
6 耳の観察
7 頸部の観察
8 胸部の観察
9 腹部の観察
10 鼠径部の観察
11 四肢(関節)の観察
12 臭い・口臭
13 神経学的診察
第5章検査値の読み方
検査の基礎知識と病態の把握

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ