保健の科学 11月号 60巻 11号

保健の科学 11月号 60巻 11号

慢性疼痛を知る

 

著者名:

出版社:杏林書院      

出版年月:2018年11月


雑誌 新刊

雑誌コード:-

数量

価格:¥1,188(税込)

*表示されている価格は、税込定価を表示しております。
組合員割引や各種セールが所属生協によって異なりますため、実際のご提供価格(組合員価格)については店舗でのご精算・お引き取 りの際にあらためてご確認ください。



目次情報 内容紹介 推薦人

巻頭のことば

●「自己実現」を「自他実現」で教えては

      鎌田 尚子(女子栄養大学名誉教授)
特集 慢性疼痛を知る

   ―多様なアプローチから患者の未来を考える―

◆慢性疼痛とは何か

      柴田 政彦(奈良学園大学保健医療学部教授)

◆慢性疼痛に対する日本の医療システム・政策の現状と課題

      井上 雅之(愛知医科大学運動療育センター・

              愛知医科大学医学部学際的痛みセンター理学療法士)

      牛田 享宏(愛知医科大学医学部学際的痛みセンター教授・

              愛知医科大学運動療育センターセンター長)

◆慢性疼痛に対する心身医学的アプローチ

 ―「心の安全基地」を創造する段階的戦略―

      細井 昌子(九州大学病院心療内科診療准教授)

◆慢性疼痛に対する運動療法

      松原 貴子(神戸学院大学総合リハビリテーション学部理学療法学科教授)

◆慢性疼痛のある高齢者への看護

      高井ゆかり(群馬県立県民健康科学大学看護学部看護学科教授)

◆当事者の語りをいかす試み

 ―「慢性の痛みの語り」データベース構築―

      佐藤 幹代(自治医科大学看護学部/大学院看護研究科准教授)

      高橋奈津子(聖路加国際大学大学院看護学研究科准教授)

◆慢性疼痛患者に対するソーシャルワーク実践

      小原眞知子(日本社会事業大学社会福祉学部教授)

◆慢性疼痛の当事者の立場から

      今崎 牧生(港町クリニック心療内科医)

連載 大人の発達障害

■家族支援と自己理解

 ―公的相談機関での相談支援を通して―

      高林  学(徳島県中央こども女性相談センター)

連載 子ども虐待予防の最前線とその戦略

■子ども虐待予防関連に向けた実践的教育・研修プログラム

      上田 礼子(沖縄県立看護大学名誉教授)

      笠井 久美(茨城県立医療大学保健医療学部看護学科助教)

調査・研究

●大学生の月経周期・避妊に関する知識と避妊の動機づけの関連

      竹ノ内扶実(医療法人森永産婦人科)

      入山 茂美(名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻)

カートの中身

現在カートには何も商品は入っていません

洋書新刊情報

大学生協洋書お買い得情報

医学系ニューメディア商品

お問い合わせ

※あくまでも「お問い合わせ」連絡として使用してください、注文、見積もりは直接店舗にご連絡ください。

このページの先頭へ