臨床栄養 133巻1号 2018年7月号

臨床栄養 133巻1号 2018年7月号

発達期摂食嚥下障害児(者)のための嚥下調整食分類2018

 

著者名:

出版社:医歯薬出版

出版年月:2018年07月


雑誌 新刊

雑誌コード:-

数量

価格:¥1,728(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

発達期嚥下調整食の現状と分類作成の経緯  武原格,藤谷順子……18 詳細
摂食嚥下機能の発達とその障害
1)摂食嚥下機能の正常発達  水上美樹……23 詳細
2)発達期の摂食嚥下障害  弘中祥司……29 詳細
発達期嚥下調整食分類(食事)のポイント
1)主食・副食の考え方と各分類の特徴  小城明子……33 詳細
2)発達期嚥下調整食の実際の活用法―自験例を通じて感じた導入効果  浅野一恵……40 詳細
発達期嚥下調整食―各現場での取り組み
1)歯科診療所での対応  手塚文栄,高木伸子……49 詳細
2)特別支援学校における学校給食と発達期嚥下調整食のかかわり  渡會勲……54 詳細
3)重症心身障害児(者)施設での対応  北川真理……61 詳細
4)在宅での対応―訪問看護の視点から  吉野綾子……66 詳細
[コラム]発達期嚥下調整食における手元調整の意義と方法  曽根翠……71 詳細
発達期嚥下調整食の調理のポイント  鈴木崇之・他……75 詳細
[コラム]成人期を迎えた発達期摂食嚥下障害  向井美惠……82 詳細
●巻頭カラー  栄養指導にも活きる! 高齢者の動ける体をつくる運動療法 
下腿筋群へのアプローチ―腓腹筋を中心に  天川淑宏……4 
●スポット 
新型タバコと健康影響―どう考えればよいか?  欅田尚樹……10
予測微生物学とは―HACCPへの応用  小関成樹……12
臨床研究を行ううえで知っておくべきルール  川﨑英二……14
●こんにちは最前線  高い専門性と幅広い臨床知識で治療を支える 
東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床栄養部……86 
●ぷろらぼ 研究室で学んでみませんか 
食と健康分野における教育者,指導者,研究者を養成する 
藤女子大学大学院 人間生活学研究科 食物栄養学専攻 中川研究室……90 
●こんだてじまん  福島県立医科大学 会津医療センター附属病院 
じまんの一品料理 お盆の行事食  久田和子・他……92 
●Medical Nutritionist養成講座 
7.経腸栄養の新しい流れ  井上善文……98 
●Dr.雨海の臨床女性栄養学 
41.かおりのひみつ(2)―外傷性嗅覚障害と亜鉛  雨海照祥……105 
●めざせ! リハビリテーション栄養のNST48―CAREガイドラインに基づく症例報告 
CASE No.40 糖尿病と低栄養を合併した脳梗塞患者へのリハビリテーション栄養チームアプローチ:症例報告  畑中聡子……119 
●日本栄養士会医療事業部 
(公社)日本栄養士会医療事業部体制および年間計画について  原純也……133
自治体病院
静岡市立静岡病院栄養管理科の取り組み  久保田美保子……134
精神科病院
福岡県精神科病院協会栄養士会活動報告  北原勉……135
厚生労働省・消費者庁
第2回「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会・他……136
●おしらせ 
平成30年度 東京医療保健大学大学院公開講座・他……138

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ