胆と膵 2018年7月号(Vol.39 No.7)

胆と膵 2018年7月号(Vol.39 No.7)

R0切除をめざした胆管癌の術前・術中・術後における 診断・治療の工夫

 

著者名:

出版社:医学図書出版

出版年月:2018年07月


書籍

ISBNコード:9784865172782

数量

価格:¥3,132(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

特集
R0切除をめざした胆管癌の術前・術中・術後における診断・治療の工夫  企画:宮崎  勝
術前胆道ドレナージと直接胆管像からみた胆管癌の術式選択
伊藤  哲ほか

肝門部領域胆管癌に対するR0切除における
胆道ドレナージ前MDCTの有用性
細川  勇ほか

胆管癌術前診断におけるSpyGlass DSの有用性
小川 貴央ほか

経口電子胆道鏡を用いた胆管癌表層進展範囲診断
石井 康隆ほか

プローブ型共焦点レーザー内視鏡による胆管狭窄の診断
橋本 千樹ほか

光線力学的診断による胆道癌の術前診断への応用
野路 武寛ほか

蛍光イメージングを用いた術中診断の試み
石沢 武彰ほか

超音波造影剤を用いた術中胆道造影(IOC-CEUS)の有用性
宇山 直樹ほか

術中迅速組織診断による胆管癌R0切除の意義と限界
小林 良平ほか

胆管癌術中肝側胆管陽性時の追加切除の適応と手術手技
清水 宏明ほか

胆管癌術中十二指腸側陽性時の追加切除の工夫
松山 隆生ほか

胆道癌に対する術後補助療法の意義と適応
高舘 達之ほか

胆道癌R1外科切除に対する術後補助化学療法の効果
村上 義昭ほか

胆道癌R1外科切除,胆管断端陽性例に対する
術後陽子線治療の役割
奥村 敏之ほか

胆道癌R1外科切除,胆管断端陽性例に対する
術後Photodynamic therapyの試み
濱田 剛臣ほか

胆道癌に対する粒子線治療(陽子線,重粒子線)
寺嶋 千貴ほか

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ