急性感音難聴診療の手引き 2018年版

急性感音難聴診療の手引き 2018年版

 

著者名:日本聴覚医学会 編

出版社:金原出版

出版年月:2018年10月


書籍 新刊

ISBNコード:9784307371230

数量

価格:¥3,024(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

I 序論
 1 作成の目的
 2 作成の方法
 3 作成手順
 4 エビデンスレベル、推奨グレード
 5 作成上の留意点
 6 利益相反
 
II 総論
 1 対象疾患
 2 急性感音難聴の診断の流れ
 3 診断・治療方針
 (1)問診・聴覚検査・画像検査
 (2)疾患特異的な検査
 (3)基本的な治療方針

III 各論
 1 突発性難聴
 (1)疾患概要
 (2)疫学
 (3)診断基準・重症度分類・治療効果判定基準
 (4)診断の流れ
  CQ 1-1 突発性難聴はどのような症状のときに診断されるか?
  CQ 1-2 突発性難聴の診断にどのような問診が必要か?
  CQ 1-3 急性低音障害型感音難聴やメニエール病との鑑別で注意すべき点は?
  CQ 1-4 両側発症の場合に突発性難聴と診断できるのか?
  CQ 1-5 突発性難聴の診断において平衡機能検査は有用か?
  CQ 1-6 突発性難聴の診断において画像検査は有用か?
  CQ 1-7 突発性難聴の診断において他覚的聴力検査は有用か?
 (5)治療方針
  CQ 1-8 突発性難聴にステロイド剤の全身投与は有効か?
  CQ 1-9 突発性難聴に高気圧酸素療法(HBOT)は有効か?
  CQ 1-10 突発性難聴に対するステロイド鼓室内投与のタイミングとその有効性は?
  CQ 1-11 ステロイド鼓室内投与に使用する薬剤は?
  CQ 1-12 突発性難聴にプロスタグランジンE1 製剤(PGE1)は有効か?
  CQ 1-13 突発性難聴に星状神経節ブロックは有効か?
  CQ 1-14 突発性難聴に入院・安静は必要か?
  CQ 1-15 突発性難聴に抗ウイルス薬は有効か?
  CQ 1-16 突発性難聴に早期治療は必要か?
  CQ 1-17 突発性難聴の重症度によって治療法は異なるか?
  CQ 1-18 突発性難聴の症状固定後の治療は?
 (6)予後
 2 急性低音障害型感音難聴
 (1)疾患概要
 (2)疫学
 (3)診断基準・重症度分類・治療効果判定基準
 (4)診断の流れ
 (5)治療方針
  CQ 2-1 急性低音障害型感音難聴にステロイド治療は有効か?
  CQ 2-2 急性低音障害型感音難聴に浸透圧利尿剤は有効か?
  CQ 2-3 妊娠中の急性低音障害型感音難聴患者への対応は?
 (6)予後
 3 外リンパ瘻
 (1)疾患概要
 (2)疫学
 (3)診断基準・重症度分類
 (4)診断の流れ
  CQ 3-1 外リンパ瘻を疑う臨床症状は何か?
  CQ 3-2 発症の誘因・原因がない場合も外リンパ瘻を疑うべきか?
  CQ 3-3 外リンパ瘻を疑ったときにどうやって確定診断するか?
 (5)治療方針
  CQ 3-4 外リンパ瘻の治療はどうするか?
 (6)予後
 (7)予防
 4 ムンプス難聴
 (1)疾患概要
 (2)疫学
 (3)診断基準
 (4)診断の流れ
  CQ 4-1 ムンプス難聴はどのような状態のときに診断されるか?
  CQ 4-2 ムンプス難聴の診断にウイルス抗体価測定は有用か?
 (5)治療方針
  CQ 4-3 ムンプス難聴に有効な治療法はあるか?
 (6)予後
 (7)予防
  CQ 4-4 ムンプス難聴の予防にワクチンは有用か?
 5 音響外傷
 (1)疾患概要
 (2)疫学
 (3)診断基準
 (4)診断の流れ
  CQ 5-1 音響外傷の診断に詳細な病歴聴取は必要か?
  CQ 5-2 音響外傷の診断に、オクターブオージオグラムに加え、中間周波数の純音聴力検査は必要か?
 (5)治療方針
  CQ 5-3 音響外傷にステロイド治療は有用か?
 (6)予後
 (7)予防

IV システマティックレビュー・サマリー
 1 突発性難聴
 2 急性低音障害型感音難聴
 3 外リンパ瘻
 4 ムンプス難聴
 5 音響外傷

索引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ