臨床栄養 133巻2号

臨床栄養 133巻2号

2025年へ向けて管理栄養士がすべきこと -平成30年度診療報酬改定を踏まえて

 

著者名:

出版社:医歯薬出版

出版年月:2018年08月


雑誌 新刊

雑誌コード:-

数量

価格:¥1,728(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

平成30年度診療報酬改定が意味するもの―管理栄養士に期待される役割と課題  塩澤信良……158 詳細
入退院支援,連携強化に向けた管理栄養士の取り組み  渡辺啓子,須川友弘……167 詳細
回復期リハビリテーション病棟における専任管理栄養士の意義と役割  西岡心大・他……175 詳細
緩和ケアチームにおける管理栄養士の役割を考える  上島順子・他……182 詳細
在宅訪問栄養ケア 一歩踏み出すために必要なこと  矢野目英樹……188 詳細
平成30年度介護報酬改定―栄養関連のポイント  加藤すみ子……194 詳細
[コラム]臨床研究のススメ―臨床現場の管理栄養士がエビデンスをつくる意義  西岡心大……204 詳細
いま病院栄養士が行うべきこと,これからめざすこと―診療報酬改定から考える  石川祐一……208 詳細

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ