体育の科学 11月号 68巻 11号

体育の科学 11月号 68巻 11号

パワースリープ:健康と体力を高める睡眠

 

著者名:

出版社:杏林書院      

出版年月:2018年11月


雑誌 新刊

雑誌コード:-

数量

価格:¥1,134(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

特集 パワースリープ:健康と体力を高める睡眠

◆運動とパワースリープ

  征矢 英昭(筑波大学体育系教授,ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHH)・センター長)

◆睡眠の質とは何か

  本多  真(東京都医学総合研究所 睡眠障害プロジェクト プロジェクトリーダー)

◆競技力を高める時差ボケ対策

  Elisabeth Petit(University of Bourgogne Franche-Comté)

  中村 優希(筑波大学人間総合科学研究科スポーツ医学専攻)

  Lucas Garbellotto(University of Bourgogne Franche-Comté)

  前田 清司(筑波大学体育系教授)

  Fabienne Mougin(University of Bourgogne Franche-Comté)

◆睡眠時無呼吸症候群とスポーツ

 -いびきは,無呼吸の第一歩-

  佐藤  誠(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構教授)

◆アスリートの睡眠コンディショニング

  武田  文(筑波大学体育系教授)

◆睡眠不足と体重増加,肥満との関連

  Michael Lazarus(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)准教授・主任研究者)

◆日本の子どもの睡眠事情と対策

  野井 真吾(日本体育大学体育学部健康学科教授)

◆高齢者の快眠:ストレス緩和に向けた習慣づくり

  田中 秀樹(広島国際大学心理学部心理学科教授)

  渡辺 綾子(広島国際大学大学院心理学研究科博士後期課程)

  田村 典久(兵庫教育大学大学院人間発達教育専攻助教)

  嵩原 広宙(広島国際大学大学院医療・福祉科学研究科博士後期課程)

連載 至適リカバリーの最新研究― 3

◆運動後における栄養摂取とリカバリー

  小島 千尋(立命館大学大学院スポーツ健康科学研究科,日本学術振興会特別研究員)

  後藤 一成(立命館大学スポーツ健康科学部教授)

連載 温度変化への身体適応― 1

◆暑熱環境や寒冷環境にどう適応するか

  永島  計(早稲田大学人間科学学術院教授)

学会リポート

◆日本体育学会第69回大会傍聴記

 -運動生理学分野を中心として-

  安藤 良介(国立スポーツ科学センタースポーツ研究部研究員)

◆日本体育学会第69回大会傍聴記

 -体育心理学分野を中心として-

  大木 雄太(筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻博士後期課程)

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ