MB ENTONI 

MB ENTONI 

子どもから大人までの唾液腺疾患−鑑別の要点−

 

著者名:西野 宏/編

出版社:全日本病院出版会

出版年月:2018年08月


書籍

ISBNコード:9784865195163

数量

価格:¥2,700(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

唾液腺の腫脹をきたす疾患―鑑別診断のポイント― 井口 広義
詳細かつ的確な医療面接を行うことが唾液腺腫脹の鑑別診断にとって最も重要である.さらに触診および視診による特徴的な臨床所見から大まかな疾患推測が可能な場合が多い.
耳下腺炎・顎下腺炎 笹村 佳美
耳下腺炎,顎下腺炎の原因となる主な疾患について列挙し,それらを鑑別するための診断の進め方について述べた.
ガマ腫 深瀬  滋
顎下型ガマ腫は類皮嚢胞との鑑別が重要で,MRIで丸い形状の場合は類皮嚢胞を,不規則な形をしている場合はガマ腫を考える.経過中に大きさが変化する場合はガマ腫を考える.
唾石の診断と内視鏡下摘出術 近藤 律男ほか
顎下腺唾石はワルトン管内と移行部では内視鏡のみでの摘出率に差がある.耳下腺唾石は最も内視鏡手術の良い適応であり,唾石と咬筋との位置関係が摘出率に関与する.
口腔乾燥症 河田  了
口腔乾燥は直接生命にかかわることはないものの,QOLを低下させる要因になる.唾液分泌低下の原因の多くは唾液腺自体の変化または唾液分泌の神経経路の障害である.前者はシェーグレン症候群,加齢,放射線障害がある.後者は薬剤性を除けば極めて稀である.
シェーグレン症候群の診断 山本 元久ほか
シェーグレン症候群は,涙腺・唾液腺破壊を呈する自己免疫疾患である.口腔・眼乾燥以外に腺外病変を合併することがあり,適切な診断と全身評価が求められる.
唾液腺のIgG4疾患 高野 賢一
診断を進めるうえで,高IgG4血症や組織学的所見が重要となるが,診断基準を満たす悪性疾患や類似疾患を慎重に鑑別していく必要がある.
小児耳下腺腫瘍 堀  龍介
小児耳下腺腫瘍での検査と治療方針,手術における術式,皮膚切開,顔面神経の取り扱いについては成人と差はないが,“小児である”ことへの配慮は重要である.
耳下腺内神経鞘腫 嶋根 俊和ほか
耳下腺内に発生する神経鞘腫は稀であるが,術前に神経鞘腫の可能性を必ず考慮し,可能性がある場合は,術前からの治療方針の決定とインフォームドコンセントが重要である.
耳下腺癌の初期病態
別府慎太郎ほか
耳下腺癌の初期病態に関して,耳下腺癌の悪性三徴候,画像診断の悪性度評価における有用性,細胞診の限界,針生検の適応に関して述べる.
粒子線治療の適応となる唾液腺疾患 小藤 昌志
線量集中性が高く安全に高線量投与が可能である粒子線治療は手術非適応の唾液腺がんに対して根治的な治療法となる可能性がある.

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ