川崎病学

川崎病学

 

著者名:日本川崎病学会 編

出版社:診断と治療社

出版年月:2018年11月


書籍

ISBNコード:9784787823403

数量

価格:¥6,930(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

口 絵
序 文
執筆者一覧

I 歴史と疫学
1 歴 史
 a 川崎病の歴史
 b 川崎病診断の手引きの変遷
2 疫 学
 a 川崎病の記述疫学
 b 川崎病の分析疫学
 c 全国調査における川崎病治療法の変遷
 d 川崎病の同胞例・親子例

II 病因・遺伝・病理
1 病因論
 a 細菌説
 b ウイルス説
 c 自然免疫説
 d 対流圏内の気流説
2 遺 伝
3 病 理
 a 冠動脈(急性期・遠隔期)
 b 冠動脈以外の血管病変
 c リンパ節
4 川崎病疾患モデル
 a ヒト細胞を用いた病態モデル
 b Candida albicans細胞壁由来糖蛋白誘導血管炎モデル
 c Lactobacillus casei細胞壁菌体成分誘導血管炎モデル
 d Nod1 リガンド誘導冠動脈炎モデル

III 診断と急性期の検査
1 主要症状
2 参考条項とその他の症状
 a 参考条項
 b 心血管系以外の合併症
 c バイタルサインと全身評価
3 血液検査・尿検査
4 胸部X線検査・心電図
5 心エコー検査
6 バイオマーカーによる評価
7 特殊な病型の特徴および診断
 a 不全型の特徴
 b 早期乳児例の特徴
 c 年長児例の特徴
 d 重症川崎病の特徴
8 鑑別診断
 a 発熱・発疹性疾患の鑑別
 b 頸部リンパ節腫脹の鑑別
 c 心疾患・冠動脈疾患の鑑別

IV 急性期治療
1 急性期治療総論
2 免疫グロブリン
3 プレドニゾロン
4 ステロイドパルス
5 シクロスポリン
6 インフリキシマブ
7 ウリナスタチン
8 血漿交換
9 アスピリン

V 遠隔期の検査・治療・管理
1 遠隔期診療総論
2 冠動脈造影
3 MDCT
4 MRI
5 心筋シンチグラフィ
6 その他の検査
 a アンモニアPET
 b 血管内エコー(IVUS)
 c 光干渉断層法(OCT)
7 内科的治療
8 カテーテル治療
9 外科的治療
10 学校での管理
11 移行医療
12 成人期の管理
 a 成人になった川崎病患者をどう診るか
 b 動脈硬化との関連性
 c 妊娠・出産

索 引

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ