周術期の薬学管理

周術期の薬学管理

 

著者名:日本病院薬剤師会 監

出版社:南山堂

出版年月:2018年12月


書籍 新刊

ISBNコード:9784525770822

数量

価格:¥4,104(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

第1章 手術前に確認すべき患者プロフィールと薬歴
1 アレルギー歴,麻酔歴,家族歴
2 小 児
3 肥 満
4 貧 血
5 血小板減少
6 腎機能障害
7 肝機能障害
8 急性上気道炎,喘息,COPD治療薬
9 循環器疾患治療薬
10 糖尿病治療薬
11 甲状腺機能異常治療薬
12 副腎機能異常治療薬
13 膠原病患者の管理
14 神経疾患治療薬
15 抗精神病薬

第2章 周術期の指示
1 絶飲食
2 前投薬
3 術前中止が必要な薬,継続が必要な薬
4 感染管理―抗菌薬―
5 静脈血栓塞栓症予防策
6 長期ステロイド薬服用患者へのステロイド補充
7 自己血輸血
8 術後回復強化プログラム─ERAS─

第3章 術後に多い患者からの訴えとモニタリング
1 創部痛(周術期疼痛管理)
2 リハビリテーション
3 悪心・嘔吐
4 咽頭痛,喉頭痛,嗄声,歯牙損傷
5 脊髄くも膜下麻酔後頭痛(硬膜穿刺後頭痛)
6 末梢神経障害と褥瘡
7 シバリング
8 手術後のせん妄
9 排尿障害・排便障害
10 硬膜外血腫と硬膜外膿瘍

第4章 はじめての手術室
1 手術室の環境
2 手術室で働く医療スタッフ
3 手術申し込みから退室までの流れ
4 一般的な全身麻酔手術の流れ
5 麻酔中に使用する薬剤の種類 ―全身麻酔と局所麻酔―

第5章 術式ごとの確認項目
1 脳腫瘍摘出術
2 経鼻的下垂体腫瘍摘出術
3 冠動脈バイパス移植術
4 食道悪性腫瘍手術
5 肺切除術
6 乳腺悪性腫瘍手術
7 胃切除術
8 膵頭部腫瘍切除術
9 肝切除術
10 直腸切除術
11 子宮筋腫摘出術
12 帝王切開術
13 経尿道的前立腺切除術
14 人工膝関節置換術
15 白内障手術
16 緑内障手術
17 修正型電気けいれん療法

第6章 便利ツール
1 手術と麻酔の略語
2 麻酔記録監査シート
3 筋弛緩薬比較表
4 麻薬比較表
5 輸液比較表
6 手術室汎用薬の配合変化表
7 局所麻酔時の鎮静薬の選択と投与方法
8 生体組織接着剤の種類と使用方法
9 手術室消毒薬一覧
10 色素製剤の種類と使い分け
11 止血剤,凝固剤などの種類と使い分け
12 出血量と出血性ショック時の使用製剤
13 麻酔管理に使用するモニター
14 麻酔導入の種類
15 手術室で使用する院内製剤

付録 根拠に基づいた周術期患者への薬学的管理ならびに手術室における薬剤師業務のチェックリスト

mini lecture
・喫 煙
・白内障手術患者の薬剤服用歴─α1遮断薬─
・麻薬及び向精神薬取締法
・ホルマリンと特定化学物質障害予防規則
・術中輸液療法
・ボスミン希釈液,ボスミン添加局所麻酔薬
・直接動脈圧測定法とヘパリン加生理食塩液
・ビスホスホネート─挿管時操作による顎骨壊死─
・腹腔鏡下手術
・筋弛緩薬の拮抗(リバース)
・がん化学療法後の血管の脆弱性・浮腫への対応
・体温管理と輸液製剤の加温
・術中覚醒
・血管吻合時のパパベリンとオルプリノンの局所使用
・気化器の医療安全対策
・電気メスによる薬剤の引火
・ダビンチ
・灌流液
・静脈ラインに残存していたアルチバによる呼吸抑制
・局所麻酔薬レスキュー

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ