関連図で理解する在宅看護過程  

関連図で理解する在宅看護過程  

 第2版       

著者名:編著:正野逸子(産業医科大学産業保健学部教授) 編著:本田彰子(東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科教授)

出版社:メヂカルフレンド社 

出版年月:2018年06月


書籍

ISBNコード:9784839216290

数量

価格:¥3,300(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第Ⅰ章 在宅看護の学び方                         
①社会の変化と在宅看護
②これからの在宅看護
③在宅看護を学ぶ3つの視点

第Ⅱ章 在宅看護過程の考え方と展開方法
①在宅看護過程の考え方
②在宅看護過程における対象のとらえ方
③在宅看護過程の進め方と関連図作成

第Ⅲ章 在宅看護過程の事例展開
①がん終末期状態にある療養者の在宅看護過程
②糖尿病療養者の在宅看護過程
③心不全療養者の在宅看護過程
④COPD療養者の在宅看護過程
⑤脳卒中後遺症療養者の在宅看護過程
⑥統合失調症療養者の在宅看護過程
⑦ALS療養者の在宅看護過程
⑧人工肛門を造設したアルツハイマー型認知症療養者の在宅看護過程
⑨脳性麻痺療養児の在宅看護過程
⑩パーキンソン病療養者の在宅看護過程
⑪脊髄損傷療養者の在宅看護過程
⑫看護小規模多機能型居宅介護を利用する脳血管性認知症療養者の在宅看護過程                     

第Ⅳ章 実践への活用
①在宅看護過程の活用の視点
②実践への活用方法

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ